仙人のガレージセール


Page 21

PARC Audio 8cmフルレンジDCU-F101W用エンクロージャ・キット
(AURA SOUND NS3-193-8A)

2008/2

(左)
PARC Audio DCU−F101W


(右)
AURA SOUND NS3−193−8A
2007年10月以来、久しぶりに新しいユニットを2種類購入しました。上の二つです。
ウッドコーンが売り物のPARC Audioと米国ブランドのAURA SOUNDです。以下、それぞれ型番を略して「PARC」と「AURA」と呼ぶことにします。
このページを作っている現在、まだ箱はPARCの小さな推奨箱が1個だけで、TangBandのフラットバスレフと組み合せて聴いているところです。あいにくPARCのユニットの片方が不良品のようでビビり音が出たので現在返品交換の交渉中です。
いままでかなりの数の8cmユニットを購入してきましたが、不良品に出会ったのは初めてのことです。最初は使い始めでアタリが出てないから音が濁るのか・・と思っていたのですが、もう一個のユニットに入れ替えてみると見違えるような音だったので、不良品ではないかと。
(その後送り返したユニットは不良品と確認されて代替品が送られて来ました)
ユニットの比較
1個の価格 コーン フレーム マグネット 総重量 出力音圧レベル F0 再生周波数帯域
PARC 6千円弱 ウッドコーン アルミダイキャスト 防磁型 540g 82dB 68Hz F0〜20kHz
AURA 4千円弱 アルミ スチール ネオジウム・防磁型 216g 80dB 80Hz F0〜15kHz
外観は極端に違う二つのユニットです。高価なだけあってPARCはとても造りが良いユニットです。アルミダイキャストの丸型フレームはサイズが10cmユニットに近い大きさで、黒の結晶塗装?がしてあります。木目のコーンとブロンズ色のディフューザーとあいまって高級感があります。
これに比べると、鉄板フレームに小さなマグネットとAURAはかなり貧相で、造りもなんとなく粗さを感じます。この価格帯よりも安価でアルミダイキャスト・フレームを使ったものがあることを考えると、つらいところがありますね。PARCにはユニット取り付けネジやパッキンが入っていますが、AURAにはどちらも付属してません。
この二つのユニット、上の比較表でも分かるように、かなり低域の良く出るユニットで、能率の低さは共通しています。
小さなエンクロージャ
ユニットが届く前に、メーカーのHPに公開されていた推奨箱を1個だけ作っておきました。
ユニット取り付け穴の位置が低すぎて、ルックスの面ではダクトと接近しすぎてアンバランスな気がしたので位置決めを間違えたのかと思ったのですが、この位置が推奨図面そのものです。
PARCの推奨キャビネットには2.33Lと4.6Lの2種類あるのですが、これは小さい方で、外寸は130W×200H×170D(mm)です。
当初はこのような小さな箱で本当にちゃんと鳴るのだろうか?と半信半疑だったのですが、鳴らしてみるとかなり魅力的な鳴り方をしてくれます。
フレームに余裕がないため内付けが推奨されているAURAですが、PARCの開口穴に入りますし、ネジ穴も共用できることがわかりました。
PARCのユニットでトラブったので、とりあえずはAURAを入れてみました。
右が最初に作った箱で、推奨図面通りです。この時点ではまだ角は切りっぱなしのままです。左は2個目で、ユニット取り付け穴の位置を15mm上に上げてみました。角はトリマーで丸く面取りしてあります。
このユニット、見かけの粗末さからは意外なほど魅力的な鳴り方をします。これは予想外でした。
8cmユニットの魅力は小さくまとまった音、特に中高音がきれいに鳴るところだと思うのですが、これを聴いて改めてその魅力を確認しました。それに、想像していた以上に低域がちゃんと出ています。
AURAのユニットを入れた場合の周波数特性図です。
fdは68Hz。100Hzをピ−クにした、なだらかな曲線です。
不良品の代替えが届いたので本来のPARCを入れました。
ユニットの取り付け位置とダクトとの距離感は好みが別れるところですが、最初は異様に見えた右側のオリジナル位置も悪くはないか・・・と思うようになりました。

