仙人のガレージセール


Page 46

Dayton Audio ND65-8 6cmフルレンジ・ユニット

2011/05
(2012/02更新)

8cmよりも小径のユニットはコスト・パフォーマンスを考えると難しいところがあります。
FosterのFF70EGのように低価格であれば良いのですが、8cmとオーバーラップする価格になるとサイズが小さいという点にこだわらない限り8cmユニットを選択した方が有利です。

・・・なのに、なぜかまた6cmユニットを買ってしまいました。
Dayton Audioの2.5インチ・ユニット ND65-8 です。
なんと最低共振周波数fsが80Hzと異例に低いところに惹かれました。

アルミコーンにネオジウムマグネットで2千円強の価格はかなりリーズナブルに感じます。
スペックシート
スペック比較
メーカー名 型番 口径 コーン材質 再生周波数帯域 出力音圧レベル 定格入力/最大入力
Dayton Audio ND65-8 2.5インチ アルミ 80Hz-20kHz 78.3dB 15W
RS75T-8 3インチ アルミ 160Hz-20kHz 82.7dB 15W
AURA SOUND NSW2-326-8A 2インチ チタン 250Hz-15kHz 84dB 15W/60W
AirWave CLF060C3-W 60mm ペーパー 130Hz-20kHz 84dB 10W/20W
CLF060P2 60mm アルミ 130Hz-20kHz 84dB 10W/20W
Foster FF70EG 70mm ペーパー 135Hz-20kHz 83.5dB 5W/11W
ユニット取り付け穴
指定開口穴径は52φです。
ユニットを内付けする場合もこの寸法で良いのですが、外付けする場合は端子(ユニットターミナル)が入る部分を切り欠かなくてはなりません。
これは小径ユニットの宿命ですね。

切り欠の部分がフレームからはみ出さないように合わせ加工します。

その後、幾つもバッフルの穴開け加工をしましたが、このユニットはFostex FF85Kと同じく組み込みにくいユニットです。
まず指定開口径の52φというのはユニット自体の外寸そのものなので、この径ですとほとんど遊びがありません。
ネジ穴やフレーム外寸との間にはまだ少し余裕があるので53〜54φでも大丈夫というか、この方が組付けが楽かもしれません。

右図のように開口穴を開けたあと、ユニットを表側から入れてフレームの外周を毛書いて、これからはみ出さないように切り欠きます。
合わせ作業で何度も入れてみては削り・・・を繰り返します。
内付けなら簡単なのですけどね。
トランスミッション・ライン・エンクロージャ(TL-S)に入れてみる
ユニットが届く前にあらかじめ一個だけ用意して置いたトランスミッションライン・スピーカーをスケールダウンしたTL3424エンクロージャに入れてみました。

写真左がトランスミッションラインSPのオリジナルで、右側のブルーのは6cmユニット用のバックロードホーンですが、これの部材をそのまま使ってTLスピーカーにしたのが中央です。
バッフル取り外し式の実験機なので内付けにしてみましたが、ユニットの大きさと箱の大きさの視覚的なバランスがイマイチです。
幅をあと1cm狭くするかユニットを外付けした方がバランスは良さそうです。
あるいは開口穴を曲面加工するのも良いかもしれません。
このTL3424Iエンクロージャはこのあといろいろなユニットを入れてみる予定です。

最初に右側のブルーのBRホーンと組み合せて聴いたのですが、上のスペック比較表でも分かるようにND65−8はAirWaveのユニットに比べて能率が低いので左右の音量がアンバランスでした。USブランドのユニットらしくボリュームを上げると音が出てきます。

とりあえずは脱線して一個だけ作ったTL3424エンクロージャにAirWaveのユニットを入れてBRホーン3424と組み合せてみました。
能率が高いので元気良く鳴るのですが、どちらかというとTL3424の音の方が落ち着いて私の好みです。
個性の強さでBRホーンというチョイスもアリだとは思いますけど。

