仙人のガレージセール


Page 17

Fostex 8cmフルレンジの聴き比べ

2007/11 (更新2009/01)

8cmフルレンジ・ユニットでいろいろなスピーカーを作ってみて、自分の好みがTangBandのような低域寄りの線が太く響きの良いものにあることに気が付いたのですが、高音が良く出て軽い音のFostexにも魅力は感じます。
もともと私を8cmフルレンジの世界に引きずり込んだのはFE87Eでしたから、このページではFostexの3種類を比較してみたいと思います。
音や音色を言葉で表現するのはほとんど自己満足の世界ですし虚しいものも感じますが、実際に聴き比べる以外には言葉で表現するしか方法は思いつきません。

それから、この聴き比べはソース、アンプ、試聴する環境などによってかなり変わります。あくまで私の個人的な印象にすぎません。

このページで多用している周波数特性図は、優れたエンクロージャ設計支援ソフト sped を使用したものです。
私が感覚的に設計してきた箱の特性に理論的な裏付けを付ける結果になりましたし、今後の設計に生かせそうです。
スペックの比較表
FE87E FE83E FF85K
税込定価(実売) \3,308(2,720) \3,129(2,580) \3,570(2,960)
再生周波数帯域 140Hz-30KHz 140Hz-30KHz 125Hz-32KHz
最低共振周波数 Fs 140Hz 127Hz 122Hz
入力 Music Power 10W 7W 10W
出力音圧レベル S.P.L 89dB 88dB 88dB
Q0 Qts 0.92 0.78 0.47
mo Mms 1.4g 1.38g 1.8g
重量 0.3kg 0.36kg 0.56kg
推奨箱容量 Vo 4.89L 6.87L 4.41L
推奨箱fd fd 101Hz 83Hz 72Hz
スペックの数値には微妙な誤差があります。
FE−87EとFE−83E
87Eと83Eはマグネットが防磁型か否かという程度の違いだと思うのですが、微妙なところで音が違います。例えて言うのなら音の輪廓がシャープな83Eに比べて、87Eはマイルドな感じがします。ソースによっては83Eの高音は少し耳障りに聞えるときがあります。
スペック通り30KHzまで伸びる高音がFostex8cmのウリかと思います。実際、ピアノの高いキーが魅力的に鳴るのがFostexの特徴です。
反面、低域はというと、意外と出てます。もちろん重低音などではありませんが、予想外に出てます。スペック表の数値とは違って、87Eが意外と良く出てるのが不思議です。
どちらの推奨バスレフでも良いのですが、どちらかひとつを選べと言われれば、箱のサイズが小さくて少しマイルドな音の87Eを私は選びます。
← 87E
  83E →
87Eは100Hzから200Hzにかけて強く出てますね。80Hzまで出す83Eより低域に量感を感じるのはこのあたりでしょうか?
← 83E用の推奨箱に87Eを入れた場合のシミュレーション

87E用の推奨箱に83Eを入れた場合のシミュレーション→
上のf特図はユニットと箱を入れ替えた場合のシミュレーションです。ユニットによる微妙な違いはあるものの基本的には箱の特性はそのままのようです。
下のf特図はTangBandのW3−593SDを87E、83Eそれぞれの箱に入れた場合のシミュレーションです。ユニットの特性データに曖昧な部分があるので、あくまで参考ですが、小さな87Eの箱に入れた方が低域は強く出そうです。
← TangBandを87Eの箱に入れた場合のシミュレーション

