仙人のガレージセール


Page 48

DAYTON Audio ND91-8 9cmフルレンジ(3.5インチ)

2012/01

前年5月以来久しぶりの新規購入ユニットはDayton AudioのND91−8です。

前回購入した6cmのND65−8や、その前に使ってみた二種類のRS100シリーズの印象がとても良かったので、その中間サイズの9cmが気になっていました。
同じUSブランドであるAURA SOUNDの8cmユニットと、いろいろな面で似ているので、スペック比較を下で表にしてみました。

耐入力の大きさ、能率の低さ、小径ユニットとしては異例に低いところまで出る特性など共通点が多いです。
スペック比較表
メーカー Dayton Audio Dayton Audio AURA SOUND Peerless
型番 ND91-8 ND65-8 NS3-193-8A 830987
口径cm 9cm 6cm 8cm 8cm
口径inch 3.5inch 2.5inch 3inch 3inch
マグネット ネオジウム ネオジウム ネオジウム ネオジウム
振動板材質 アルミ アルミ アルミ アルミ
エッジ ゴム ゴム ゴム ゴム
再生周波数帯域 70Hz-17KHz 80Hz-20KHz 80Hz-15KHz 95.5Hz-20KHz
出力音圧レベル 81.8dB 78.3dB 80dB 85.5dB
定格入力 30W 15W 20W 70w?
重量 310g 200g 240g 220g

ユニット取付穴径は77φ〜7φですとスピーカー端子が干渉しますので多少の切り込みが必要です。
開口穴径は80φが手頃です。この寸法ですとスピーカー端子もかろうじて干渉しなくなります。
Sサイズバスレフに入れてみる
Sサイズバスレフの原型となったPARC Audio8cmユニット用の箱が空いていたので入れてみました。
ウッドコーンのDCU−F101Wは異様なほどFsが低いユニットなのでダクトの共振周波数も低く設定されていますが、ND91もFsが低いので相性がいいようで、かなりの低音が出てきます。

左のAURA SOUND NS3-193-8AはSサイズの箱との組合せがとても良かったので、結局この箱が定位置になってしまったのですが、ND91−8もこの小型のエンクロージャとの組合せがベストということになりそうな感じがします。
トランスミッションラインTL3424に入れてみる
前ページで作ったトランスミッションライン・スピーカーのバッフル付け替え式試作機に入れてみました。
良くできたユニットはどのような箱に入れてもそれなりに良い音を出してくれるものです。

Sサイズ・バスレフでの特性図にあるように、ダクトの共振周波数で強い音が出るので、Sサイズの方が低音が良く出ているように聞こえますが、TL3424ですとよりナチュラルでレンジの広さを感じます。

箱の内容積が大きくなった分、少しボリュームを上げてやらないと本領を発揮しないようです。
ボリュームを上げすぎるとコーンが空振りするように大きく振動してしまうので、その手前で聞くのがベターかもしれません。
これは逆に言いますと、Sサイズの方が少ない音量でも良く鳴るということです。
↑の状態でペアにして下の組合せと比較試聴しています。

(1) Dayton Audio ND65-8 + MINIトランスミッションライン・エンクロージャ
(2) Peerless 830987 + スリムバスレフH320
(3) Dayton Audio ND91-8 + トランスミッションラインTL3424
(4) PARC Audio DCU-F101W + オリジナル・トランスミッションライン・エンクロージャ

同じDayton Audioで径が違う(1)と(3)では、それなりの違いは歴然としているけど、意外と(1)は健闘しているとも言えます。ユニットの能率が違うのでボリュームが一定だと能率が低い(1)には不利です。優劣を比較すること自体無理ですね。
(3)から低音部を少し削り取った残りが(1)ということで、音の個性は同じです。

同じように(3)と(4)の場合も、同じ形式のエンクロージャでも大きさが違いますし、ユニット自体のFsも違うので(4)の方が有利ですが、ユニットの価格には大きな開きがあります。

この中では(2)は一番高音が良く出ます。その分だけ臨場感のある音になりますし意外と低音も良く出ています。欧州ユニットらしく繊細でクラシック向きのPeerlessのユニットですが価格を考えると魅力的なユニットです。
どちらかというとFostexのユニットに近い音と言えるかもしれません。
(3)と(2)の比較ではドラムのシンバルを叩く音がPeerlessは良く出ますがND91は高音が地味です。反面、テナーサックスの音などはND91の方が腰が強く魅力的です。

とりあえずTL3424の箱に入れて聴き始めたばかりですので、これから印象が変わってゆく可能性もあります。

スリムバスレフH360に入れたSA/F80AMGとの比較ですが、やはりこちらの方が高音が良く出ます。バランスという点ではSA/Fの方が優れていると思いますけど、ND91は低域寄りの柔らかい音色なので、これはこれで良いのではないかと思います。

続いてMサイズバスレフと内容積が同じスリムバスレフH320に入れてみようと実験機のバッフルを加工しています。
その前に、もう一度Sサイズバスレフの箱に入れてペアにして聴いてみたのですが、やはり小型の箱との相性がよいユニットです。

