仙人のガレージセール


Page 20

8cmフルレンジ用共鳴管型エンクロージャ・キット
(TangBand W3-593SD、Fostex FF85K、DIY AUDIO SA/F80AMGなどが取付可能)

2007/12 (2015/04更新)

このところ共鳴管型が気に入ったので、いろいろサイズを変えて作っているのですが、このオリジナルの75Hz版でも充分な低域が出るので、組立品として作ってみました。
シンプルな構造のバスレフと違って、内側に仕切板が入るので部材の寸法精度も、組み立ての精度も要求されます。
箱の外寸は高さ580mm、幅120mm、奥行き160mmです。

スピーカー取付穴は74φですので、Fostexの8cmフルレンジはすべて入りますし、TangBandのW3−593SDやDIY AUDIOのSA/F80AMGなども入ります。取付ネジ穴も共用できるので、入れ替えて楽しめます。
ユニットの特性に左右されないらしいのが共鳴管型の面白いところですね。
低域が良く出ますが、中高音が犠牲にならないようです。レンジが拡がりますので、全体としては小型バスレフに比べると低域にシフトした音になります。
キット明細
★エンクロージャとしては特殊な構造ですので、キットは常時在庫してません。
受注後にカット製作しますのでおおよそ1週間は要します。
部材名 数量 備考
側板 4枚 無加工
バッフル 2枚 穴あけ加工済み
裏板 2枚 ターミナル穴無し
天板 2枚 無加工
地板 2枚 無加工
中仕切小 2枚 無加工
中仕切大 2枚 無加工
 ★注意点★
 エンクロージャ背後のターミナルとユニットを繋ぐコードは中仕切板を乗り越えますので、この部分にファストン端子などを使う場合、仕切板に触れて異音、音の濁り、共振が出る場合がありますので、端子は吸音材の部分に乗せたりとか、クッション材を巻くなどの対策が必要になることもあります。
部材キット価格 ¥6,000-   MDF部材のみで吸音材は含まれません。
組立品価格   \9,000−  キットを接着組立したもので、仕上げ処理無し無塗装、吸音材入りです。
(送料は着払いです)
全体の重量は約6.5kgです。
組立の手順
両側の側板でバッフルや天地版、裏板を挟む構造です。組立にはいくつかの方法が考えられますが、挟まれる板が均一に、側板との間に隙間ができないように組み立てる手順が以下の通りです。
側板の片側を下に敷いてますが、まだ接着はしていません。側板ではなく平らな台の上でもいいのですが、一応ガイドとして側板を敷いてます。
フロントバッフル板に天板と中仕切板の小を接着しています。
手前に置いた中仕切板の大には吸音材をガンタッカーで止めておきます。吸音材は後から入れても良いのですが、固定が難しくなります。固定しなくてもいいのですけど。
中仕切板の大、裏板、底板を接着しているところです。写真では見えませんが音道の幅を正確にするためスペーサーを入れてあります。
音道の幅を優先するか、外観を優先するか・・・分かれるところです。
この状態で一晩放置して接着剤を完全に硬化させます。
一晩置いて硬化させるとこれだけ強度が出ます。
リンク画像がありますが、この状態で立てても大丈夫です。

しかし、このようにすべてを接着してしまうよりも、@とAの二つのブロックを接着したあとにそれぞれ側板に接着した方が良いのかもしれません。
上の組立法の他に、3分割して接着してから側板に接着する方法も考えました。これは二枚の板を直角に接着してから側板に接着して行く方法で、この方が外観上の精度は高いかもしれません。
側板に接着する順番は@ABと言う順番ですが、Bのブロックを接着するときは重しを使って側板に押しつけないと、ツライチにならない可能性がありますが、たぶんこれが一番安全な組立法かもしれませんね。
フロントバッフルと天板だけは、はみ出した接着剤が付かないようにマスキングテープで保護してから側板1枚を接着します。
片側だけ接着が終わった状態です。
反対側もこのように接着します。
仕上げ処理はしていませんが、これが組立完成の状態です。

ユーザー製作例です。
Sphere  Mariko Takahashi