仙人のガレージセール


Page 32

8〜10cmフルレンジ用汎用エンクロージャ・キット Lサイズ

2009/4 (2015/10更新)

内容積4.6リットルのMサイズ・バスレフエンクロージャよりも少し大きなLサイズ・バスレフ・エンクロージャのキットです。
外寸は180W×280H×210D(mm)で、内容積は6.7リットルです。
この内容積はPage 29の「スリムバスレフH360」とほぼ同じですので、使用可能なユニットも共通です。
これはPage 13のFostex FE83Eの推奨バスレフをベースにしてわずかにアレンジしたものです。また、FE103Eの推奨バスレフも同一寸法なので、10cmフルレンジ用としても使えます。
仮組みして大きさの比較をしてみました。

左がFE83Eの推奨箱そのものですが、これに比較して幅が1cm狭く、高さは2cm低く、奥行きは2cm長くなります。

右は4.6lリットルのMサイズ・バスレフエンクロージャです。
キットの写真
キット写真はFE83E用に穴を開けて短いダクトを付属させたものです。
取り付けるユニットによってユニット開口径とダクトの開口径、長さが変わります。
キット内容明細
品名 寸法 数量 備考
バッフル 180*280mm 2枚 ユニット用とダクト用の穴を開けてあります。
裏板 180*280mm 2枚 無加工
側板 180*280mm 4枚 無加工。バッフル、裏板、側板はすべて同寸法です。
天地版 180*150mm 4枚 無加工
ダクト補助版 不定形 2個 塩ビ管を通してバッフルに接着する補助板です。
ダクト用塩ビ管 - 2個 使用ユニットによって径と長さが変わります。

総重量は約5.4kgです。
部材キット価格 \ 5,500-   MDF部材のみで吸音材は含まれません。
組立品価格   \7,500 -   キットを接着組立したものです。吸音材、ターミナルなどは含みません。
(送料は着払いです)
使用できるユニット
8cmユニットはPage 29の「スリムバスレフH360」で使用可能なユニットとまったく同一です。周波数特性図も変わりません。
ユニット名 フレーム マグネット コーン 重量 SPL 再生周波数 開口径 ネジ穴径 外寸 ダクトサイズ fd
Fostex FE83En プレス フェライト パルプ 350g 88dB 165Hz-30kHz 72φ 86φ 83mm 44φ*65mm 91Hz
Fostex FE103E プレス フェライト パルプ 630g 89dB 80Hz-20kHz 93φ 115φ 107mm 44φ*65mm 91Hz
Fostex FE103En 580g 89dB 83Hz-22kHz - - -
Fostex FE107E プレス フェライト パルプ 550g 90dB 80Hz-22kHz 91Hz
Fostex FF105WK 800g 88dB 75Hz-25kHz - - 44φ*100mm 72Hz
-
Dayton RS100S-8 ダイキャスト 防磁 アルミ - 83.3dB 85Hz-20kHz 78φ 90φ 98φ 44φ*135mm 67Hz
AURA NS4-255-8F スチール ネオジウム アルミ 384g 83dB 60Hz-10kHz 96φ? 115φ 105mm 31φ*65mm 66Hz
PARC DCU-F121W ダイキャスト 防磁 ウッド 1160g 86.5dB 72.4Hz-15kHz 100φ 115φ 124.5φ 44φ*135mm 67Hz
MarkAudio-Alpair7v3 樹脂 フェライト アルミマグネシウム 750g 70.9dB 70.9Hz-32kHz 103φ 112φ 130mm
-
TB W4-1052SD ダイキャスト ネオジウム PPコーン 620g 89dB 75Hz-20kHz 95φ 108φ 116φ 44φ*135mm 67Hz
TB W4-1337SA ダイキャスト ネオジウム チタン 620g 87dB 70Hz-20kHz 96φ 115φ 125.5φ 44φ*135mm 67Hz
TB W4-927SC - 防磁 PPコーン 370g 89sB 70Hz-18kHz 96φ 115φ 125.5φ 44φ*135mm 67Hz
TB W4-930SG ダイキャスト 防磁 ペーパー 370g 89dB 70Hz-20kHz 96φ 115φ 125.5φ 44φ*135mm 67Hz
TB W4-1320SD ダイキャスト ネオジウム 竹繊維 620g 89dB 75Hz-20kHz 96φ 115φ 125.5φ 44φ*85mm 82Hz
-
Pioneer PE-101A ダイキャスト - - 1000g 90.5dB 80Hz-20kHz 111φ 124φ 120mm - -
ScanSpeak
 10F/8424G00
? ネオジウム グラスファイバー 300g 90Hz 90Hz-20kHz 78φ 89.5φ 97.5φ 44φ*65mm 84Hz
Fostexの10cmフルレンジを使った場合の特性図です。
ユニットのスペックが公開されているTangBandの10cmユニットのいくつかを入れた場合のシミュレーションです。
左の1052SDはPPコーン+ネオジウム。

右の1337SAはチタンコーン+ネオジウム防磁です。
左の927SCはPPコーン。
右の930SGはペーパーコーンです。
(2015/04/27)
改造製作品
Lサイズ・キットの部材を加工して使ったドロンコーン用エンクロージャの組立品です。
バッフルは180mmの正方形。
裏板にはパッシブ・ラジエーターが付きます。
スピーカー・グリル
部屋に置く自作スピーカーの数が増えてくると、箱を移動するときに角をぶつけてユニットを痛める可能性が出てきたので、高価なユニットにはグリルを付けることにしました。
Fostexにはネジでユニットに共締めする専用のグリルがあるのですが、付け方によっては共振の原因になったりします。

市販品では汎用のグリルもあるようですが、それなりのお値段はしますので百円ショップで使えそうなものを物色して、右写真のキッチン用品、「麺揚げ」と「カス揚げ」の三種類を買ってきました。
簡素な造りで取手のステンレス線は溶接してあるわけでもなく、ただ折り曲げてあるだけなので、カットして取り外してしまえばグリルとして使えます。

一番大きなサイズのはPioneerのPE−101Aにぴったりでした。
粘着式の小さなクッション材を挟んでネジ止めしました。
ラッカースプレーで手軽に塗装しただけでもずいぶんルックスが良くなります。

中型のサイズは8cmユニットしては大きめのフレームを持つPARC AudioのDCU−F101Aにピタリと合いました。

こちらはゴム製の小さなグロメットをクッション材にしてネジ止めしました。
ネジ穴の位置で出自が分かりますが(。。;)ゞ

一番小さなものはFountekのFR88EXに付けました。
こちらはさすがに曲面が浅いのでゲタを履かせて取り付けないとユニットに触れてしまいます。

電材用品のアルミ製のスリーブが手頃だったので左図のように取り付けました。
見た目も悪くないです。
Ralgo -Chopin Thomas Harden Trio