仙人のガレージセール


Page 47

8cmフルレンジ Vifa NE95W-04 & Peerless 830987

2011/05

Vifa NE95W−04
前ページのDayton Audio ED65-8と一緒に買ってみたのがこの「Vifa NE95W−04」という8cmユニットです。
これを選んだ理由はユニークな形状です。
フレームはしっかりしたアルミダイキャストで小さなネオジウム・マグネット、コーンはアルミです。
フレームの柱にあたる部分もユニット取り付けネジ穴もなぜか4ヶ所ではなく3ヶ所です。
このためかコーン背後はかなりコンパクトで背圧の抜けは良いのでしょう。コーンを指示するゴムのエッジはフレームの前面まで伸びています。
取り付けネジ穴は3ヶ所でもフレーム裏側にはしっかりしたパッキンが付いているので特に問題は無さそうです。

これのインピーダンスは4Ωで、下の写真右側のように簡素な包装で届きます。
全体としてはとても丁寧に作られたユニットです。
再生周波数帯域は100Hz−20kHz、出力音圧レベルは85dBとかなり能率が高いユニットです。 スペックシート
取付穴
製造元の図面からユニット取り付けの開口穴径は65φとなっていますが、これは図面の誤りのようで、この寸法ですとユニットは絶対に入りません。半分くらいまでしか入らないのです。
計測してみても、実際に手持ちの箱に入れてみても72φが必要です。これはFostexの8cmユニット用の箱が使えるということですね。
Mサイズバスレフ箱に入れてみる
とりあえずはスピーカー工作初期に作ったFostex用のバスレフ箱に入れてみました。
今は廃番になってしまった防磁型8cmユニットFE87Eの推奨箱で、Mサイズ・バスレフ・キットのベースのひとつになったものです。
比較の基準になるのは前ページの低能率な6cmフルレンジなので、さすがに85dBの8cmフルレンジは元気良く鳴ります。
ユニット自体、さほど低域にこだわったものではないですし箱の方も同じでユニットのFsと同じところになるので、低域が目立つ音ではなく、軽く明るい中高音が取り柄のユニットのようです。
どことなくFostexの8cmユニットを思わせる軽快な音色です。

同じサイズの箱に入っていたTangBandのW3−582SC、FostexのFE83E?と聴き比べてみましたが、まだアタリが出ていなかったためか、大きなメリットは感じられませんでした。

少し遅れて購入したPeerlessのユニットを入れておいたTL3424の箱に入れてみましたが、やはりこちらの方がいい感じです。
どちらかというと繊細な中高音が取り柄のユニットだと思いますが、この箱に入れると低域もそれなりに良く響きます。

欧州系のユニットは弦楽器を使うクラシックの再生に向いているような感じがします。
このTL3424よりも大きなオリジナルのトランスミッションラインの箱に入れても良いかもしれないですね。
Peerless 830987
PeerlessはVifaと同じくTymphanyという会社の扱いブランドのようです。
Vifaと同じくアルミコーンとネオジウムマグネットのユニットですが、大きな違いはフレームが樹脂であることです。
この樹脂フレームも堅牢に作られていますので樹脂であることのマイナスは無いです。

Fsはおおよそ100Hzですが、再生周波数レンジはなぜか54Hz〜20kHzとなっています。
出力音圧レベルは85.5dB。最大入力は70Wとなっています。

スペック的にはVifaのNE95Wとほとんど変わりがないです。
取り付け開口穴径は72φです。
こちらは取りあえすTL3424の箱に入れてみました。
箱とユニットの視覚的なバランスは良いですね。
このPeerlessとVifaはほとんど区別が付かないくらい似た音を出します。
違った構造の箱での聴き比べですが、中高音が繊細な欧州系の音というのでしょうか。
低域寄りのUS系ユニットとは違った音です。
TL3424の箱にVifaのユニットを入れたのでPeerlessは左写真の箱に移動しました。
左側がLサイズ・バスレフ、右がMサイズと同じ容積のスリムバスレフH320です。
容積の大きなLサイズですとゆったりとした鳴り方ですが、H320くらいの容積が手頃かなと感じます。


箱に入れた状態でのルックスの面でもH320やMサイズ・バスレフの方が良いですね。Lサイズですとかなり間延びしたアンバランスな感じもします。




参考までにこの二つの特性図をsped.exeで出力してみたのが下のグラフです。あまり変わらないというか、右の方がフラットに近いと見るか・・・。
中間まとめ
(2011/07)
前ページで取り上げたDayton Audioの6cmフルレンジが面白いので後回しになってしまった二つの8cmユニットですが、PeerlessのはスリムバスレフH320に入れることにしました。