音はかなりのレベルではないかと思います。コンパクトな箱なのに低域が良く出ますし、高音も繊細です。ショパンのピアノソロにしても、パンチのあるポップスを鳴らしてもいいですね。
耳の高さに置いて耳の近くで鳴らすとこれ以上は要らないと思えてきます。
PARCの特性図です。
fdはAURAと同じく68Hz。
結局、ユニットの取り付け位置を変えたり素材にラワン合板を使ってみたりして3個作りましたが、写真中央のラワンで作ったもののが視覚的にバランスがいいようです。
一番左のがメーカー推奨箱の設計そのものです。
2.5Lバージョン・キット明細
PARC Audioの推奨図面を少しアレンジして幅を1cmだけ広くしましたので、内容積は約2.5リットルになります。
これはダクト部の容積を除外しない単純な内容積です。
部材名 数量 寸法 備考
側板 4枚 140*200 無加工
バッフル 2枚 140*200 ユニット&ダクト穴あけ加工済み
裏板 2枚 140*200 ターミナル穴無し
天板 2枚 100*140 無加工
地板 2枚 100*140 無加工
塩ビダクト 2本 L=105 内径25φ
ダクト取付補助版 2個 - 端材利用のため不定形
ユニット取り付け穴の指定は82φですが、79〜80φとギリギリのサイズにしてますので、ユニットターミナルは少し折り曲げる必要があるかもしれません。
また、スピーカー・ターミナルへの配線はユニットを開口穴に入れるとき邪魔にならないように端子の裏側から表側に通して半田付けします。
スピーカー・ターミナルにファストン端子などで接続すると入らないと思います。
部材キット価格 ¥3,800-   MDF部材のみで吸音材は含まれません。
組立品価格   ¥5,800-  キットを接着組立したもの。
(送料は着払いです)
このキットは Page 25 汎用バスレフ・エンクロージャ・Sサイズ・キットに統合しました。
ラワン合板とMDFで作った箱が二組でき上がりました。MDFの方にはAURAを入れてあります。
PARCと対照的に造りの粗末なAURAですが、かなり気に入ってます。レンジの広いPARCから切り替えると高音域が消えてしまって低域寄りになりますが、このあたりは好みの別れるところでしょう。出力音圧レベルも低いのでアンプのボリュームを上げなくてはなりませんし、ピ−クパワーが80Wと書かれていますから、かなりの大入力を受け付けるユニットのようです。
高音域は確かに弱いのですが、出ない訳ではないです。いろいろなジャンルのソースを聴いてみると、ジャズに向いているような感じがします。
これに比較するとPARCはクラシック向きの繊細さがありますね。
PARCはかなり出来がよいユニットだと思いますが、DIY AUDIOのSA/F80AMGを越えるものではないようです。音色は少し華やか感じがします。ときどきソースによっては高域が耳障りに聞こえたりします。

このあと1個だけですが、PARCのもう1種類の推奨箱、4.6リットルのを作ってみたのですが、箱の容積が大きい方が音にゆとりが出る、というか響きが良くなりました。かといって、この2.33リットルの可愛らしい箱の値打ちがなくなるとは思えないですけどね。

ラワンの端材があるので作ってみたラワン合板バージョンです。着色ウレタンニスのブラックを塗ってみました。
下地が透けて見えるニス塗装には天然木の合板の方がいい雰囲気になります。

反面、繊維があるため細部の加工でむしれなどが出やすいです。
注意点
AURAを入れた箱ですが、小さな木ねじ、スプリングワッシャ、ワッシャを使って仮止めして聴いていますが、特定の音でわずかなビビり音、共振音が出るときがあります。たぶん、ネジまわりかフレームが共振しているのではないかと思います。
パワーを受け付けるユニットだけに、外付けにすると共振しやすいのかもしれません。

それから、この二つのユニットはネジ穴が共用できるのですが、ユニットの図面を見てみますと、ネジ穴の位置が直径で1mmだけ違います。
細く短いネジでユニットを固定する場合は問題なく共用できてますが、太いネジを使った場合にどうなるのかはまだ試していません。
このような聴き比べの場合はユニットを共用できますが、最終的にはAURAは内付けで固定した方が安全な感じがします。
4.6リットル・バージョン・キット明細
部材名 数量 寸法(mm) 備考
側板 4枚 170*250 無加工
バッフル 2枚 160*250 ユニット&ダクト穴あけ加工済み
裏板 2枚 160*250 ターミナル穴無し
天板 2枚 170*130 無加工
地板 2枚 170*130 無加工
塩ビダクト 2本 L=85mm 内径25φ
ダクト取付補助版 2個 - 端材利用のため不定形
部材キット価格 ¥4,800-   MDF部材のみで吸音材は含まれません。
組立品価格   ¥6,800-  キットを接着組立したもの。
(送料は着払いです)
このキットは Page 24  8cmフルレンジ用汎用エンクロージャ・Mサイズ・キット に統合しました。
2008/06
価格が高い分、期待値も高くなってしまうので期待したほどではない・・という印象だったのですが、ソースによって、またドライブするアンプによってかなり違いが出るユニットのように感じます。
ソースの録音状態によって高音が耳障りだったり低音が出すぎるというか、ここまで出さなくてもいいのに・・・と思うこともあります。
それだけドライブするアンプを要求するユニットということでしょうか。環境がよければさすがに精緻な音を出してくれます。
Temptation  Diana Krall