仙人のガレージセール

Page 14

共鳴管型スピーカー


2007/10

スピーカー自作を始めてからちょうど一年になりました。
このオーディオ関係の最初のページにあるように、最初に作ったのはFostex の8cmフルレンジFE-87Eでした。
8cm、10cm、12cmのユニットを購入して作ってみて、8cmの魅力に取り憑かれて、この一年間、8cmのスピーカーばかり作ってきましたが、共鳴管というタイプはまだだったので作ってみました。
前ページのFE-83E推奨バスレフを作ったのをきっかけにして、ふたたびFostexのベーシックなユニットに戻ってきました。
完成写真
廃材の12mm厚ラワン合板を使ったので制作費は0円でした。
ボロ隠しに着色塗装をしたあと、FF70EGのトールボーイ型と並べて撮った写真が左です。
高さ60cm弱でトールボーイ型です。

このエンクロージャの設計は下記のホームページの方です。

VIC's D.I.Y. 1歩進んだ日曜大工

オーディオだけではなく日曜大工工作のハウツウを緻密に解説した優れたホームページです。
また、製作された作品の工作レベルの高さはアマチュアのレベルを越えています。
オーディオ関係にも深い知識をもってらっしゃるので、大変参考になります。

今回作った左の写真を見ると気が付かれると思いますが、開口部の大きさが違います。
オリジナルの設計は右側で、開口部の一部をバッフルでカバーしています。左側のはそのカバーをカットして、音道そのままのサイズで開いてます。
内部構造
箱の内部は下の写真のようになってます。音道の幅は9cm、奥行きは6cmのストレートパイプを折り曲げています。
共振周波数は75Hz前後ということです。
ダクトの出口を半分位塞いでいるのは、奇数の高調波?を防ぐためらしいのですが、フルオープンにしてもほとんど違いは分かりませんでした。吸音材はユニット取付け部下の袋状になった部分に水槽用フィルターやグラスウールを入れてみました。
組み立て中の写真
側板にパーツを接着してから最後の側板を接着する構造のため、あとから内部をいじることはできないので、クランプ類で仮止め固定して試聴しているところです。

Fostexの8cmユニットは高音が30kHzまで出て、かなり高音寄りだと思うのですが、この共鳴管型の場合、中低域が膨らむためか、時には耳障りにも聞こえる高音が相対的に抑えぎみになってレンジが拡がったように聞えます。

このユニットの基本的な性格、明るく軽い音には変わりはありませんので、例えばTangBandのユニットが出すような湿った響きというものはありませんが、これはこれで魅力的な音だと思います。

基本的にはバスレフの音が好きな私も、この共鳴管型の出す音には魅力を感じます。
FE-87Eというユニット、83Eを防磁型にしただけで、少し非力なので存在理由がよく分からなかったのですが、非力な分だけ高音部に荒さが少ないと言う点でそれなりのメリットはあるようです。
高音の繊細さ、指向性が強いので音の定位が良いなど、魅力のあるユニットなのでした。
ちなみに、この左の写真では片方にFE-83Eが入っていますが、音の違いはほとんど分かりませんでした。
83E推奨バスレフとの比較
前ページのFE-83Eバスレフ推奨箱との比較では、83Eに切り替えると高音寄りにシフトします。逆に共鳴管に切り替えると低域寄りにシフトします。音に響きがあるのは83Eバスレフの方で、共鳴管は少し薄い音になります。
これはどちらが良いということではなくて、一長一短があるということです。両方同時に鳴らすと補いあってなかなかの迫力になります。
長時間聴くのなら音の柔らかさという点で共鳴管の方が良いですけど。
TangBand W3-593SDを入れる
写真の左側は制作中の3本目。ユニット取り付け穴を3mm大きくしてTangBandのユニットが入るようにしただけで、それ以外は全く同一。