箱の形状が違う組合せでもユニットが同じなら聴き比べても面白いものがあります。
(2011/05/06)
ユニット内付け外付けの違いはありますがTL-Sをペアにしました。内付けの方は開口穴の周囲を面取り加工したのでルックスは良くなりました。
この容積の箱は無理かとも考えたのですが、充分ドライブできてます。
スローなピアノ曲などは音が良く響きます。反面、ジャズなどでスピードのあるアタック音、ベースの低音などでは追従しきれないときがあります。
全体としては低域寄りのマイルドな音なので、同じユニットで小さな箱に入れたのと聴き比べてみたくなったのでもう一組入手することにしました。

左右下に並べたのは、この後この箱に入れてみる予定のVifaのユニットです。
スリムバスレフH280に入れてみる

左の写真は同じくAirWave用に作った試作機スリムバスレフH280を改造したものです。
スリム型ですがオーソドックスなバスレフ箱です。
こちらもこのあとバッフルを二分割していろいろ試してみる予定です。
この写真の状態ではまだバッフルは切断していませんし、ダクトも穴を開けただけでパイプを取り付けてはいません。

左右で構造も大きさも違う箱でのファースト・インプレッションですが、このユニットは「大当たり」でした。あるいは同じDayton Audioの10cmユニットRS100S−8より面白いかもしれません。
小さくて低価格なので自作派の素材としてはかなりの優れものだと思います。
とりわけTL−Sエンクロージャに入れると低域が80Hzからというのも納得できるものがあります。
ユニットのサイズが小さいからこのくらいで仕方がないよね・・・ということがないです。
スリムバスレフH280は内容積が2.8リットルでSサイズ・バスレフとほぼ同じですが、スリム型のため主に8cm未満のユニット用として作ったものです。
今回は音を確認するためなのでAirWave用のを改造しました。後ろ前を反対にした苦肉の作?です。
ダクトは25φで片方は板厚の15mmだけ、もう一方は板1枚を重ねて30mmにしてみましたが違いはほとんどありませんでした。
特性図の違いは下の通りです。
ダクトに50mm長さの塩ビ管を使ってfdを80Hzに設定したものも試してみました。

30mmダクトのと組み合せて聴いたのですが、あまりメリットを感じませんでした。
実際、オーディオチェックCDでチェックしてみても特性図ほどの違いは感じられませんでした。

無理に低域を狙わない方が結果が良いと思います。
ミニサイズ・バスレフに入れてみる
AirWave6cm用に一個だけ作ってみたミニ・バスレフの箱に入れてみました。写真右下のです。
写真左側のH280と組み合せて聴いているのですが、困ったことに?こんな小さな箱でも見劣りせず鳴ります。
良くできたユニットは箱の大小にかかわらず良い音を出してくれるものです。
このミニ・バスレフは内容積0.9リットルで、TL3424は概算で5.2リットルですが、どちらでもOKなんですね。

TL3424型はこれからいろいろなユニットを入れてみるつもりですが、ND65−8について言えば1リットル弱のミニバスレフから2.8リットルのスリムバスレフH280のあたりで決まりです。

右の特性図はAirWave6cm用に作ったミニサイズ・バスレフ試作機に入れた場合の特性図です。
ダクトの内径を少し細くして長さを長くすればfdは100Hz前後まで下げられますが、聴き比べてどうか?は分かりません。
Sサイズ・バスレフに入れてみる
写真左のスリムバスレフH280はSサイズ・バスレフと内容積はほぼ同じなのでSサイズに入れてみることもないのですが、PARC Audioのウッドコーン8cm用に作った試作機の箱があるのでバッフルを加工して入れてみました。
ちなみに丸い板は10cmユニット用にくり抜いたものを流用しました。

