仙人のガレージセール


Page 34

Pioneer PE-101A用
フロントローデッドホーン・バスレフ・エンクロージャ・キット

2009/6

Pioneerの10cmフルレンジ・ユニットPE−101Aのメーカー推奨エンクロージャのなかのひとつ、フロントローデッドホーン・バスレフエンクロージャを作りやすくアレンジしたキットです。
できるだけオリジナルに忠実に作りましたが、角型の貫通ダクトは工作が難しいのでスリットダクトに変更しました。外観上の変更点はこの部分だけですが、内部の板材も作り易さを考えて微妙に変更してあります。
なお、このキットは合わせ作業で加工しなければならないホーン部左右の部材と、箱内部にはめ込む裏板をネジ止めするため桟の部材は含まれません。
どちらもホームセンターや百円ショップなどの工作材売場で安価に入手できます。
また、これらの加工のためノコギリやカンナなどの道具は必要になりますし、組み立ても斜めカットの部材があるためシンプルなバスレフ箱より難易度は高いので、木工工作好きの方が対象となります。

このキットで使用する素材は12mm厚のMDFです。ユニットを内付けするためバッフルAのみ15mm厚のMDFを使用します。

左の図は上面図ですが、黄色い部分はキットには含まれません
裏板をネジ止めするための枠組みの桟は15〜20mm程度の市販のラワン棒などを使います。ネジが効くものであればどのような素材でも構いません。

ホーンロード左右のパーツは出来上がった箱の寸法に合わせてカンナで削って複雑な形状に加工しますので、加工しやすい桐や朴、バルサなど工作用材をホームセンターなどで入手してください。

私は12mm厚、9cm幅×45cm長さの桐材を百円ショップで購入して加工しています。
この部分は箱の構造材から切り離して装飾材に変更したので出来不出来は音に影響はありません。
キットの写真

右側の青い台の上に載せてあるのは仮組みした状態です。
左側が1個分の部材一式です。
キット内容明細
品名 寸法 数量 備考
バッフルA 200*140mm 2枚 ユニット内付け用の105φの穴開け加工済み
バッフルB 200*(62-65)mm 2枚 両端斜めカット済み。ホーン下部用
バッフルC 200*(108−110)mm 2枚 片面のみ斜めカット
スリットダクトD 200*108mm 2枚 -
裏板 200*276mm 2枚 -
側板 220*300mm 4枚 -
天地版 200*220mm 4枚 -
12mm厚MDF使用
バッフルAのみ15mmMDF。

総重量は約6.2kgです。
キット価格 ¥8,500-  木材のみ、ユニット、ターミナル、吸音材等は含まれません。
               送料着払いで発送します。
このモデルはキットのみで組立品の販売はいたしません。
組み立て手順
(ここで使用する写真はキットの写真ではなくて試作品数種類の組み立ての写真です)
(1)
キット部材の確認と完成イメージをつかむために仮組みします。(キットの写真参照)
(2)
バッフルAにユニットを内付けしてユニットがピタリと納まることを確認したらネジ穴の位置をマークして穴を開けます。できれば一度ユニットを取り付けてみるとよいでしょう。開口穴がわずかに小さいときは穴の角の部分をサンドペーパーかヤスリなどで削って調整します。

(3) 
添付図面に従って側板にバッフル板の接着位置を鉛筆などで描きます。実際に組み付ける場合は現物合わせを優先するため、このけがき線から微妙にズレます。

たとえばバッフル板Aは側板の前端から60mmの位置ですが、この板から接着を始めるとC板の下端C2の位置にズレが出てきます。

C、Dなど下の板から接着を始めると、ズレはB1の位置で調整することになり、前端から60mmという位置は前後にずれます。

どちらかというと、下の板から接着を始めた方が見た目はきれいにできるようです。
(4)
片側の側板に天板と地板を接着します。
ここで正確に直角に接着しないと最後に組み付ける側板がずれてしまいます。
写真の中の工具はアルミ台付きスコヤです。
これがない場合は代わりに部材を使うのも方法のひとつです。
側板を載せてみるとピタリと一致します。

