仙人のガレージセール


Page 49

DAYTON Audio RS75T-8 7cmフルレンジ(3インチ)

2012/02

8cmフルレンジの次には10cmにステップアップしようかと考えていたのですが、なぜか8cm未満の小さなユニットにハマってしまいました。
6cmフルレンジよりは8cm、さらに8cmよりは10cmユニットの方がレンジの広さ、音量の面で圧倒的に有利です。
小径ユニットでのメリットはと考えてみると、サイズが小さいことと、低価格であること以外にあまり無いのです。
さらにコストの点では、大きなユニットとの価格差はさほど大きくなかったり、場合によっては逆転したりすることもあります。

それでも、小さなユニットには惹かれるものがあります。8cmユニットから6cmユニットに切り替えると、その差に愕然としますが、これも切り替えた瞬間に感じるだけで、聴き続けていると慣れてしまいますし、これでも充分とも感じます。
このような箱庭的な?オーディオの楽しみ方も面白いのではないかと思います。

このところDayton Audioが気に入ってるので7cm(3インチ)フルレンジRS75T−8を買ってみました。
RSシリーズはNDシリーズのようなネオジウム・マグネットは使わずフェライト・マグネットで、フェイズプラグ付きになります。
スペック的には異例なほど低域が出るND65に比べるとFsは160Hzと、あまり低域が出ないところが気になっていました。

フレームはダイキャスト製なのですが、なぜか左右がカットされています。複数個並べて使うラインアレー用にこのようにしているのでしょうか?

追加購入した3セット目のSD65と並べてみると、大きさがあまり変わらないというか、コーン自体は小さく見えます。
このあたりはアバウトですね。
ND65は中国製造ですが、RS75Tは台湾製造です。TangBandあたりのOEMでしようか。
いずれにしてもキャストフレームなので造りはとても良いです。
端子も金メッキされています。+と−でサイズを変えず刻印で+を表示しています。
この端子が組付けの時に邪魔になるので折り曲げるのですが、板厚が厚いので慎重に折り曲げなければなりません。

箱には不思議なことにReference Wooferと書かれていますが、Dayton AudioのHPではFull Range Driverと表記されています。
スペック比較表
メーカー Dayton Audio Dayton Audio Dayton Audio Dayton Audio
型番 RS75T-8 ND65-8 ND91-8 RS100S-8
口径cm 7cm 6cm 9cm 10cm
口径inch 3inch 2.5inch 3.5inch 4inch
マグネット フェライト ネオジウム ,ネオジウム フェライト防磁
振動板材質 アルミ アルミ アルミ アルミ
エッジ ゴム ゴム ゴム ゴム
再生周波数帯域 160Hz-20kHz 80Hz-20KHz 70Hz-17kHz 83Hz-20kHz
出力音圧レベル 82.7dB 78.3dB 81.8dB 83.3dB
定格入力 15W 15W 30W 30W
重量 ? 200g 310g ?


付け替え式バッフルを作ってみました。
開口径は54〜55φですが、端子をクリヤするためにかなり大きな切り欠を作らなければなりません。購入したままの状態ですと、端子の先端がフレームの外周と同じ位置にあるので端子を折り曲げないとマトモに付けられません。
切り落としたフレーム両側のところも余裕は左右それぞれ2mm程度しかありませんし、切り欠部もギリギリです。
なぜこのような設計にしたのか理解できません。まだND65の方が組み付けやすいです。
MINIサイズ・バスレフに入れてみる
とりあえずは6cmユニット限定のMINIサイズ・バスレフの実験箱に入れて聴いてみました。

比較したのはたまたま製作中のND65−8専用NINIバックロードホーンです。

この二つのユニット、同じメーカーなのに対照的な音です。スペックを見てもある程度は予想ができますが、RS75Tは高音がとてもきれいに出るユニットです。
ドラムのシンバルがきれいに聞こえます。ND65では微かにしか聞こえません。

この実験用バッフルは片方のダクトは20φでもう一方は25φですが、さほど違いが感じられません。低域自体はさすがにND65にかないませんが、中高音中心のライブ感あふれる好ましい音です。