この箱はfsが異例に低い68HzのDCU-F101W用なのでダクトも長く、fdは64Hzなのですが、特に問題なくドライブできています。かといってこれの方が良い・・とは言えないのですが・・・。fdを低く取ると中高音部がやや控えめになって一段と落ち着いた音になるようです。
他のユニットに比べて能率の低さは歴然としていますのでボリュームを上げてゆくとfdの違いは少しずつ出てくるようです。
Sサイズの箱とユニットの視覚的なバランスの点では、右に並べてみたAURA SOUNDの8cmユニットの方がバランスが良いですね。

この箱でも特性図を出してみましたがかなりフラットに近いです。
音量を上げてゆくと本来のパワーを発揮するようです。
このあたりは同じUSブランドのAURA SOUNDと似ています。

口径は違いますがFsは同じ80Hz。ネオジウムマグネットにアルミコーン、丈夫そうなゴムのエッジと、とても良く似ている設計です。
fdが64Hzの箱では無理だろうと思っていたのですが、気になったので初めて同一条件の箱でペアにしてみました。

追加したバッフルの形は丸と角の違いはありますがれそれ以外はまったく同一の箱です。

ピアノ曲やピアノトリオ・ジャスを鳴らしてみますと、とても6cmのユニットとは思えない音を出してくれるので驚きました。
内容積3リットル弱のSサイズやスリムH280でダクトのfdを低く設計したものの印象が良かったので、このような組合せでも聴いてみました。

左はH280でダクトの長さを100mmまで伸ばしたので、形は違うもののSサイズと同じ仕様なので音も同じです。

右はTL3424の2個目の箱ができあがったので、これとの組合せです。悪くはないのですがちょっと不思議な組合せかも。
一段落して
ユニットが二組になったので左右ペアの状態で2種類の箱で聴き比べることができるようになりました。
とりあえずは左図のようにTL-SとスリムH280での比較です。

ユニットが同じであれば、箱の形状サイズが違っても、基本的には同じ音ですが、わずかな違いは当然ですがあります。

TL−Sとの組合せはかなり個性的です。はこの内容積が大きいためこのユニットサイズにしてはかなりの低音が出てきますが、その分中高音が控えめになって低域寄りの音になります。
このあたり、好みが別れるところだと思いますが、強い個性であるとも言えます。
トランスミッションライン・システムとこの強力な6cmユニットを組み合せる場合は、もう少し小さな箱の方が良いかもしれません。
この箱そのものはこれから8cmユニットも入れてみる予定です。

この大きめの箱に比べるとスリムバスレフH280はユニットに手頃な大きさだと思います。これもダクトの長さによって微妙に音が変わるとは思いますが、ドライブ能力があるからといってあまり低域を狙いすぎるのもどうか?ということで、今現在はダクト長は64mm、fdは80Hzといった組合せですが、さらに短くしても良いのではないかとも思います。
このあたりも、バッフル下半分だけ取り外してダクトの長さを変えられるようにしてありますので、いずれまた試してみたいと考えています。
(その後、ダクトは板厚だけの15mmで充分だと思うようになりました)

いずれにしても6cmフルレンジ・ユニットとしては強い個性と魅力を持っていると言えますが、どのような箱に入れるのがベストか?は難しいところですね。音楽ソースのジャンル、録音状態、アンプからユニットに入れる音量などによってそれぞれ多少の向き不向きはあるものです。

小径ユニットで大きめの箱をドライブする面白さもありますが、小径のメリットを生かした小さな箱で・・・というのもアリではないかとも考えます。
その他
MINIサイズのバックロードホーンに入れてみました。
写真中央のグリーンの箱です。ミニサイズ・バスレフ用に作ったバッフル補助板をそのまま流用しました。

一個だけ作った試作BRホーンの箱なのでスリムH280と組合せで聴いただけですので断定的なことは言えませんが。もともと低域の良く出るユニットなのでBRホーンを使うメリットはあまり感じられませんでした。

ホーンロードが短い箱なので低音増強効果はさほどでもない分、ホーン臭さも少ないようです。いずれにしてもBRホーンはユニットとその下の開口部の2ヶ所から音が出るところがデメリットと言えます。

