仙人のガレージセール


Page 24

8cmフルレンジ用汎用エンクロージャ・キット Mサイズ

2008/5 (2016/04更新)

約1年前からYahoo!オークションにエンクロージャ・キットを出品して販売してきました。
これは原板1枚をカットして作るので部材が数セット分切り出せるので、余分にできたものをできるだけ低価格で出品してきました。
最近はこのホームページから注文をいただくこともありますが、このような状況ですので、すべてのキットを在庫として持っているわけではありませんし、在庫を持つと種類が増えすぎて管理が大変になってきますので、寸法の近い箱を1種類にまとめることにしました。
上の写真は右からFostex FE87E、Fostex FF85K、PARC Audio DCU−F101W用のユニットメーカーの推奨箱です。
いずれも寸法が微妙に違うのですが、内容積は約4.5リットルですので、一番左側の無塗装のものにまとめることにしました。
この三種のユニットの他にTangBandのW3−593SG(SDから型番変更)を使ったフラット特性モデルもこの箱を使います。AURA SOUNDのNS3−193−8A、DIY AUDIOのSA/F80AMGなどにも使えます。
ユニット取付穴とダクトの径、長さを変えてユニットに対応すれば良いわけです。
この4.5リットルの内容量が8cmユニット用としては一般的なので、これを「Mサイズ・バスレフ・エンクロージャ」と呼ぶことにしました。
キットの写真
キット写真はFF85K用に穴を開けて短いダクトを付属させたものです。
取り付けるユニットによってユニット開口径とダクトの開口径が変わります。
キット内容明細
品名 寸法 数量 備考
バッフル 160*250mm 2枚 ユニット用とダクト用の穴を開けてあります。
裏板 160*250mm 2枚 無加工
側板 160*250mm 4枚 無加工。バッフル、裏板、側板はすべて同寸法です。
天地版 160*130mm 4枚 無加工
ダクト補助版 不定形 2個 塩ビ管を通してバッフルに接着する補助板です。
ダクト用塩ビ管 - 2個 使用ユニットによって径と長さが変わります。

総重量は約4.4kgです。
部材キット価格 \ 4,800-   MDF部材のみで吸音材は含まれません。
組立品価格   \6,800 -   キットを接着組立したものです。吸音材、ターミナルなどは含みません。
(送料は着払いです)
メーカー名 ユニット名 ダクト内径 ダクトの長さ 塩ビ管の長さ ダクトのfd
Fostex FE87E 44mm 47mm 32mm 100Hz
FF85K 44mm 45mm 30mm 115Hz
FE83E 44mm 100mm 85mm 88Hz
FE83E 44mm 100mm 85mm 88Hz
PARC Audio DCU−F101W 25mm 100mm 85mm 52Hz
DCU−F081PP 44mm 135mm 120mm 79Hz
DCU−F121W 31mm 100mm 85mm 67Hz
TangBand W3−593SD 44mm 135mm 120mm 77Hz
W3−582SC 44mm 135mm 120mm 79Hz
W3−1319SA 44mm 100mm 85mm 88Hz
AURA SOUND NS3−193−8A 30mm 135mm 120mm 55Hz
DIY AUDIO SA/F80AMG 44mm 135mm 120mm 77Hz
Foster FF−70EG 44mm 65mm 50mm 101Hz
Fountek FR88EX 31mm 100mm 85mm 67Hz
Dayton Audio RS100-4 31mm 100mm 85mm 67Hz
MarkAudio Alpair 5v2 31mm 90mm 75mm 68Hz
Alpair 6v2M 31mm 65mm 50mm 77Hz
ユニット別スペック比較
メーカー名 ユニット名 1個の価格 フレーム マグネット 重量 SPL F0(Fs) 再生周波数帯域
Fostex FE87E 3千円弱 スチール・ブレス 防磁型 300g 89dB 140Hz F0〜30kHz
Fostex FF85K 3千円弱 スチール・ブレス - 560g 88dB 125Hz F0〜32kHz
PARC Audio DCU−F101W 7千円強 アルミダイキャスト 防磁型 540g 82dB 68Hz F0〜20kHz
DCU−F121W
TangBand W3−593SD 3千円弱 アルミダイキャスト フェライト・防磁型 620g 86dB 110Hz F0〜20kHz
TangBand W3−582SC 2千円弱 アルミダイキャスト フェライト・防磁型 600g 86dB 100Hz F0〜18kHz
AURA SOUND NS3−193−8A 3千円強 スチール ネオジウム・防磁型 240g 80dB 80Hz F0〜15kHz
DIY AUDIO SA/F80AMG 5千円弱 アルミダイキャスト フェライト・防磁型 700g 84.3dB 89.3Hz F0〜22kHz
Fountek FR88EX 6千円 ダイキャスト ネオジウム 360g 84.4dB 95Hz F0〜32kHZ
SPL=出力音圧レベル
F0(Fs)=最低共振周波数
ユニット別のインプレッション
2008/4月現在、スピーカー・セレクターなどで5種類のスピーカーを切り替えて聴ける環境ですが、それぞれのスピーカーに個性があって機器比べると面白いですし、同じCDを色々な音で聴けるのは楽しいものです。
「どれがお勧め?」と聞かれることもありますので、一区切りとしてここに私の印象を書いておきます。

