仙人のガレージセール

Page 8

スリム型ダブルバスレフ・エンクロージャ

2007/05

発端
昨年秋にスピーカー工作を始めたばかりの頃に作ってみたスリムでトールタイプのダブルバスレフです(Page 1参照)。
確かに低音は出るものの、シンプルなバスレフの音に比べてイマイチ納得が行かないものがありました。
「面白いのは面白いのだけどねぇ・・」といったところでした。

前ページでFostex FF85KとTangBand W3-593SDのキャラクターの違いの面白さに取り憑かれてしまったので、スリムバスレフ型に続いて、この比較的コンパクトなダブルバスレフの箱にTangBandを入れたらどうなるのか・・・とやり始めました。

85Kより低域がしっかり出ているTangBandをダブルバスレフに入れたらどんな音になるのか?と興味が湧いてきました。
試作
とりあえずは大元のオリジナルの設計通りの箱を1個だけ作って、FF85Kとまったく同一の条件で聴いてみることにしました。
テーブルソーを購入してから最初の試作ですが、さすがに作業は早いですし工作精度も高いです。
それでも、周囲の板の他に箱の内部に仕切板やスリットダクトの板が入るので、側板がぴったり接着できるように調整は手間がかかりました。

試作に使用したのは相変わらず廃材のラワン合板です。
ラワン合板は一見平らに見えても、カットすると反りが出たりします。MDFにはないことですけど。

チューニングのため下側の第二ダクトの板は接着せず、ネジで仮止めしてみました。
ダブルバスレフは最終的にはすべて接着して密閉してしまうので、あとからいじることができないので、とりあえず側板をクランプなどで仮止めして試聴しました。

仮止めがイマイチなのか、音は特になんのメリットも感じられないものでした。
オリジナルの設計では第二ダクトは60Hzから75Hzあたり。
低域を欲張りすぎているな・・というのが私の印象でした。
で・・、奥行き8cm(ダクト長9.5cm)のスリットダクトの板を外して組み直して試聴。
この状態で第二ダクトのfbを計算すると100Hzと、スリムバスレフと同じ数値になります。
重しが取れたように良い感じで鳴り始めました。
FF85Kよりわずかにコーンの径が小さくて防磁型のマグネットのためか、第二空気室をドライブできていなかったのでしょうか。

仮止めのクランプの取付方を変えてみたのも何らかの影響があるのかもしれません。
さらに、4cm幅の手頃な端材があったので付け替えてみたり、オリジナルの8cmに戻してみたり・・。
8cmの板を使うと確かに60Hzらしき低音がボンヤリと鳴っているのですが、スリムバスレフと聴き比べてみると、低域に迫力がない。これではダブルバスレフの意味がない。

あれこれとやっていると、バスレフなどに比べてダブルバスレフはダクトの長さによって劇的に音が変わることが分かってきました。

結局、高さ470mmのオリジナル設計のままでTangBandを使う場合、スリット板の幅が4cm、ダクト長5.5cmあたりが中音から低音へのつながりが良くなって、バスレフとは一味違ったスピーカーになってきました。
オリジナルへ変更
設計者に敬意を表して1本目はオリジナルのまま作ったのですけど、2本目は2cmほど背を低くしました。
材料取りなどの関係でこのほうが効率がいいから。
2cm背が低くなっただけではあまり見た目は変わらないですけど、印象としてはもっと小さくしても大丈夫ではないかと。
60Hzまで低域を欲張らなければ、小さなダブルバスレフの箱でもバスレフとは違った音が出せるのではないかという印象を持ちました。

左の写真は高さが450mmの改良版。とりあえず第二ダクトのスリットは3cm前後の端材があったので付けて見ました。計算では91Hz。なかなか良い・・というかずっと良くなってる。
ユニットが110Hzまで出るので、この前後を膨らませてやれば、ダブルバスレフとは違った音になるみたいです。
ダブルバスレフの設計理論
故長岡鉄男氏の著書によりますと、ダブルバスレフの設計理論は確立されていないとのことですが、氏の独自の設計法でば、第一キャビネットの容積は標準バスレフの0.5〜1.0倍、第二キャビネットの容積は1.5〜2.5倍。
第一ダクトのfdは80〜100Hz、第二ダクトのfdは30〜50Hzといったところ。
だが、実際に作って鳴らしてみると予想外の結果が出来ることもある・・とのことです。

私の場合、TangBandのW3−593SDを使って多少設定を変えて試聴したところ、低音を欲張りすぎるとボンヤリした低音は出るものの、失われるものが大きい。
箱とダクトを充分にドライブできていないという感じがしました。