このグリーンの箱の左右のはまったく同じ部材を使ったBRホーンとトランスミッションラインのTL3424です。
TL3424の実験機は塗装しないで生地のままにしておくつもりでしたが手の脂で汚れてしまうので水性床用ワックスを塗ってみました。

合成樹脂ワックスは水性ニス透明の薄いものと同じだと思うので塗ってみましたが、生地の色より少しだけ茶色味が濃くなるだけでなかなか良いのではないかと思います。

塗った当初はかなり色が濃いのですが乾燥すると明るくなります。

乾燥も早く香料入りなので塗料特有の悪臭もないので手軽で良いです。

(手前のダクトはH280用です)
これまでTL−MINIと呼んでいたものはオリジナルよりは小さいもののMINIと呼ぶには少し大きいですし8cmユニットがメインになりそうなので、さらに小さなものをひとつだけ作ってみました。

こちらは8cm未満のフルレンジ専用の大きさです。

一個だけなのでスリムH280と組み合せて聴いているのですが、左右のバランスがとれていますから、これはこれで良いのでしょう。少なくともTL3424に入れたときのような強い個性はありませんが、ユニットと箱のバランスは良いようです。ルックスの面でもバランスは良いですし。

ボリュームを上げてゆくと、それなりにこの構造のメリットは出てくるようにも感じます。

とりあえず一個だけのつもりで作っても結局はペアにすることになってしまいます。
このところ汎用性のある実験機を作っているので、このユニット専用の箱があってもいいかな?と。

最後の側板接着のまえに、吸音材を入れない状態で聴いてみましたが、それほど目立った変化は感じられませんでした。
(2011/07)
生地のままでも良いかと放置して置いたのですが、クリヤ塗装をしてみました。

左がラッカースプレーのクリヤで右側がウレタンニスのクリヤの刷毛塗りです。
塗膜の厚さが違うのでウレタンニスの方がツヤがあり手触りも良いのですが、乾燥硬化に時間がかかるのが難点です。

その点、ラッカーのスプレーですとあっというまに乾燥するので塗り重ねが手早くできます。
クリヤでもこれだけ色が濃くなりますから着色ニスの必要もないですね。
AirWave6cmユニット用に設計したMINIサイズ・バスレフの箱を作ってみました。
今回作ったのは前後のバッフル共にネジ止めにして、将来流用できるようにしてみました。

小さなユニットは小さな箱に入れて本領発揮といったところです。良くできたユニットは大小どのような箱に入れても良く鳴るものですが、このユニットもそうで、わずか1リットル弱の箱でもしっかりと低域を出してくれますし、大きな箱に入れたときよりも高音がきれいに出るところが魅力的です。
全体として視覚的なバランスも良いですから、あるいはこのミニサイズの箱がベストなのかもしれません。ただ、あまりボリュームは上げられそうもないですから、さりげない音量で鳴らして心地よいBGMとなってくれます。

これもまた結局ペアになりました。
ただ、2個目は内付けです。左右ともフロントバッフルをネジ止めにしたので、これから試作機として応用ができます。

この小さなミニサイズからTL−MINIまで、どの箱に入れても基本的には同じ音を出してくれるわけですが、小さな箱の場合は高音寄りになるので臨場感はあります。

一方、TL−MINIの場合はこの6cmというユニットサイズにしてはかなりの低音が出てきて、落ち着いた響きの良い音になります。
どちらもそれぞれに魅力的だと思います。
ミニサイズでバッフル取り換え式にしてみたので、AirWaveの2インチ・ユニットを入れてみました。
塩ビ管スピーカーに入れてみただけで、オーソドックスな箱に入れて聴いてなかったものでした。
やはりレンジが狭く高音寄りの甲高い音です。硬質で金属的な音。