音の好みはひと様々ですし、ソースによって多少の向き不向きもありますから、あくまで私個人の好みによる評価にすぎませんし、それぞれのユニットには個性があるので、これはダメだった・・というものはほとんどありません(ダイトーボイスのAR-7DXだけが例外です)。
私が気に入っているものの順番に印象を書いてみます。
TangBand W3-593SD
スペック比較表に載せたユニットのなかで、なんとこれが一番低価格で、ペアで5千円ちょっとですが、他のユニットに負けない音を出してくれます。この価格でフレームはしっかりしたアルミダイキャスト、フェイズプラグもアルミ削り出しと、ルックスの良いユニットです。
購入当初は手持ちのいろいろな箱に入れて聞いたのですが、低域の良く出るユニットという印象でした。
その後、エンクロージャ設計支援ソフトspedでシミュレーションしてみて、FF85Kの推奨箱に入れるとフラットに特性になることがわかり、これに入れてみますと、それまでの低域指向のユニット・・という印象は箱のせいであることが分かりました。高音も良く出るユニットで、高音から低域までバランスの良いユニットです。
それまで聴いていたFostexに比べて湿り気のある響きに好感を感じました。
共鳴管型の箱に入れると少し変わった音になるのですが、共鳴管型にも合うユニットです。
バスレフも色々なサイズの箱に入れて、それなりに聴けてしまう面白さがあります。ローコストであること、造りが良いこと、嫌な音が出ないことなどで私のイチオシのユニットです。台湾メーカー恐るべし・・・。
Page 18の「フラット特性モデル」とPage 20の「共鳴管型」が私のお気に入りの箱です。
DIY AUDIO SA/F80AMG
このところ評判の良いユニットですね。製造元についてはほとんど情報がありませんが、これも台湾のメーカーらしい・・・。
これも手持ちの箱にいろいろ入れてみてから、TangBand用に作ったダブルバスレフの材料(背面スリットバスレフ)型を使って大きめのバスレフに入れて気に入ったので、作りやすさを優先して通常のパイプダクト型のエンクロージャを作りました。Page 19参照。
このユニットを使い始めた頃に、小学生の娘さんがピアニストを目指している知人に頼まれて、このユニットがピアノ曲の再生に適しているのではないかと思い、これで作ったところ大変好評でした。
繊細で耳障りではない高音と、大きめの箱の中でゆったりと響く低域で、クラシックの再生には適しているように感じます。反面、スピード感とパンチのあるソースなどは向かないかもしれません。
音のクオリティの点でベンチマークとなるユニットだと思います。聴いていて、この音はちょっと嫌だな・・と感じる音が出てきませんね。
AURA SOUND NS3-193-8A
PARC Audioのユニットと抱き合わせで買ってみたUSブランドで、こちらの方が気に入ってしまいました。
最初に購入したセットは1個4千円近いお値段でしたが、2セット目を買ったときは3千円ちょっとに値下げされてました。この価格帯になると俄然魅力的になります。
スペック比較表にあるとおり、一番軽い、造りが粗末なユニットなのであまり期待していませんでしたが、聴いて好きになったユニットです。
高音は15kHzまでで、最低共振周波数F0は80Hzと、低域に寄った特性です。能率(出力音圧レベル SPL)も80dBと能率が低いのですが、鳴らし込んで行くと通常のボリュームレベルでも充分鳴りますし、かなりのパワーを受け付けるユニットのようです。
コーンがアルミのためか少し硬質の音で、どちらかと言えばジャズなどに適したユニットかと思うのですが、クラシックを鳴らしても悪くないです。

格別推奨箱というものも無いので、同時に購入したPARC Audioの小型の箱に入れてみましたところ、2.3リットル程度の小さな箱でもかなりの低域を出してくれるのでびっくりしました。低域寄りといっても高音もそれなりに出ますし、高音で耳が疲れることはありません。

