仙人のガレージセール


Page 35

8cm用フロントローデッドホーン・バスレフ・エンクロージャ・キット
(AURA SOUND、TangBand、DIY Audio etc用)

2009/7

Page 33で試作したフロントローデッドホーン・バスレフの8cmフルレンジ用のキットです。
前ページと同じく一部の部材はキットに含まれていません。
複雑な形状をしていますので、組立にそれなりの道具とスキルが必要になりますが、箱の組み立ても面白いですし、出てくる音も苦労する甲斐があるものだと思いますので、キットにしてみました。

使用するユニットは、AURA SOUNDの3インチ・ユニットNS3−193シリーズの内付けがメインですが、DIY AudeoのSA/F80AMGやTangBandの8cmユニットが外付けで付けられます。開口穴径は75φです。

完成外寸は幅204mm×高さ240mm×奥行き200mmです。
前ページの10cmユニット用の箱に比べて小柄なので組み立てやすいと思います。

このキットで使用する素材は12mm厚のMDFです。ユニットを内付けするためバッフルAのみ15mm厚のMDFを使用しています。
キットの写真
左側は部材を仮組みした状態です。
キット内容明細
品名 寸法 数量 備考
バッフルA 180*100mm 2枚 ユニット内付け用の75φの穴開け加工済み
バッフルB 180*(62-65)mm 2枚 両端斜めカット済み。ホーン下部用
バッフルC 180*(85−88)mm 2枚 片面のみ斜めカット
スリットダクトD 180*108mm 2枚 -
裏板 180*216mm 2枚 -
側板 200*240mm 4枚 -
天地版 180*200mm 4枚 -
12mm厚MDF使用
バッフルAのみ15mmMDF。

総重量は約5kgです。
キット価格 ¥8,000-  木材のみ、ユニット、ターミナル、吸音材等は含まれません。
               送料着払いで発送します。
このモデルはキットのみで組立品の販売はいたしません。
組み立て手順
前ページの10cm用と構造がまったく同一なので、前ページを参照してください。

AURA SOUNDを内付けする場合は組み立てを始める前にユニット取り付けのネジ穴を開けてください。また他の外付けユニットと付け替えて兼用にする場合はAURA SOUNDは斜めに取り付けると前後のネジ穴がオーバーラップしなくなります。

また、ユニットを外付けにする場合は、左右のホーン部はユニットに干渉しないように加工してください。
以下の写真は組み立てのハイライトとも言える最後の側板を接着する部分です。
2枚の側板に挟まれる部材は、ユニットを取り付けるバッフルAを除いて同じ幅の板材から切り出したものですので、それらを接着すると高さは同じになるのが理屈ですが、実際には接着剤の厚みによる誤差が出ます。

左の写真では、側板を天板と地板に載せて手前にスライドさせているところで、傾斜したバッフルBでひっかかってます。

右の写真ではさらにバッフルCでもひっかかってます。
ほんのわずかなのですが、最終的に↓の写真のように地板と側板の間に1mm以下の隙間ができてしまいます。
このくらいですと接着剤を多めに塗ってクランプで強く締め付ければ問題はないのですが、やはり鉄板ヤスリやサンドペーパーなどで削って高さを調整した方がベターです。

この最後の側板は6枚の板の木口と接着されることになりますから位置合わせはちょっと大変です。
でも、前ページで紹介した手順で・・・つまり平らなところでフロント部を下にして組み立ててゆくと位置はほぼピタリと合います。
フロント部から見えない部材は裏板とスリットダクトだけで、それ以外の部材はすべて正面に露出しますので、正確な組み立てはかなり難しいです。
それだけ面白いとも言えますが。
キット組み立て完成写真
ここからはキット以外の部材を加工して完成させる部分です

この製作例ではホーン左右の材料として、柔らかく加工性の良い「ファルカタ集成材」の6mm厚を使っています。
桐材とほぼ同じ柔らかさです。

一番時間がかかる合わせ作業です。
ホーン下部と接する木口は複雑な斜めカットです。

フロントバッフル部はこれでできあがり。
あとは裏板の桟と裏板の合わせ加工とネジ止めです。

箱の前端にはホーン左右部も含めると8枚の板が並ぶことになります。これらの板の面を合わせるように組み立てると仕上がりがきれいになります。

組み立て精度を優先したため、接着剤のはみ出し対策のマスキングはしていません。

左の写真の左右ホーン部は前ページで紹介した百円ショップの6mm厚MDFを加工したものです。
あまり意味のないことですが余った端材を補強の意味で裏側に接着しました。

厚みとしては6mmは手頃かと思いますが、他の素材ですと素材の段階でソリが出てたりします。その点、MDFはフラットで硬さもあります。
箱の他の部分と同じ素材なので好ましいのですが、難点はカンナで削るのが大変なことです。
削れないわけではないのですが、繊維がないため切り粉が出るだけです。
今回は治具を作ってスライド丸ノコで傾斜カットしたのでカンナでの微調整は比較的簡単でしたが、例え6mm厚でも40度よりも鋭角に削るのはちょっと大変かもしれません。
Sサイズ・バスレフと比較
左の写真上はSサイズ・バスレフの箱に入れたAURA SOUNDで、下がFRホーンバスレフに入れたものです。
まったく同じ条件で聴き比べてみると面白いですね。
Sサイズのコンパクトな箱に入れたAURA SOUNDは、この箱の中では一番気に入っている組合せです。
内容積は約2.6リットルでダクトは細長いものを付けてfdは65Hz前後とかなり低いです。

低域が良く出るパワフルなユニットで、小さな箱でガンガン鳴らす、箱の中の空気とダクトをドライブするのに適していると思います。能率が低いユニットなので、他のユニットから切り替えると音量をあげてやらないとダメなのです。

それを8cm用のFRホーンバスレフの箱に入れると、微妙に違った鳴り方をします。
箱の容積はおおよそ5.6リットル前後で、fdは100Hz近辺ということで、箱の環境は随分違います。

切り替えて聴くと、こちらの方が音が前に出て活発です。特にあまり得意でない高音が良く出てきます。
こちらかにSサイズに切り替えると、音が詰まって地味な鳴り方になります。
このあたり、どちらを好ましく感じるかは人それぞれの好みでしょうけど、箱の環境によって音の出方が微妙に変わる極端なケースです。
ユニットそのものの特徴はどのような箱に入れても基本的には変わらないのですけど、ユニットが背負う箱の中の空気のボリュームとダクトの抜けの良し悪しによって、ずいぶんと雰囲気が変わるものです。
TangBand W3-593SD
リーズナブルなお値段の割にクオリティの高いお気に入りのユニット、W3−593SDを入れてみました。
これはお勧めですね。
ソースを選ばないユニットで、クラシックもジャズも雑味のない音を出してくれます。

このユニットはどのような箱に入れても破綻のない音を出してくれます。
ユーザー製作例
これは見事な仕上げですが、突き板を貼ったものです。
ここまでできるのはプロのワザといえますね。

SA/F80AMGを組み込んだ音の方も気に入っていただけたようです。

Sサイズ・バスレフのページにも同じ方の作例写真を載せました。
J・S・Bach Kazumi Watanabe