取り付け難いこと、チタンコーンやネオジマグネットなどを使っているためか割高感があることなどから、あまりお勧めできないユニットです。

8cm以下のユニットではやはりこのページで紹介したDayton AudioのND65がコストパフォーマンスの面でも飛び抜けて優れていると思います。
これに続くのはAirWaveの6cmユニット、さらにFosterのFF70EGといったところです。
その後(2012/02)
二組購入したユニットは左の写真のようにミニサイズのトランスミッションライン・エンクロージャとミニサイズ・バスレフ箱に納まっています。
Dayton Audioらしく低能率で低域寄りの音ですが、かなり気に入っています。

ミニバスレフの方は胴体部の奥行きを標準の10cm(0.9L)から12cm(1.05L)、13cm(1.14L)と奥行きで内容積を増やした実験機に入れたりしていますが、やはりある程度は大きい方が有利なようです。

ミニバスレフの方が高音が良く出てスピード感があります。ボリュームを上げてゆくと段々パンチのある音になってきますが音量が低いと少し軽薄な鳴り方をします。

トランスミッションラインの方は低域も良く出る響きの良い音なので、ゆったりとした音楽に向いているようです。
ミニバスレフの箱はAirWaveを入れると能率も高く高音寄りの甲高い音になります。
比較してみるとどちらもそれぞれに個性的で魅力はあります。
ニアフィールドで聴く場合は6cmユニットでも充分楽しめます。より口径の大きなユニットと聴き比べると限界は明らかですけど。
ユニット購入後に一個だけ入れて聴いたミニサイズのバックロードホーンですが、気になったので今回はペアにして聴いてみました。
AirWave用に作った試作機にサブバッフルを介して取り付けてみました。
ちなみにダイレクトに入れようとすると奥行きがギリギリで計算上は4mmの隙間しかありません。
BRホーンに適したスペックと言われるQ0(Qts)の値がAirWaveの0.3以下に比べでND65は0.6と大きいのでどうかな?と思っていたのですが、これが意外なことにMINI BRホーンの箱と相性が良いようで、元気な鳴り方をしてくれます。

これと比較しますとMINIトランスミッションライン(TL)の方は地味な鳴り方になってしまいます。中音部が抜けてしまうというのか・・・。ボリューム一定で切り替えるとBRホーンの方が大きな音で鳴ります。
この二つの箱、ユニットのコーンにかかる背圧、ダンピングがかなり違うようで、TLの箱は6cmのユニットには少し大きすぎるのかもしれません。
6cm用MINIバックロードホーンの箱とND65−8の相性はかなり良いようです。

それにしても、同じユニットを使いながら、この二つのエンクロージャは対照的な鳴り方をします。これほど極端に違うのも珍しいかもしれません。BRホーンは良くも悪しくもホーンらしい音で活発、元気、音が前に出てきますし能率が良いですが、残響の少ない乾いた音です。
ドラムスやウッドペース、サックスなどの管楽器にも向いていますが、ピアノなどは苦手なようです。ソースの録音状態にもよりますけどね。

:それぞれ個性的な鳴り方をする二つの箱ですけど、結局私の好みは共鳴管に近い構造のTL−MINIの方です。
この箱はMarkAudio用に設計されたものを縮尺しただけなので、理論的な裏付けは無いのでこのサイズとユニットがベストマッチなのかどうかは分からないので、ちょっとイタズラをしてみました。

左写真の左側は音の出口の開口部を半分塞いだもので、右側は完全に塞いで密閉型にしたものです。アンバランスな組合せですが、さほど違いがありません。
このユニットもFsが70Hzと低いところまで出るので、内容積が4リットルもあれば密閉してもそれなりの低域が出てきます。

MINIバックロードホーンの実験機に入れて印象が良かったので専用機をペアで作りました。
ユニットのスペックではBRホーン向きとは思えなかったのですが、これが予想外にマッチングが良いのです。

もともと良く出る低音がさらに増強されますし、能率の低さも補ってくれるようで活発な鳴り方をします。TL3424の地味で落ち着いた音に比べると派手なので好みが別れるところですね。
TL3424のほうがより低い音まで出ますが、BRホーンは中音部が良く出ます。
Dancing In The Dark Diana Krall