なお、地板は最後の側板を接着するまでは片側だけの接着だけですので、不用意に力をかけると接着部が剥がれたりすることがありますから、完全な箱の状態になるまで、取扱いには注意してください。
(5) フロント部バッフル板の接着
(3)で罫書いた線にしたがってAからCまでのバッフル板とスリットダクト板Dを接着して行きます。
接着の順序は(3)に書いたとおりいろいろあると思いますがお好みの順序でよいと思います。

板は垂直に接着すること、バッフル板同士の接着部に隙間ができないこと、側板の前端とツラを合わせることに注意します。
最後に接着する側板をあてがいながら、バッフル前面ができるだけツライチになるように組み付けますが、多少のズレはあとで仕上げの時に削って加工して合わせます。

スリットダクトは上の写真右のように15mm厚の端材をスペーサーとして使うと等間隔に接着できます。

通常のバスレフですと1枚の板で済むところを3枚の板で作るため、この部分がかなり難しいです。
板のカットの誤差、接着の誤差が出てきますから、完璧に組み立てるのは至難の業です。
ズレた部分は仕上げてある程度カバーするのと、多少の狂いは諦めるほかありません。
大切なことは、接着部分に隙間ができないようにすることです。内側にボンドがはみ出していないところには、シールの意味でボンドを塗っておいた方が良いでしょう。
(6) 側板の接着

最後の側板を取り付けますが、ピタリと一致することはたぶんありません。ズレはできるだけフロント以外のところに出るように位置決めします。
接着する部分が複雑で多いので接着剤は多めに塗ります。
同じ幅の板材から切り出した部材でも組み付けると微妙に高さに凸凹が出ますから、一度接着して体重をかけてから剥がして側板の方への接着の付き具合を見て、必要があれば追加してから再度接着するのも良いと思います。

できれば接着部が硬化するまでクランプで固定するか、重いものを載せておくと良いのですが、それをしなくても、接着部に隙間ができなければ大丈夫です。これで外観はほぼ完成です。
(7)裏板のネジ止め

裏板はバッフルの部材と同じ幅の材料から切り出しているため、このままの状態ではタイトなのでカンナ等で削って入りやすくします。
ネジ止めのための桟材は15mm角くらいの角棒をカットして接着しますが、特に天板に接着する桟はユニット取り付けの時ドライバーが当たりますからあまり幅の広い棒材は使わない方が良いです。
桟材は裏板と密着するように取り付けます。裏板がネジ止めなので隙間ができないように桟材は正確に取り付けます。
桟材の取り付けが終わったら吸音材を入れます。吸音材の素材、付ける量、貼る場所は好みです。
裏板のユニット背面の部分には貼っておいた方が安全です。
スピーカー・ターミナルは好みのものを裏板に取り付けますが、ユニットの背後の位置は避けた方が良いでしょう。
これで組み立ては完了です。
キット組み立て(別のアプローチ)
斜めの板が一枚あるだけで作りにくいFRホーン・バスレフのキットですが、一組だけ組み立ててみました。
今回は思いつきで多少手順を変えてみました。
ネックになるのはバッフルBとバッフルCです。
通常は1枚の板で作るバッフルが、この箱の場合は3分割されていますが、そのなかで一番目に付くのがBとCの板です。
これを正確に接着できれば見た目良く仕上がります。
今回は接着のはみ出しをマスキングテープでカバーせず、はみ出た木工ボンドは掻き取ったりそのままにしたりなので、ニス塗りには適さない方法です。

最初は側板と天地版の接着からですが、ここでの組み立て精度は大切です。
ここで出た狂いは後々響いてきます。
ただ直角に接着するだけのことなのですけどね。

斜めカットされたバッフルBとCを平らなガラスの上で接着しようとしているところです。写真ではまだ木工ボンドは付けてません。

左の板材は端材をついでに同じ角度にカットした道具です。
ただ押さえるためだけに作ってみたのですが、なくても大丈夫なようです。
下の写真では自作のクランプで挟んで位置合わせをして固定してますが、これも無くても正確に位置合わせをすれば大丈夫です。

