仙人のガレージセール


Page 50

6-8cmフルレンジ用スリムバスレフH280・エンクロージャ・キット

2012/03
(2013/12更新)

この数年間作ってきたバスレフのエンクロージャは3タイプありまして、10cmユニットまでカバーするLサイズバスレフ、これをスリム化したスリムバスレフH360、8cm用としては標準的なサイズと思われるMサイズバスレフとスリムH320、そして小型のSサイズバスレフです。

Sサイズバスレフに対応するスリム型はスリムH280というのを作ったのですが、内寸幅が70mmなので8cmのユニットは一部がかろうじて入るだけで、主に6cm用でしたので、あまり力を入れてこなかったのですが、このところ8cm未満で面白いユニットに出会うことが続いたので、このページで改めてキット化しようと思います。
と言いましても、Page 26 に載せたものとまったく同じですけど。

Sサイズ・バスレフの内容積約2.6リットルに対して、H280は2.8リットルです。
寸法図は左の通りで、H320からの流れと視覚的なバランスで寸法を決めました。
板厚は12mmでも充分だと思うのですが、裏板をネジ止めする都合上15mmくらいはあった方がよいので15mmにこだわっています。

贅沢なほど板厚が厚いので、その分外見より内容積が小さくなります。
このため標準型の幅100mmの場合、内寸は計算上は70mm、実際には68mmとなり、組み込み可能なユニットの制約条件になります。
この標準型H280に組み込み可能なユニットは8cm未満ではAirWaveの6cmユニット、Fosterの7cmFF70EG、Dayton Audioの6cmユニットND65と7cmユニットRS75Tなどです。8cmでもFostexのFE83Enなど開口径72φのユニットは入る可能性があります。

この標準サイズのほかにバッフル幅を100mmから110mmに広げたものも製作可能なので、こちらはスリムバスレフH280Wと名前を付けます。内容積は2.8リットルから3リットルに増えます。
反対に、さらにスリム化して幅を90mmにしたものも製作可能です。こちらはスリムバスレフH280Nと命名します。
内容積は2.4リットルで、こちらは完全に8cm未満のユニット専用になります。

ダクトは32φ(fd=149Hz)または25φ(fd=125Hz)のどちらかで、バッフルの板厚15mmだけのダクトで、ダクト内径だけで調節します。
内径はこの他に38φ(168Hz)や20φ(106Hz)なども可能です。

ダクトはフロントバッフル以外に裏板の方にも開口できます。この場合は同じ板厚のダクト板をネジ止めすることによってfdを変化させることができます。
キット写真

写真の左側は仮組みした状態です。
キット内容明細
- 部材名 寸法 数量 備考
1 バッフル 100*280mm 2枚 ユニット&ダクト穴開け加工済み
2 裏板 100*280mm 2枚 無加工
3 天板&地板 70*160mm 4枚 無加工
4 側板 160*280mm 4枚 無加工
- ダクト - - 標準では板厚のみ。パイプ使用せず。
キット価格 ¥4,500−/一組

組立品価格 ¥6,500/一組
(単純に接着組立したものです)

送料は着払いです。
総重量3.6kg。
☆幅を110mmに広げたH280W、90mm幅に狭めたH280Nも同価格です。
使用可能ユニット(の一部)
メーカー 型番 開口径 ダクト径 fd 再生周波数帯域
Dayton Audio ND65-8 54mm+α 25φ 126Hz 80Hz-20KHz
Dayton Audio RS75T-8 54mm+α 32φ 149Hz 160Hz-20kHz
Foster FF70EG 61φ 32φ 149Hz 135Hz-20kHz
AirWave CLF060C1 61φ 32φ 149Hz 130Hz-20kHz
- - - - - -
Peerless 830987 72φ - - -
Vifa NE95W 72φ - - -
Fostex FE83E 72φ - - -

無加工で組み込み可能な8cmユニットは左の表に記載しておきます。
AURA SOUNDのNS3-193-8A、VifaのTG9FD-4、FostexkFF85Kなどは少し加工すればなんとか組み込めますが、そこまでするよりはH280Wへ入れた方が良いです。
内容積 ダクト25φ×15mm 25φ×30mm 32φ×15mm 32φ×30mm
Slim H280 100mm 2.8L fd=125Hz 104Hz 149Hz 127Hz
Slim H280N 90mm 2.4L 135Hz 113Hz 161Hz 137Hz
Slim H280W 110mm 3.2L 117Hz 97Hz 140Hz 119Hz
Dayton Audio ND65-8用製作例

サンプル品を組み立ているところです。
写真右側はバッフルを接着して硬化を待っている状態です。
白い木工ボンドが内側に大量にはみ出しているのが分かると思います。
これでシールは完璧です。
(リンク画像あり)

ユニットを組み込んだ完成写真です。
3セット購入したこのユニットのなかの一組はスリムH280に納まることになりました。
バスレフの箱はナチュラルでオーソドックスな鳴り方をしてくれます。
意外とクラシックの再生に向いているようです。
「ワシン・水性ウッドオイル(エポニー)」で塗装しました。(右の2台)

左は油性ウッドオイル(チェリー)で塗装したものです。
水性は刷毛を洗うのが簡単で臭いも少ないのがメリットですけど、相変わらず塗り易さの点では油性の方が良いです。

ボトルに書かれている塗り方が水性と油性とでは違うところが不思議です。
いずれにしても、刷毛で塗り広げてからウェスで拭き取って乾燥させ・・・を何度も繰り返すと半ツヤになります。
何度塗り重ねるかでツヤの度合いが変わります。完全なつや消し仕上げにする場合は塗り重ね回数を少なくします。