TangBandを83Eの箱に入れた場合のシミュレーション→
87Eのバリエーション
ユニットの解説書に掲載されているバックロードホーン
好みの別れるところで、確かに低域は良く出るけど、小径フルレンジの良さが失われる感じ。活発に鳴るけど音に潤いがなくなってミソもクソも?出てしまう。ホーン開口部とユニットと音源が2ヶ所に分かれる。
共鳴管型もこれに近い音色だけど、まだこちらの方が私のコノミです。レンジを低域の方に拡げる。それでも時々、音が薄っぺらく感じるときがあります。
共鳴管から推奨バスレフに切り替えると、音のスケールが小さく、こじんまりした音になります。
83Eのバリエーション
これも説明書で紹介されているダブルバスレフを作りましたが、とにかく巨大な箱です。8cmユニットの箱としてはかなり大きく重いです。
ユニットの能力に比べて箱のなかの空気の容積が大きすぎるような感じもしますが、高音寄りの尖った音のするユニットを低音重視の柔らかい音にしてくれます。
耳障りだった高音が目立たなくなるので、それなりに価値のある箱だと思います。
トールボーイ型に入れた写真です。
fdは121Hz。
100Hzから300Hzにかけて強く出るので高音寄りのユニットを中和させる効果はあります。なぜか低域が良く出るエンクロージャーです。
FF85K
左側がFF85K、右側はほとんどサイズの変わらないFE87Eの推奨バスレフ箱です。
改めて聴き比べてみますと、かなり接近しています。今まで感じていたほど大きな差ではない。
85Kの方が音の輪廓がわずかにシャープといった感じです。レンジの広さ、低域まで豊かに出るのは85Kの方です。
ユニットの価格差がわずかであることを考えると85Kを選ぶべきでしょうけど、87Eが意外と健闘しているとも言えます。
85Kの方が高音が耳障りに聞こえるときもありますから、BGM的に聴くのなら87E、真剣に聴くのなら85Kと言ったところでしょうか。
FF85Kの推奨バスレフ箱には3種類のバリエーションがあるのですが、私が気に入っているのは、4.5リットルでダクトが短い115Hz版。左の図がそのf特図です。
こちらは4.5リットル、ダクトの長さが135mmのfd=75Hz版の特性図です。
この箱はかなり早い時期に試作として1個だけ作ったのですが、上の115Hz版とペアにして聴いた限りではあまり違いを感じませんでした。でも、改めてペアにして聴き比べてみたいなと考えてます。
ついでにもう1種類、5リットル、ダクトが45mm、fd=110Hz版の特性図も。
一番上の115Hz版とほとんど変わらない曲線です。
イタズラのついでに85Kを83Eの推奨箱に入れた場合をシミュレーションしてみました。
fdは83Eに比べて90Hzに上ります。200Hzあたりにゆるい谷ができます。
これらはあくまで数値計算によるシミュレーションなので、実際の音がどのようなものになるのかは、やってみないと分かりませんね。
FF85Kをスリムバスレフ箱に入れる








スリムバスレフ箱はFostexの推奨箱を参考にして作りました。この写真の場合はダクトを135mmにしたので、fd75Hz版とほぼ同じ設計ですので、f特の曲線もほぼ同じです。
fdが115Hzと80Hzとの違いは微妙なところですが、確かにレンジは低い方に拡がっているようで、115Hz版では聞えにくかったウッドベースの低い音ぼんやりと聞えたりします。
なんども聴き比べているうちに、それなりに特性の違いがあることが分かってきました。
FF85Kをトールボーイ型に入れてみる
もともとはフォスターのFF−70EGを入れるつもりで作ったトールボーイ型ですが、試験機をバッフル取り換え式にしたので、いろいろなユニットが試せるので入れてみました。。

内容積4.7はリットル、ダクト長50mmの場合、fdは121Hzです。
推奨箱の5リットル110Hz版と似たF特図になりました。
85Kの箱は基本的には推奨箱を基準にして作ったので、いずれもさほど大きな差はありませんが、このトールボーイ型はなぜか私のお気に入りです。
縦長の箱が、グラフでは出てこないなにかを持っているかもしれません。
85Kの推奨箱にTangBandを入れてみる
聴き比べてみると、やはりTangBandは低域寄りでマイルドな音で、85Kはめりはりのはっきりした尖った音です。
左の図ですが、箱のfdの115Hzあたりでかなり強く出てますね。
これはダクト長が45mmの箱ですが、fd=75Hz版、ダクト長135mmの箱の場合、ほぼフラットになります。
この特性図が85Kの推奨箱4.5リットル、ダクト長135mm、fd75Hz版にTangBand W3-593SDを入れた場合のF特です。
はじめて作ったフラットな特性のスピーカーですが、桁違いに良い音で鳴ります。
いままでTangBandを完全に鳴らしきれてなかったことに気が付きました。
とりあえずまとめてみると
(2007/11)
小型フルレンジスピーカーを作り始めてから一年。ふたたび原点というか出発点であったFostexの8cmユニットに戻ってみました。
いろいろな構造の箱を作りましたが、基準になるのはやはりシンプルなバスレフです。
特にメーカーの推奨箱はさすがだな・・と感じます。
廃材を使った試作ではなく、MDFを使った精度の高いものを作って聴き比べると、似ている3種類のユニットもそれぞれに個性があることを再確認しました。
それぞれに魅力があると思いますが、もしこの三種の中からひとつだけを選択しなければならないとしたら、やはりFF85Kでしょうか。
とくにユニットの価格差が数百円程度であることを考えると、レンジも広くパワフルなこれを選ぶことになると思います。
エンクロージャはまだすべてを比較したわけではないのですけど、どの箱を選んでもそれぞれに特徴はありますが、今現在の私の個人的なベスト・チョイスはトールボーイ型です。
Il Ciclone