もともとこのサイズとしては異例なほど低音が出るパワフルなユニットなのでコンパクトな箱をドライブするのが一番良いのかもしれません。

これはAURA SOUNDやFostex FF85などと共通の特性です。
スリムバスレフH320に入れてみる
上の写真中央がH320の試作機です。
この箱で31φのダクトはほとんど使わないのですが、上右の特性図のようにダクトの共振周波数fdをSサイズバスレフと同じに設定するためにこのサイズのダクトにしてみました。
ユニットが一組しかないのでH320とSサイズをペアで比較はできないのですけど、音の違いはわずかなようです。
たぶん内容積の大きい方がゆとりのある低域を出しているのだろうと思います。Sサイズは小さな箱内の空気をパワフルにドライブしてダクトを共振させているように感じます。

もう一個作ったのですがダクト穴を開ける前に密閉型として聴いてみることにしました。
左写真のようにアンバランスな組合せで聴くと違いがよく分からないのですが、もともとユニット自体が70Hzまで出せるのだから密閉型でも問題なく聴けます。
こちらの方が好ましいと言えるかどうかは分からないのですが・・・・。

その後聴き続けて、これはこれで良いのではないかと感じます。
エンクロージャの工夫あれこれで音をいじるより、シンプルな密閉型でも息苦しい音の詰まり、閉塞感がなければ、基本的でシンプルなエンクロージャに越したことはないですね。

ND91を入れていたTL3424の箱にPeerlessを入れてみました。写真中央です。
トランスミッションラインの箱はユニットを選ぶところがあるようで、どちらかというと低域が不足するユニットと組み合せた方がメリットがありそうです。

写真左のSA/F80AMGと遜色ない音を出してくれます。
やはりセンターキャップ付きのユニットの方が高音は良く出してくれます。
中高音にウェイトを置くか、ND91のように中低音にウェイトを置くか、好みの別れるところです。
私自身はこの低域寄りの音が好きなのでPeerlessなどと比較しない限りはこれで充分気に入ってますが、AURA SOUNDの2インチユニットと組み合せて両方鳴らせば高音部を多少は補えます。
スリムバスレフH360に入れてみる
手持ちのなかで一番大きなサイズのバスレフ、スリムH360に入れてみました。
これも一個だけなのでペアでの比較はできませんが、容積が大きくなることによってさらに低域が良く出るようになりました。
スピード感よりはゆったりとした鳴り方がこの箱の取り柄です。

ユニットのホテンシャルからしてこのサイズの箱でも充分鳴らせると思っていましたが、響きの良い中低音です。高音も出ないわけではないのですが、相対的には地味なレベルです。
Sサイズ、スリムH320、スリムH360と容積の違う3種類のバスレフ箱はどれもダクトのfdは64Hzに設定してありますが、だからどれも同じ音になるということではないのです。
中間まとめ
ユニット購入後、いつものように駆け足でいろいろな箱に入れて聴いてみましたが、とても気に入りました。
私の場合「良い音」と「好きな音」との間に微妙なズレがあるようで、このND91−8の場合は後者です。再生周波数帯域のスペックにもあるように高音部が弱く低域寄りの柔らかい音なので聴き疲れしません。

素性の良いユニットは大小どのような箱に入れてもそれなりの音は出してくれるものですが、このユニットもそうです。
ただ、もともとサイズにしては低い音まで出せるので、トランスミッションラインのTL3424に入れても大きなメリットはなさそうです。オリジナルサイズの箱に入れるとまた別かもしれませんが、特に手の込んだ構造の箱に入れる必要もなく、場合によっては密閉箱でも良いのではないかとも感じました。

スペック比較表に載せたユニットと聴き比べてみたのですが、今回あらためてPeerlessのユニットを見直しました。スペック的には8cmユニットの標準的なもので高音までバランス良く出て繊細です。TL3424との相性も良く、低域を補ってくれます。

スペックも外観も良く似たAURA SOUNDとは、音の面では区別が付きにくいほど良く似ています。このAURA SOUNDは本国のHPではWoofer Midrangeと表記されていますが、ND91−8も限りなくWooferに近いと思います。
フレームの寸法で内付けが推奨されているAURA SOUNDに比べてDayton Audioは外付けができる分有利ではないかと思います。
いずれにしても、このUSブランドの二つの音は私の好みです。

同じDayton Audioの製品ということで比較してみたND65ですが、スペック的には驚くほどレンジが広いのですが、6cmという小さなコーンの制約がもあるので、音は小粒になってしまいます。このユニットの能率が低いと言う点でも比較するうえでは不利なのですけどね。
8cmクラスとの比較では不利であるものの、単独で聴く分にはそれなりに立派な音を出してくれるので、使い道によってはこれでも充分とも言えます。
スリムバスレフH320の試作機を改造してユニットとダクトを別に組み合せられるようにしました。アンバランスな組合せで聴いた密閉型をペアにして聴いてみたかったので左のようにしてみましたが、やはり印象が良いですね。
バスレフのような低域の増強は無くてもユニット自体が70Hzまで再生できるので、密閉型でも充分です。むしろこの方が高音域が良く聞こえます。
44φ×135mmというダクトを付けてみました。

31φのよりfdの値は上って80Hzなのですが、こちらものびのびとした低音を出してくれます。
やはり密閉型より有利なようです。
一個だけ作ってみた31φダクトのバスレフですが、実験機でペアにしてみました。

上の44φダクトと直接聞き比べることはできないのですが、どちらでも良さそうです。