仙人のガレージセール

Page 30

Fountek FR88EX

2009/1

まだ知名度は高くないものの、一部のマニアに注目されているFountekのユニットFF88EXを買ってみました。
マッチドペアの入った粗末な外箱にはProudly made in Chinaと書かれています。
スペックは下のユニット・データの通りで、メタルコーンとネオジウムが特徴です。
到着したユニットの外観はTangBandのものほど丁寧な仕上げではありません。細かいところにわずかな粗さを感じました。
それから、このユニットには取り付けネジが付属しませんが、開口穴とネジ穴が接近しているため取り付けには注意を要します。あまり太くて長い木ネジは使用しない方が良いようです。
ユニット・データ
フレーム材質 ダイキャスト Vas 1.269L
コーン材質 アルミニウム Qms 1.960
エッジ ゴム Qes 0.622
マグネット ネオジウム Qts 0.472
インピーダンス 8Ω X−mas 3mm
音圧レベル 84.4db - -
再生周波数帯域 95−32000Hz - -
最低共振周波数Fo 95Hz 開口穴 74mm(72mm+切り欠)


エンクロージャ別周波数特性図
とりあえずsped.exeでシミュレーションしてみましたが、左図のように、内容積の大きなスリムバスレフH360に入れるとほぼフラットな特性になるようなので、最終的にはこの箱に収まりそうですが、下の特性図のように、小さな箱に入れても良いかもしれません。
ユニット開口径
購入した販売店のHPでは開口穴は75φとなっているのですが、ユニット取り付けネジ穴は81φ。従ってネジ穴の中心と開口穴の距離はわずか3mmしかありません。
ユニットの図面を見ますと73φが最小ですから、73φか74φの方が良いと思われます。73φでも距離は4mm程度です。
また、開口穴を小さくするとユニットターミナルが開口部に干渉する恐れがありますから切り欠きが必要になるかもしれません。

・・・・ということでFostex FF85Kのバッフルに入れてみたのが下の3枚の写真です。
ユニット取り付けネジ穴はFF85K用のが開けてあるだけです。
開口径が72φなのでフレームのステーの部分を削ってやればぴったり納まります。
切り欠は角型フレームのFF85Kと違って丸型のFountekは余裕があるので、切り欠の幅は広く取ってもはみ出すことはありませんし、取り付け取り付け角度の微調整のためにもそのほうがメリットがあります。

合わせ作業になるので手間はかかりますが、ユニットはぴったりハマって動きませんし、ネジ穴と開口部との距離も4〜5mm取れます。
開口径が73φでも74φでも良いのですが、ユニット・ターミナル部の逃げは必要になりそうです。
幸いなことにMDFはカッターやヤスリなどでの加工が簡単ですから、この取り付け方が良いと思います。
75φですと余裕で入るのですがネジ穴と開口穴のクリアランスがタイトになりますし、バランス良く位置決めするのに苦労しそうです。

素材としてラワン合板を使う場合は天然繊維なのでユニット取り付けネジのねじ込みには有利ですが、繊維が無いMDFの場合、無理にねじこんたリしますとネジ穴が開口穴方向に破損する可能性もあると思います。
トールボーイ型に入れてみる
ユニットやダクトが交換できるトールボーイ型の実験機に入れてみました。
左側のはサイドスリットで密閉型ではありません。
さすがにお値段なりの価値のあるユニットです。低域の再生能力は高いですね。8cmフルレンジとしてはここまで出れば充分。
高音が32KHzと高いので耳障りではないか?と心配だったのですが、杞憂でした。
確かにソースがうるさい場合は耳障りですけど、いかにもメタルコーンらしいというのか、輪廓のクッキリとした少し硬めの高音です。
特にソースを選ばないようで、ジャズもクラシックもOKです。

上の写真の状態で聴いているので、左右が完全に同一の箱ではないので正確な比較はできませんが、ダクトの径や長さを変えてもそれほど大きな違いは感じません。
設計ソフトspedでいろいろシミュレーションしてみたのですが、細いダクトを使った両極端のケースを下にあげておきます。
fdが大きく違いますが、実際に聴いてこれだけの違いがあるのかどうかは、やってみないと分かりません。
右図の方が理想的ではあるのですが、実際に聴いた感覚は理論とは少し違いますから、左がダメとも言いきれない。

かなり古い音楽ですが、ベース奏者ポール・チェンバースがメインのカルテットの曲を2曲ほど、コントロールCDに入れてあります。
一曲はウッドベースを弦で弾いていて、もう一曲は指で弾いています。普段はマイクから離れたところで演奏されるベースですが、チェンバースのベースがメインなのでマイクの近くで演奏しています。
なので、かなりの低音が入っていて、8cmユニットではさすがに音を上げるのですが、このFountekはビビりません。

今現在、スピーカー・セレクターに繋がっているスピーカーは左写真の4セットです。
Fountek以外では、スリム型に入ったAirWaveの6cm、セミトール型のFosterのFF70EG、そしてキューブ型に入ったダイトーボイスのAR−7です。

それぞれ個性的な鳴り方で面白いのですが、意外とAR−7が健闘しています。
さすがにFountekほどの重みは無いのですが、価格が1/5であることを考えると立派なものです。

