仙人のガレージセール


Page 56


2014/07 (2015/02更新)

数年前にPage34とPage35で作った8cmユニット用のフロントローディッド・ホーン・バスレフを久しぶりに作ってみました。
今回は無垢のラワン板(ラワン棚板)を使いました。
ラワン合板やMDFと違って、木口がきれいなのでウッドオイルで塗装してみました。
着色透明塗装をするため、接着組立をするときにマスキングするのがちょっと大変でした。
使用する板材のなかで、正面から見えないのは裏板とダクト板だけ。それ以外の部材はすべて一部が正面から見えます。
上の写真はSサイズ・バスレフ・エンクロージャの組立品+コーナー面取り仕上済みのものです。
FOSTEX パーソナル・アンプ AP05
PCスピーカーを物色している中で見つけたFostexのカードサイズのアナログアンプをamazon.comで
買ってみました。
幅が86mm、重さが200gとコンパクト。出力は8Ω負荷時で5W×5W。入力はステレオ・ミニジャックのみ。

フロントは入力とパイロットランプとスイッチ兼用ボリュームのみ。背後はスピーカー接続端子と
電源アダプターのコネクターのみというシンプルなものなので、お値段は約3500円です。
Fostex製の自作スピーカーキットと組み合せて使うためのもののようです。
入力信号が一定レベル以下で15分経過すると電源がスタンバイ状態になるところがミソです。
OptiPlex980のフロントパネルにあるヘッドフォン端子から入力して、STEREO誌付録のScanSpeak5cmユニットを入れた塩ビ管スピーカーを鳴らしています。後ろにある白黒のPC用スピーカーは一緒に買ったLogicool Z120BW(\1,500)です。
その後ろに見えるのが古いBOSEのPC用スピーカー。

ロジクールのは今までスピーカーを繋いでいなかった中古OptiPlex780用に買ったものです。
音はお値段なりですが、お値段を考えるとそこそこ使えるものです。ヘッドフォン端子からプラグを引き抜くと今使っているBOSEに切り替わるのですが、さすがに1万円前後のものとの差は歴然としています。

さらに、AP05+塩ビ管スピーカーの組み合わせだと、やっとオーディオらしい音になります。
この小さくて安価なお手軽アンプ、自作のスピーカーを鳴らすのに充分使えます。ミニプラグ出力のある機材ならば使えるので、持っていると便利で面白いです。
当初検討していたJBLのPC用スピーカーです。
電源も音声もUSBから取るのでコードが最小限というところが魅力でした。
もちろんこのカタツムリ型のデザインも。
メタリックな円盤の部分がボリュームになっています。
共鳴管型H580エンクロージャ (2015/02/20 受注製作品)
比較的初期の2007年にいろいろ作ってみた共鳴管型SPですが、細長い形状のため梱包が難しいのでヤフオクへの出品は止めていました。
これはHPからオーダーをいただいた組立品です。

板材のカットや組み立てのスキルが多少上がったようで、かなりきれいにできあがったと思います。
今回は着色塗装されるということで、接着部のマスキングをしなかったのが組み立て精度に貢献していると思います。

ユーザーさんの塗装仕上写真です。
いろいろ苦労されたようですが、最終的にラッカースプレーでのつや消し仕上になりました。
いい雰囲気に仕上がったと思います。
ユニットは私のお気に入りのTangBand W3-593SGです。
AURA SOUND NSW2-326-8Aを使った塩ビ管スピーカー(バズーカ砲型?) 2015/02/22
次のページに移動しました。(2015/02/28)
タチアナ・リツコヴァ Tatyana Ryzhkova