仙人のガレージセール


Page 53

HiWave HIBM65C20F-8 平面振動板スピーカー
&
TangBand W3-315E

2013/08

久しぶりにユニットを二種類購入しました。
そのなかのひとつがこれHiWaveという製造元の平面振動板を使ったユニットです。
聞いたことがない製造元ですが、調べてみると英国のブランドのようで香港に拠点をもっていますから、製造は中国に間違いないですね。
そのためかお値段が異様に安く、ペアでも3千円を少しはみ出る程度ですけど、届いた現物はとても造りが良かった。
フレームは樹脂の成形品でMARKAUDIOの製品みたい。
平面振動板はハニカム構造のパルプ製。エッジはしっかりしたゴムで、マグネットもかなり大きく重いです。

再生周波数帯域 80Hz〜20,000Hz
バッフル開口径 83mm
重量 685g
パッケージは箱ではなくダンボールとエアキャップを使った簡素なものでしたが、これで充分。
8cm用としては標準的な容量のスリムバスレフH320実験機に入れてみました。
他の8cmユニットと比べてフレームが大きくてかなり立派で、12cm幅の箱にほとんどギリギリ納まります。
鳴らしているとだんだん良くなってきて、ユニット価格からあまり期待していなかった音もかなりイケテルのじゃないかと感じました。
振動板が平面だから特に音がどうと言うことは無いのだけど、ごく普通に聴けます。
上の写真のH320実験機のダクト長は135mmではなく65mmでしたので左の特性図のようになります。

ダクト長の違いによる音の差は厳密な比較はできませんが、さほどはっきりとした違いは無いように感じました。
小さなバッフル板だけ作れば良いので塩ビ管スピーカーに入れてみました。
パイプの長さは3種類作ってあるのですが、一番背が高い1mのものに入れたのですが、鳴らし始めてあたりが出てきたのかこちらの方が良い。

クラシックをかけてみると、クラシックの方が似合うように感じました。
この塩ビ管はパイプ下部が開放の共鳴管なのですが、このあと高さが半分でパイプ下部を絞ってダクトのようにしたのに付け替えて聴きました。
こちらはさらに良くなりました。
□ 2013/8/28
塩ビ管に入れてみたところで、次のページのScanSpeak 5cmユニットが飛び込んできてしまったので、そちらにかかりっきりになってしまいましたが、一段落してきたので、また8cmユニットに戻ってきました。
□ 2013/9/13
スピーカー工作を始めたばかりの頃に廃材で作った大きめの箱があったのでこれに入れてみました。
箱の大きさはLサイズバスレフとほぼ同じで内容積は7リットル弱、特性図は下の図の通りですが、今のところこの箱がベストマッチのようです。

このユニットは8cmとは呼ばれていても10cmに近いパワーを持っているようなので、大きめの箱に入れてやるとさらに低域がよくでます。
全体としては伸びやかな鳴り方をするようになって、改めてこのユニットを見直しました。
TangBand W3-315E
HiWaveと一緒に買って置いたのはTangBandのW3−315Eです。
同じ315シリーズにはW3−315SEというのがありますがこれが防磁型なのに対して315Eは非防磁型のフェライトマグネットが使われています。
コーンはアルミマグネシウム合金でフレームはTangBandらしく精密なダイキャストです。

75φの開口径やユニット取り付けねじ穴の位置はW3−593SDとまったく同一なのでこれ用の既存の箱がそのまま使えます。
↓は防磁型593SDと並べて撮ってみたものです。
とりあえずは空いている箱に入れてみました。
左は共鳴管型、右はスリムH360とSサイズバスレフの箱です。

どの箱に入れても良く出来たユニットはそれなりに良い音で鳴ってくれるものですが、意外とSサイズが良いのではないかと感じました。

SPED.exeで調べてみたのが下の特性図です。
長いダクトを付けたスリムH360ですと、やはり低域を欲張りすぎているようです。ダクトの長さを半分くらいにした方が良いのだろうと思います。
このところ次ページで取り上げたScanSpeakの5cmユニットに入れ込んでいたので、久しぶりに聴く8cmユニットはナチュラルでとても良いです。
低域が数値以上に余裕があります。
これは必ずしも5cmなどの小径ユニットがダメということではなくて、世界が別といった感じです。
小径ユニットにはそれにしかない高音中心の音の世界があるので、8cmユニットとの切替比較では違いはあるものの、それだけを聞き続けているとそれなりに満足できるものがあるのは確かです。
スリムバスレフH360の場合は左図のようにダクト長を65ミリに短くした方が良いようです。
ユニットの最低共振周波数が100Hzなので、そこからあまり離れない83Hzあたりが限界では無いかと想像しています。
出力音圧レベル 再生周波数帯域 総重量
HiWave 81dB 80Hz〜20kHz 685g
W3-315E 87dB 100Hz〜20kHz 510g
W3-593SD 86dB 110Hz〜20kHz 620g
今回買ってみた二つの8cmユニットですが、どちらもスピーカー工作の素材として魅力はあると思います。
上にいくつかのスペックの比較を表にしてみましたが、ある程度は個性が出ています。
HiWaveは能率が低く、振動板の面積も8cmとしては大きめなので最低共振周波数が80Hzと低いです。これは実際に聴いてみても低域が良く出ていて全体としてはTangBandのより低域寄りの柔らかい音です。
TangBandと比較するとややマイルドで音の輪廓がさほどくっきりはしていません。コーンの材質の違いなどもあるのでしょうか。

ボリュームを同じのまま切り替えて聴きますとW3−315Eは活気があって音の輪廓、メリハリもはっきりしています。
箱の大きさなども違うので、同じ条件での比較ではないのですが、ある意味TangBandの方が分かりやすく、良い音と感じるひとが大半ではないかと思います。

これはあくまでも切り替えて聴いた場合の印象で、HiWaveを単体で聴いていると、実はどちらのユニットが鳴っているのか分からなくなったりします。
W3−315EはSA/F80AMGと比較してみたいと思うのですが、たぶん遜色ないものではないかと思っています。
SADE  Flow