ボンドを入れて放置して硬化させるのですが、ガラス板に接する面にボンドがはみ出してガラスと接着してしまいました。当て木を当てて木ハンマーで叩いて剥がしたのですが、意外と接着するものです。
ガラス板は通常は家にあるものではないので、平らな台にポリエチレンのシート、ポリ袋などを敷いてやれば接着しないと思います。

はみ出したボンドは汚いですが、2枚の板は正確にツライチに接着できます。
塗布するボンドは少な目にして薄く均一に伸ばすとはみ出す量が少なくなります。

側板と接着しているところです。
スリットダクトの部分に端材をスペーサーとして入れて、鉄のおもりを載せています。

天地板と同じ高さにするためクランプと角材を使って圧着しています。
これもここまでやる必要があるかどうか・・・・。

スリットダクトを接着しています。
ミニクランプで挟んだ端材スペーサーを入れて、懐の深いクランプで軽く固定してます。
写真では見にくいですけど、向こう側からクランプを入れてます。

スリットダクトの板も高さを揃えるため鉄のおもりを棒材の上に載せて圧力をかけています。
スリット板は外から見えないので、ダクトと底板の距離が均一になることと高さが揃うことだけが条件です。
あとは隙間ができないように注意するだけです。

ユニットを取り付けるバッフルAを接着します。
板材の3辺の接着ですが、隙間無く直角に位置決めします。
箱の中に入る部材なので高さが他の部材と同じになるように押しつけます。
この写真では硬化まで動かないように軽く固定しているだけです。

組み立てのハイライトは最後の側板の接着です。
6枚の板との接着ですが各部の位置がピタリと合うことはほとんど無いと思います。

目に見えるフロント部と天板部を位置決めしてわずかなズレは後ろと地板に出るようにします。
ねじれやわずかな狂いはクランプ類使って押さえ込みます。
かなり手の込んだクランプワークになります。

この状態で一晩放置して硬化させます。

キットを組み立てた状態です。
立てかけてあったり上に載せてあるのは裏板です。
裏板はフロントバッフル部と同じ幅の板材から切り出したので理論的には入りそうに思えるのですが実際には入りませんでした。
少し削るとぴったりフィットしました。

写真では分かりませんが接着部にはほんのわずかなズレがあります。
最後の側板を接着するとき、各部を完全に合わせることはできません。
あとは仕上げで調整するほかありません。
それでもバッフルAからCまではキレイにフィットしています。、
ここから下はキット・ユーザーが材料を購入し加工する部分です
裏板をネジ止めするための桟材は15mm角程度のラワン棒、パイン集成材などを現物合わせでカットして接着します。
この角棒は100円から200円の間で、1.8m1本をほぼ使い切ります。
この桟木と裏板がぴったり密着するように接着します。
一番時間と手間のかかる部分がホーン左右の部材です。
今回使ったのはダイソーで買ってきた桐材 9mm厚×90mm幅×450mm長さの板材2枚、合計210円です。
板厚は9mmの下に6mmもあります。薄い方が加工は楽です。薄くて硬めの材料を使うのも良いかもしれません。

桐材は柔らかくてカンナで削りやすいのですが、柔らかいので角が崩れやすいのが弱点です。
桐以外に柔らかそうな素材はいくつかあります。切り出すのは小さな部材ですが3面を削らなくてはなりませんし形状も複雑なので1回できれいにできることは無いでしょうが、低価格の部材ですので何度か失敗すればコツが分かってきます。

ギリギリのサイズに切り出すのではなく、少し大きめにカットして削りながら合わせてゆきます。
1セット分を仕上げて接着するまでにまるまる1日では足りなかったりします。根気と体力のいる作業です。

左写真上の2枚は6mm厚のMDFです。これも百円ショップで見つけました。
MDFはソリが少ないことと、桐材に比べて硬いところはメリットですがカンナでは削りにくいところがあります。木工用のヤスリとかサンドペーパーなどで削った方が良いかもしれません。

写真下の桐材はよく見ると集成材です。注意して選ばないとソリがあります。

これで出来上がりです。
写真では細部のアラが見えませんが、紙一枚程度のズレはあります。
Kiss Of Life SADE