箱に外付けしても使えるのですが、外観がチープなので推奨されているように内付けとして使っています。フレームまわりの共振を避けるためにもこのほうが良いみたいです。
4.5リットル・クラスの箱に入れるとさらにゆったりとした響きの低域になりますので、このMサイズの箱でも良いのですが、箱のルックスの面白さを考えてキューブ型の箱を作りました。単純に比較しますと大きな箱の方が良いのですが、これは直接比較してみないと分からない程度の違いで、キューブ型を作ったあとでもSサイズ?の箱を飽きずに聴いていますから、小さいなりの魅力はありますね。
なによりも、こんなに小さな箱からこれだけの音が出てくるものか・・と感心します。Page 22 参照。
Fostex FF85K
Fostexの8cmユニットでスピーカーを作り始めてから最初に衝撃を受けたのがこのユニットでした。
再生周波数帯域と出力音圧レベルSPLがすべてを物語っているようで、良く出る高域と能率の良さ、元気の良さが特徴です。
音の輪廓がくっきりとシャープです。高音が良く出るため相対的に低域が少し地味ですが、決して出ない訳ではない。
でも、ダクトを長くして無理に低域を出そうとするより、ほどほどに押さえてパワーで出す方がこのユニットには合っているようですので、私は3種類あるメーカー推奨箱の中では一番fdの高いものが気に入っています。
快活でめりはりの強い音なので、どちらかというとジャズなどに向いていると思います。ドラムのシンバルの音が鮮明に出ます。
スピード感がある反面、響きとか音の重さには欠けているようで、例えば共鳴管型などに入れてもあまり良い結果にはなりませんでした。
高音が良く出るということは、反面、ソースによっては耳障りな音、音が出すぎるように感じることもあります。
良くも悪しくも、これがこのユニットの個性と言えます。DIY AUDIOやAURA SOUNDの対極にあるユニットです。Page 5参照。
PARC Audio DCU-F101W
ウッドコーン、ブロンズ色のアルミフェイズプラグ、10cmクラスの大きさの結晶塗装されたアルミダイキャスト・フレーム、ズシリとした重量、8cmの中では一番高価・・・ということで期待値が高かったためか、期待値に届いてないように感じます。
製造上のバラツキがあるのか、最初に購入したものが不良品だったので印象が悪くなってしまいました。かなり長い時間鳴らさないと本当の音が出てこないユニットなのかもしれませんね。
高音が少し耳障りに聞こえるときがありますし、低音もここまで出さなくてもいいのに・・・と感じます。
何種類かのユニットと切り替えて聴いてみて、突出したものが感じられない。これで価格改訂で1個単価が7千円を越えてしまうと、ごく一部のマニア以外には手のでないユニットになってしまうのではないかと心配になります。
同時に購入したAURAが、多少の欠点はあるものの強い個性と音楽性を持っていたので、タイミングが悪かったのかもしれないですね。
これから先、印象や評価が変わるかもしれません。
PARC Audio DCU-F121W
その他のユニット
Fostexの8cmユニットについては Page 17 にまとめてありますが、地味な存在ながらFE87Eが意外と良いです。
それから、スピーカーを自作するときはどうしても良い音を・・・と考えてそこそこのお値段のものを選んでしまいがちですけど、低価格のユニットを数組用意して様々な箱に入れて聴き比べる楽しみ方もあります。ダイトーボイスのAR-7やFosterのFF70EGは低価格品としては侮れない音を出してくれます。もちろんお値段なりではありますが、えてして低価格ユニットはローコストな箱に入れられがちですけど、自作の場合は箱のコストは同じなので、ある意味贅沢な箱に入ることになります。
FF70EGはユニットのスペックが不明のためFosterの類似品のデータを使用した参考値です。
しばらく聴いていなかったFoster FF70EG(スリムバスレフ箱入り)を聴き直してみると、その音の良さに驚きました。
1個がわずか千円ちょっとのユニットですが、4千円とか5千円オーバーのユニットとの差はさほど大きくないというのは驚くべきことか?
Vifa NE95W-04  Peerless930986
この二つのユニットはユーザーさんの指定で作ったものの特性図です。
Dayton Audio RS100-4
TangBand W3-1319SA & W3-582SC
MarkAudio Alpair 5v2 (2015/12)
MarkAudio Alpair 6v2M (2016/04)
Don't Explain Dexter Gordon