Dayton Audioのユニット、いままでハズレは無かったということで、これもお気に入りに追加ですね。

参考までに、同じMINIバスレフにND65を入れたときの特性図をここにも掲載しておきます。

同じDayton AudioのHD65−8との違いは大きいのですけど、次はAirWaveのアルミコーンと聴き比べてみました。

特性、仕様の点では似ているのでかなり似た音ですが、RS75Tの方が音に厚みがあるというか、腰の強さを感じます。
ほんのわずかな違いですが、Dayton Audioの方がお値段が安いとなると軍配はこちらにあげてしまいますね。

意外やクラシックを再生するとなかなか見事な音を出してくれます。

それにしてもAirWaveの6cmよりも口径の小さい7cmです。

同じMINIバスレフに入れたND65との比較です。
ユニットの個性の違いがモロに出てきます。高音が良く出て能率も相対的に高いのでRS75Tは音が前に出てきてライブ感が強いです。

ND65に切り替えると高音が消えて地味な音になりますが、長時間聴くのならこちらの方が疲れないです。
能率が低いので同じボリュームで比較すると不利ですけど、音量を上げると本領を発揮してくれます。

RS75Tは最低共振周波数Fsが160Hzで、低域が出ないカのように予想していたのですけど、充分出てきます。中高音が強いので相対的には地味な低音ですけど。
いずれのユニットも、小さくてパワーのある小径ユニットは小さな箱で充分な感じがします。
スリムバスレフH280に入れてみる
スリムバスレフH280の実験機に入れてみました。
内容積は2.8リットルなので0.9リットルのMINIバスレフの約3倍の内容積になります。ダクトは塩ビ管を使わず板厚だけでも充分なスペックになります。
さすがに音に余裕が出てきて響きも良くなります。低域寄りになる分、高音の強さが薄まるので聴きやすくなります。バスレフの箱としてはこの大きさが限度ではないかと思います。

二種類の箱はそれぞれに個性があります。どちらを取るか難しいところですが、私はH280の方を取りたいですね。
このあと、ダクトを塞いで密閉型にしたり、ダクトパイプを付けるかダクトを2倍にするかして試してみようと思っています。
ダクト板を作ってみました。これでダクトの長さは2倍の30mm、fdは127Hzになりますが、違いは直接聞き比べてみないと分かりにくいですね。あってもなくても良い・・・といったところです。

ダクト板を反転させると穴を塞ぎ密閉型になるようにしてみました。上の写真の状態です。
さすがに低域が多少は消えてしまいますが、それでも予想外に低域が出ていて、それほど息苦しく詰まった感じになりませんから、これはこれで良いのではないかと感じました。

ダクトやホーンロードなどでユニット背後から出る音を加工するより、密閉型にして箱の中に閉じこめてしまうのも理にかなったところがあるようです。密閉型ほどシンプルな構造のエンクロージャは無いわけですから。
確かに低域が薄くなりますけど澄んだ中高音を楽しむのならこれが良いと思います。ユニット背後からの音が混じらないだけピュアな音になるようです。
MINIバックロードホーン3424に入れてみる

写真右端のブルーの実験機にバッフルを介して入れてみました。
中央は同じ箱にND65を入れたもので、左端はND65をTL3424に入れたものです。

同じBRホーンの箱で聴き比べるとユニットそのものの個性の違いそのままで、RS75Tは高音が良く出て活発で華やかですが、ND65は落ち着いて地味な音です。
分かりやすいのはRS75Tの方でしょうか。

ND65はBLホーンに入れると能率の悪さを感じない活発な感じがしますが、トランスミッション・ラインですと能率が低いのでボリュームを上げる必要があります。
音量を上げるとこれが一番低域が良く出ます。

この写真の3種のスピーカーはそれぞれが個性的です。
意外とDayton AudioのユニットはBLホーンに合うようです。
スリムバスレフH280Nに入れてみる

次のページで作ったスリム型H280のナローバージョンH280Nに入れた状態です。