むしろ第二ダクトで極端な低音を狙わないで、90〜100Hz近辺を補強してやれば、バスレフとは違った音の厚みが増して、バスレフにはないダブルバスレフらしい音を出せるようです。

実際のところ、第二ダクトに奥行き8cmのスリット板を使うより、この板を取リ払って板厚15mmだけのダクトにしたほうが元気がよくバランスの取れた音になってびっくりしました。計算上は100Hz前後です。
気が付いたこと
もともと今回のダブルバスレフのベースになったのはFF85Kを使ったものなのですが、TangBand W3-593SD用のユニット取付穴はFF85Kと共用できそうです。
TangBand用の穴は直径75φ、FF85Kは72φ+切り欠き、ということなのですが、Fostexのユニットにはスポンジパッキンが付いているので、TangBand用の大きめの穴に入れてもパッキンでなんとかフィットします。
おまけにユニットを固定するネジ穴もほぼ同じです。
これは実際に固定してみた訳ではないのですが、TangBand用の穴に85Kを入れてみるといけそうでした。

ということは、同じ箱でTangBandとFF85Kを聴き比べることができる、ということです。

左の写真は実際に85Kに付け替えてみたところです。ネジ穴もぴったりでした。聴いてみるとやはり高音に個性がありますね。
設計図
あれこれいじって、ほぼ仕様が決ってきました。
ダブルバスレフは二つのキャビネットとダクトなので、組合せは際限なくあると思うのですが、板取の関係で高さを決めて、第一キャビネットとそのダクトも固定したまま第二ダクトの調整だけで今回は一応の仕様とすることにしました。

前回作ったTangBandスリムバスレフと聴き比べて、ダブルバスレフらしい音になってきたと思われるからです。

低域の厚みが増し、中高音も犠牲にならず、8cmのフルレンジとは思えない豊かな音になってきました。

エンクロージャの総容量は6.6リットル。第一キャビネットの容量は約2リットルでfbは140Hz。第二キャビネットの容量は4.5リットル、fbは91Hz。容積の比率は2.2倍です。
品名 数量 備考
1 側板 4枚
2 バッフル 2枚
3 裏板 2枚
4 地板 2枚
5 天板 2枚
6 仕切板 2枚
7 第一スリット 2枚
8 第二スリット 2枚
組み立て
このエンクロージャを試作していて、いろいろいじって遊べるな・・ということで密閉型、バスレフ型でも試してみました。
詳細は次のページをご覧ください。
ここではオーソドックスなダブルバスレフとしての組み立て方のポイントだけ説明します。

基本的には片側の側板にバッフルから天板・・といった具合に順番に接着するだけです。接着する前に板を並べてみることが必要です。
側板の内側に各板の接着位置を鉛筆でマークしておくと良いでしょう。

ポイントとなるのは、バスレフと違って箱の中に仕切板などが入ることですが、設計図通りに仕上がるとは限りません。接着などによる誤差が出てきます。
この誤差がスリットの幅にしわ寄せになりがちですので、スリットの隙間が15mmより狭くなってしまうようでしたら、仕切板の長さを調節しなければならなくなるかもしれません。
仕切板とスリット板を使って裏板の位置を決めて接着するといいかもしれません。

第二スリットも同じです。スリットの高さは15mmになるハズですが、これより狭くなってしまうときは裏板の長さを調整しなければなりません。
側板に挟まれる板を接着したら、吸音材ということですが、最後の側板を接着してしまうと吸音材の調整はできなくなります。
第一キャビネットはユニット開口部からある程度は調節ができるかもしれませんが、第二キャビネットはできません。
私は第二キャビネットには吸音材を入れませんが、吸音材で調整する場合は最後の側板はネジ止めにするか、クランプ類で押えて試聴してから、設定が決ったあとに接着すると良いでしょう。

最後の側板の接着でポイントとなるのは、側板に挟まれる板の高さの調整です。
材料は同じ幅の板からカットしていますが、接着による誤差などで微妙な隙間、高さの誤差ができたりします。
わずかな隙間の場合は接着剤を多めに塗れば問題はないでしょう。

いずれにしても、最後の側板を接着するときは木工ボンドをたっぷり使って隙間ができないようにします。クランプやネジなどを併用するといいでしょう。
この時、ラワン合板ですと反りがありますがMDFはフラットなところが一番のメリットです。
結論 いろいろ遊べたダブルバスレフですけど、確かに低域が良く出るのですが、知人に中音が抜けてると指摘されました。
実際のところ、このサイズの箱を使うのならシンプルにバスレフにした方がナチュラルな低域が出ると感じました。
低域を強調した音を楽しむのなら、この後に作った共鳴管型の方が面白いと思うようになりました。