軽く乾いた音の87Eに比べると、湿り気があり響きの良いW3-593SDもとても相性がよい。
ヴォーカルなどはより肉声に近い、というか生々しく聞えます。

この比較も、どちらが良いというより好みの問題で、TangBandを聴いたら87Eが聴けなくなるというものではありません。
同じ箱でFostexとTangBandの比較は面白いので、結局TangBandの方もペアにしました。
後から作った右側のニス塗りのは板厚15mmのMDFで作りました。
視覚的にも安定感はありますし、重量もあって質感的にはこちらの方がいいですね。
音につきましては、12mmのベニヤとさほど違いは感じられません。

音の線の太さ、響きではTangBandのSD-593SDの方がいいのですが、FE-87Eの繊細で輪廓が精密な音も捨てがたいものがあります。
二組4本の共鳴管のあいだにFF-70EGのトールボーイ型を入れて聴き比べてみました。

70EGは細かいことを言えば欠点もある低価格ユニットですが、全体としては不思議な魅力を持っていることを再確認しました。
弱点と思うのは高音部で時々妙な音の濁りを感じることで、これもユニットが原因なのか取り付けに問題があるのか、まだ分かりませんけど、中低域が意外と良く出ます。能率が低いので良く出るというのもヘンですが、不思議な響きがあります。

あれこれ仕事をしながら、鳴っているこのユニットに耳が行ったりすると、こんな良い音だったのか、とその音にびっくりしたりします。これはあくまで私の個人的な好みで、良い音というより好みの音、好みの鳴り方とでも言うべきものでしょうか。

それから、このサイズ程度の共鳴管では、増強される低域も限度があるのか、バスレフでも充分な低域はでるかな?と感じます。
実際、70EGを使ったトールボーイは侮れない低域を出してくれますから。
その後
折に触れて聴き比べています。この共鳴管というタイプのエンクロージャはユニットによって設計を変える部分は無くて、単純に箱の共振周波数で低音を膨らませるという性格から、いろいろなユニットを入れて音色を楽しめる面白さがあることが分かりました。

シンプルなバスレフ以外のいろいろな構造の箱の中では、共鳴管の音はどちらかというバックロードホーンに似たところがあるようです。
ダブルバスレフのようにユニットに負荷がかかった音ではなく、負荷が無くなった、少なくなったような乾いた音が出るときがあります。これは87Eなどで感じますがTangBandでは感じません。

あくまでバスレフの音が基準ですが、そのユニットのバリエーションとして共鳴管は面白い箱です。
FE-87Eなどは、バスレフとはずいぶん異なった音になります。特に共鳴する低域の音が豊かになるのは確かですし、そのために失われるものはわずかです。
Fostexのユニットが高音寄りで少し不満に思うひとには、この共鳴管は聴く価値はあると思います。
バスレフを越えるものとは思えませんが、それぞれのユニットのアナザー・バージョンとして比較して聴くのは面白いですね。
それから、単純に言ってTangBandのW3-593SDやDIY AUDIOのSA/F80AMGなど低域の良く出るユニットを使った方が響きの良い音になるのですが、これらのユニットはバスレフでも出ますから、あえて共鳴管を使う理由は無いとも言えます。むしろFostexの87Eのような非力なユニットを使う方が個性的な、バスレフとは一味違う鳴り方を楽しめます。
60Hzバージョン
高さを580mmから700mmに伸ばしたバージョンを作ってみました。
音道の長さは1.1mから1.4mに、共鳴周波数は75Hzから60Hzに下がります。
52Hzバージョン
60Hzバージョンよりさらに10cm背を高くすると共鳴周波数は52Hzになります。
背が高くなってくると少し不安定になってくるので、差し込み式の台座を作りました。
さらに同じように差し込み式の天板を作ると、スピーカースタンドにもなります。
これらはすべて廃材や端材で作りました。スピーカー本体と接する部分にはカーペットを入れてあります。
Chopin Nocturne No.20   Fujiko Hemming