AirWaveが出す高音は他のユニットからは出てこないものです。
FF70EGは低域寄りのマイルドな音で、長い時間聴いても疲れない音と言えます。

トールボーイ型は内容積が4.7リットルとMサイズ・バスレフとほぼ同じです。
場所を取らないフロア型としては存在価値があるので、実験機をもう一個作りました。まだ未塗装です。

これで同じ条件でダクトを付け替えて聴き比べができるようになりました。
キューブ型に入れてみる
内容積がトールボーイ型とほぼ同じ4.8リットル前後のキューブ型190mmの実験機に入れてみました。
ダクトの径は44φと大きくてfd、特性図は右の図のようになります。

ほぼフラットな特性のトールボーイ型fd70Hzと組み合せて聴いているのですが、これはかなり違いがあります。
軽く快活な音になります。
ダクトの径が大きくなるとコーンに対してダンピングが効かなくなるようで、コーンの動きが目立って激しくなります。
これはどちらが好ましいか・・難しいところです。
汎用スリムバスレフH360に入れてみる
本命と思われるスリムバスレフH360の箱に入れてみました。写真左上の茶色のです。
やはりこれがベストのような感じがします。
この7リットルの箱で本領発揮するのは、DIY AudioのSA/F80AMG、Vifa、などF0が低くパワーのあるユニットです。

バッハのリュート曲のような弦楽器の解像度は高いです。ピアノ曲ではとくに高音部に金属的な響きを感じます。
DIY Audioと甲乙付け難いレベルと言えます。
やっと専用の箱を1個だけ作りました。
写真中央のがそれです。まだ組み立てたばかりなので仕上げも塗装もしていませんが、とりあえずユニットを取り付けて聴いてみました。
やはりこの7リットルの箱は低域が良く出るのでユニットの持ち味を引き出してくれます。
fdは66Hzです。
左の共鳴管型の共振周波数は75Hz。
久しぶりに持ち出してきたFE83Eを使ったダブルバスレフのfdは67Hz近辺です。
このダブルバスレフはユニットのサイズに比べると異様に大きな箱ですが、さすがにメーカーの推奨箱なので低域が良く出ます。
高音指向が強くて少しうるさいとも感じるFE83Eからこれだけの低域を出すのはすごいです。

やっと1個だけですが塗装済みの完成品ができました。
ウレタンニスのブラックを塗ったのですが、うまく塗れたとは言えないデキです。
それでも光沢はそこそこあります。
2009/03

やっとペアになりました。
共鳴管型に入れてみる
FostexのFE87Eが入っていた共鳴管型の箱に入れてみました。
開口径は72mmなのですが、ほんの少し加工すれば入りましたが、これでも開口穴とネジ穴の距離は4〜5mmしか取れないので取り付けの難しいユニットです。
Fostex用のネジ穴と接近するので45度回転させて取り付けました。

左写真の中央がFountek、左側がTangBand、右側はFostex FE87Eです。
Fostexはもともと高音指向が強くて低域があまり出ないので共鳴管には向かないですね。

TangBandが入っている箱はMDF15mmで、右のふたつは12mmのラワン合板です。
なので完全に同一条件とは言えないのですが、TangBandとFountekはほぼ同じレベルです。切り替えて聴いていると、どちらがなっているのか区別がつかなくなります。
これは価格の安いTangBandが健闘しているということでしょう。
どちらのユニットを使うにしても、ジャズに向いた箱と言えるようです。
ついでなので高さ80cmの共鳴管型の試作機に入れてみました。
右の背が低いものが高さ56cmでTangBandのW3−593SDを入れてあります。
背が高い80cmのは共鳴周波数が52Hzですが、Fountekはそこそこ鳴ってくれます。TangBandではちょっと意味がなかったように記憶しています。

ここでも右側のTangBandと比較してみましたが、TangBandで充分というか、さほど劣らないところをみると、このTangBandのユニットと共鳴管の相性はとても良いようです。

バスレフ以外の手の込んだ構造の箱のなかでは、この共鳴管が一番好ましい音を出してくれます。
バックロードホーンなどよりはずっとマトモな鳴り方をしてくれます。
バックロードホーンに入れてみる
Fostex FE87E用のバックロードホーンに入れてみました。なぜかほとんど加工せずにすっぽりと入ってしまいました。開口径が1ミリ程度大きいだけでもこれだけ違います。スピーカー端子が触れそうな内側をカッターで少し削る程度で充分でした。

バックロードホーン自体は文字通りホーンの音なので好き嫌いの分かれるところですし、音楽ソース、音量などで良くなったりうるさくなったりします。
個性的と言う点では面白い箱なのですけど、これだけ大きく複雑な構造だけのメリットがあるかというと、難しいところです。

元気のよいパーカッシブなジャズに適しているのかと思うと、意外とクラシックを小音量で聴く方が良かったりします。
Fostexですと乾いた音になってしまうのですが、Fountekはそれほどでもない、というか、響きや音の潤いがなくなってしまうと言うほどではないです。
ダブルバスレフとは対照的な音になります。
Yesterdays  Paul Chambers Quartet   低域再生のチェックに使っている曲です。