目止めの下塗りが不要なので手軽に着色透明仕上げができます。
Peerless830987 Vifa NE95W-04
標準のH280の幅で組み込めるのが確認できたふたつの8cmユニットを実験機に入れてみました。
視覚的には写真左のVifaが外寸が大きいのでちょっと窮屈な感じがします。Peerlessの方はこの箱のサイズでもバランスはいいです。

とりあえずはこのふたつのをペアにして聴いたのですが、とにかく良く似た音を出すユニットです。
ほんのわずかですがVifaの方が音が大きいようですけど。

中高音がきれいに出る北欧系のユニットはピアノ曲などを鳴らすととてもいいですね。

(写真下のカメラはMINOXのトイカメラでミニチュアサイズです)

とても良く似た特性図です。
Fostex FE83E
左写真右側が推奨箱で、かなり大きいです。
H280に入れるとさすがに低音は出にくくなります。

ダクトを二倍の30mmにすれば少し低域が補強されるでしょう。
スリムバスレフH280N   Dayton Audio RS75T-8 etc
幅を100mmから90mmに狭めたナローバージョンです。
それほど深い意味はなく、6cmユニットだけではなくそれ以下の小さなユニットでの使用も考えて作ってみました。
内容積は標準の2.8リットルから2.4リットルになり、Sサイズ・バスレフより容積がわずかに小さくなります。
内寸幅は60mmですからND65なども入りますが、フレーム両側を切り落としたRS75T−5ですと狭い幅でもルックスは良いのではないかと思います。
ちなみにTS75Tという型番のTは「Truncated Frame」のTのようで、4Ω版のRS75−4は普通の丸型フレームです。

標準寸法のH280型(写真右側)と並べて撮ってみました。
わずか1cm幅が狭いだけですがずいぶんスリムに見えます。

ダクトのfdは161Hzとあまり低くせず、ユニットのFsとほぼ同じにしてみたのですが、これでも予想外に低域が出てきたりします。

この二つのユニットを聴き比べてみると、そのキャラクターの違いに驚かされます。
能率が高いRS75Tは中高音の輪郭がくっきりとして前に出てきて華やかです。
久しぶりに塗装してみました。
今回はサンディングシーラーなど下地調整をせずダイレクトに塗ってみました。

左側はワシン・ウッドオイル(油性)で、右側はワシン・木彫オイル(透明)です。

ウッドオイルは拭き塗りで木材に浸透させるのでツヤ無しですが、やはりMDFはどんどん吸い込んでしまいます。
天然木ですとオイル特有の半光沢が出るのかもしれないのですが、ツヤ無しの着色だけでもそれなりに面白いかもしれません。

ウッドオイルは薄めずに塗るので着色ニスのような色むら、刷毛ムラができません。
右の透明な木彫オイルも、塗るとこれだけ色が出てきます。着色したみたいですがこれでもクリヤです。

どちらもオイルとはいってもウレタン樹脂です。
何度か塗り重ねてできあがりました。
ほとんどツヤ無しに近い半ツヤの仕上げですが、これはこれで良いのかも。
もともと天然木の質感を出すためのオイル仕上げなのでMDFには不向きかもしれないのですが、下地処理無しで手軽に塗れると言う意味ではこんな仕上げ方法も悪くないですね。

今回は油性のウッドオイルを使いましたが、水性のウッドオイルだとさらに扱いやすいです。

薄めないウッドオイルを刷毛で塗って、布で拭き取り、乾燥させてからスチールウール、細かい耐水ペーパー、ナイロンタワシなどで塗装面を平滑にしてからまた塗り重ねる。
これを何度か繰り返します。

ウレタンニスなどの塗料と違って表面に塗膜を作りませんが、スペスペして手触りも良いです。
スリムバスレフH280W
写真は左がH280W、中央が標準のH280、右がH280Nです。
幅が11cm、10cm、9cmと違う以外はすべて同じです。

H280Wは開口径が80φ以下、フレーム幅が110mm以下の8cmユニットが組み込めます。

H280は開口径が72φまでの8cmユニットとそれ以下の小径ユニット用で、H280Nは完全に6cm以下のユニット用となります。
TangBand W3-593SD

左の写真はスリムバスレフH320(右側)との大きさの比較です。
H280Wを作る意味があるのか?とも考えたのですが、Sサイズバスレフ・エンクロージャに相当するスリムタイプがあっても良いのではないかと考えました。

H320の内容積4.25Lに対して、H280Wは3.16Lです。
2.6リットルのSサイズバスレフ箱がSA/F80AMG用として一番数多く使われていますので、それに対応するスリム型があっても良いのではないかと思います。

お気に入りのTangBand W3−593SDを最初に入れてみました。
周波数特性図は左のようにフラットになります。

手頃な価格設定で造りもしっかりしたこのTangBandユニットは癖もなくオーソドックスな音なので、これからスピーカー工作を始めるひとにはお勧めしたいユニットです。

耳障りな音、嫌な音が出てこないユニットです。
DIY Audio SA/F80AMG
Vifa NE95W-04
上のふたつのユニットを入れたものはとても良く似ています。ほとんど違いが分からないくらいですが、あえて言えばVifaの方が華やかで繊細ななり方をします。ここまで聴いてみた三つのユニットはどれを選んでも間違いではないですが、クラシックの場合はVifaがお勧めです。
Fostex FF85K
今は旧モデルになってしまいましたが、FF85Kを入れてみました。
85φ開口ですとそのまま難なく入ってしまいます。
右の特性図のようにほぼフラットな特性です。

精密に比較試聴した訳ではないのですが、この箱はどのユニットを入れてもそこそこ同じような鳴り方をしてくれます。


参考までに後継モデルFF85WKでの特性図も載せておきます。
ScanSpeak 10F/8422-03 (2013/12)
Chet Baker     But Not For Me