仙人のガレージセール


Page 52

PCオーディオ

2013/02

スピーカー工作も一段落、小休止状態になったので、PCオーディオを少しかじってみようかと思っています。
かなり以前に、PCからプリメインアンプに出力してみたことはあったのですが、Windowsのサウンドもステレオから出てくるので止めてしまったことがあります。
それ以来、音楽はステレオで、動画は液晶TVでと言う具合に、餅は餅屋に任せた方が良いと思ってそれぞれ独立させていたのですが、画像はもちろん、動画、音楽もPCの中に入ってくるので、環境を整えてもよいかも、と考えるようになりました。

購入したのはONKYO SE-90PCIという古いモデルです。
2005年の発売ですから10年にもなろうかというモデルですが、機能を再生だけに限定したシンプルで低価格なところが気に入りました。

左の写真で分かるように、出力はRCAピンコードと光デジタル出力の2系統です。

マザーボードへはPCI接続。
一番下がPCI expressに差した4チューナーのTVキャプチャーボードで、その上がPCIに刺さったFAXモデム。
その上が今回のサウンドボードで、PCI expressのソケットがあと一つだけ残っています。

マシンは2010年9月に入れ替えたDELLのミニタワー型デスクトップ「Optiplex980」です。
Core i3 メモリ4GB、HDDは500GB+2TB。

法人向けのビジネスマシンで、OSはXp professionalです。

アンプは長いこと眠っていたBOSEのパワーアンプ、MODEL 1706 をひっぱり出しました。
購入してから20年にもなるがさすがUSA製、丈夫なアンプです。
サウンドボードの組み込みは特に問題があるはずもなく、付属のCDからドライバーをインストールして終わりです。
問題はやはりWindowsのサウンドで、小さなPC用スピーカーに比べるとはるかに大きな音になるので、ビックリしたりします。
従来のオンボードと2系統の出力になるので、これを簡単に切り替えられないかとWEBで調べたら、手頃なのがありました。
「SetPlayDev.exe」という簡単なアプリです。
実行中のアプリの出力を変えられませんが、これを実行したあとに起動するアプリは別系統に切り替わります。
つまり2系統平行しても使えるということですね。

とりあえずPC内蔵のDVDプレーヤーで音楽CDを再生してみましたが悪くないです。
でも、CDを再生するなら別にPCを使う必要もないので、PCならではの音楽ソースをということで、いままでほとんど関心がなかったネットラジオを聴いてみました。

「iTunes」はとてもいいですね。ジャンルごとに膨大なチャンネルがありますし音質も良いです。ラジオという言葉が持っているイメージは「雑音混じり」だったのですが、WEBラジオにはそれがないですし。

Windows Media Player でもNETラジオは聴けるのですが、Mac由来のiTunesの使いやすいユーザーインターフェースに比べると、がっかりするほど使いにくいです。
SADE King of sorrow