今回作ったのはフロントバッフルもネジ止めにして、後々箱を使い回しできるようにしました。
ユニットを取り付ける位置も左右で1cm変えてみたのはルックスのチェックのためです。
外見では分かりませんがダクト長も左右で二倍くらいの違いがあります。
左右で変えただけなので音の違いはほとんど分かりません。

Vifaと似た音色ですが、価格の高いVifaにはそれだけのメリットはありそうな気もします。と完全に同じ条件での比較ではないので断言はできませんがVifaの方が高音が良く出ます。

ただ、音色としてはPeerlessの方が私の好みですし、コストパフォーマンスの点でもこちらは優れているユニットだ思います。どちらも北欧系らしい繊細な音なのでクラシックに向いていると思いますが、ジャズを聴いても不満はありません。
それかスペックから想像する以上に低域は良く出ます。
TASCAM MD/CDコンビネーションデッキ MD-CD1mk3 (2011/10)
marantsのMD/CDコンビネーションデッキが壊れてしまいました。
しばらく前からCDを読めなくなっていたのですが、MDの方もダメになってしまいました。
購入して5,6年ですが回転ものなのでそろそろ寿命がくる頃か?
以前に乗っていた車SUBARUトラヴィックにはMDのレシーバーが付いていたので必要に迫られてMDを使うようになったのですが、これがカセット・テープなどよりずっと小さくて使いやすいので気に入っていました。

でも、さすがにメモリー・オーディオの時代になってMDは時代遅れ。でも今乗っている車にもMDレシーバーを組み込んだので、まだまだMDを使い続けたいので後継機を物色したのですが、さすがにコンビネーション・デッキは少なくなりました。
マランツのラインナップにもない。MDの本家であるソニーもMDは断念したみたい。

かろうじてONKYOの単品売りミニコンポのなかにCD/MDレシーバーがあったのですが、アンプを切り離せるPRE OUTが無い。
他にないものかと調べてみたら、TEACの業務用機器のブランドらしいTASCAMのなかにありました。

業務用機器を使うことに多少とまどいがあったのですが、今後このようなコンビデッキは手に入りそうもないし、業務用なら回転メカ部の耐久性信頼性なども優れているのではないか。それに価格の面でもCDデッキとMDデッキをそれぞれ別個に買うよりは割安感があったので購入することにしました。

購入するとき問題になったのは本体の大きさでした。
放送機器やPCサーバーなどを組み込むラックのサイズなのでホームオーディオ機器よりも少し幅か広いので自家用の箱の中に入らない可能性がありましたが、ラックへの取り付け部を外に出せば本体自体は箱の中にかろうじて納まる寸法なのでした。

本体左右のブラケットはネジ止めされているので、これを外してしまえば箱の中にスッポリ入るのですがこのまま使うことにしました。
音質
さっそく接続して今までとまったく同じ環境で聴いているのですが、ベッドユニットを取り換えただけでこれほど良くなるものかと驚きました。
6cmユニットを入れたミニサイズ・バスレフでもオーケストラの音が朗々と鳴り響きます。
システム全体からするとこのコンビデッキは明らかにオーバークオリティなのですが、クオリティが高いに越したことはないということですね。
機能、特徴
*業務用ということでよく分からない機能がありますが、必要な機能だけを使えば良いと思います。
例えばCD再生の機能ですが、ピッチコントロール、キーコントロールができます。CDの回転速度を微妙に変えたり、キーを変えられるのだけど、使い道がよく分かりません。

*デジタル入出力端子には一般的な光ケーブルだけではなく同軸ケーブルの端子(COAXIAL)があります。
*RS-232Cのコネクターがあります。
*フロントパネルにPC用キーボードのコネクターが用意されています。MDのタイトルや曲名入力には便利ですが、あくまで文字入力が便利ということで、MDへのタイトル入力全体の使い勝手は良いとは言えません。この他にデッキの各種操作もキーボードからできるようですが、リモコンがあれば済むことなので、いまのところあまり使い道はなさそうです。

*CDからMDへのダビングは4倍速なので速いですし操作はシンプルで快適です。
*CDとMDは独立して使用できます。アナログ出力はそれぞれ独立したものの他に共用のCOMMONというコネクタがあります。反面、デジタル出力はCD/MDが独立したもののみで共用のはありません。
これらを使えば複数のアンプへ出力することも可能です。