仙人のガレージセール


Page 19

DIY AUDIO SA/F80AMG用スリムバスレフ・エンクロージャ・キット
(TangBand W3-593SD、Fostex FF85Kも取付可能)

2007/11

現時点では8cmフルレンジ・ユニットのベストと思えるDIY AUDIOのSA/F80AMG用のスリム型エンクロージャです。
外寸は130W×360H×250D(mm)。内容積は7.26リットル、fdは61Hzです。
周波数特性図は下の図の通り100Hz近辺に緩やかなピ−クのあるほぼフラットな特性で、低域まで良く出ます。
とくにソースを選ばないと思いますが、クラシックなどにはとても良いユニットです。とりわけピアノの響きの良さは素晴らしいです。
キット内容の写真
キット内容明細
品名 寸法 数量 備考
バッフル板 100*360mm 2枚 ユニット用とダクト用の穴開け加工済み。ユニットネジ穴未加工
裏板 100*360mm 2枚 なにも加工してありません。
側板 250*360mm 4枚 同上
天地板 100*220mm 4枚 同上
塩ビダクト - 2個 内径44φ、長さ120mm。
ダクト取り付け補助板 - 2個 端材使用のため多角形。
2個の重量は約5.6kgです。
キット価格  ¥6,000-   このキットはPage 29 汎用スリムバスレフH360・キットに統合しました。
組立品価格 ¥9,000-
(いずれも送料は着払い)
組立
組立手順と組立中の写真は Page 5 と「スピーカーボックスの組立と塗装について」を参照してください。
この箱の場合は他のエンクロージャと違って前後の板で挟むのではなく、両サイドの側板で挟む構造のため、少し手順が変わります。
どのような手順で組み立ててもよいのですが、一応の目安として、私が試作機を組み立てている手順を紹介します。素材は手持ちの端材を使ったためラワン合板とMDFを使用しています。
最初に塩ビ管と補助板を木工ボンドで接着し、それをバッフルの裏側に接着硬化させます。
組立は写真の通り@ABという順番で接着して行きます。
完成品で見える部分は@とAですから、位置合わせはできるだけ正確にきれいに接着します。わずかなズレはBの底板と裏板で吸収します。
最後の側板が接する木口の部分がツライチになることが大切です。
ニス仕上げをする場合は写真のように接着剤がはみ出す部分にはマスキングテープを使って保護します。
試作のため内部に端材を使って反射板や補強板を付けてますが、害があることがあとで分かりました。反射板の後ろの空間で共鳴が起きていたようです。ここに吸音材を詰めたら高音の濁りが消えました。

左の吸音材は入れすぎでした。吸音材無しでも良かったのですが、右の写真のように気休め程度に入れてみました。
左の写真。
とりあえずTangBandのユニットを入れて自作のクランプで側板を締め付けて試聴しているところです。

右の写真は最後の側板を接着して完成したところです。
もうひとつの組立法
側板に部材を貼り付けて行く方法は部材の高さに微妙なズレを生じることもあります。最後の側板を取り付けるとき接着剤でカバーできる程度のものですが、一枚の板を2方向で接着するのもクランプ類をたくさん必要としますし微妙なズレを生じたりします。
そんなわけで、今まで作ってきた方法と同じく、サンドイッチされる中間の部材を先に接着する方法もあります。
これは実際にこの方法で組み立てたわけではないシミュレーションですが、下の写真のように接着するとズレはできないと思われます。
写真のコーナークランプはあるに越したことは無いのですが、ハタガネだけでも大丈夫だと思います。ポイントは正確に90度に接着することです。
接着剤が付かないように工夫して側板を下に敷いて組み立てると良いかもしれません。
完成写真
写真左側はラワン合板とMDFを使った試作機で、右側がMDFの製品版です。
バリエーション
ユニット取付ネジの位置も共通なので8cmユニットはいろいろ取付可能なのですが、2種類だけ周波数特性図を載せておきます。