仙人のガレージセール

Page 5

2007/03/01

Fostex FF85K用バスレフ・エンクロージャー・キット

15mm厚の合成木材MDFを使ったエンクロージャーのみのキットです。
使用するユニットはFostex 8cmシリーズのトップグレードFF85Kです。口径の割に大きなマグネットを使用しているため、取り付けが難しいものですが、配線した状態でギリギリ入るように穴開け加工してあります。
ダクトは塩ビ管がバッフル表面に出ないように補助板で接着しますので、開口部を加工できます。

板材は大型パネルソーでカットしたのでかなり正確です。
スピーカー工作で一番大変な板材の加工を終えてますので、接着剤を使った組立と仕上げ処理、塗装が楽しめます。

明るく元気の良いFE83Eなどに比べると、音に重みというか深みがあります。8cmシリーズのなかでは一番小さな箱ですが、それなりの低域も出て大人の鑑賞に耐えるスピーカーだと思います。

フォステクス推奨バスレフには3種類あるのですが、これは容量4.5リットル、ダクトの共振周波数fdは115Hzです。
キット内容の写真
キット内容明細
品名 寸法 数量 備考
バッフル板 165*255mm 2枚 ユニット用とダクト用の穴開け加工済み。ユニットネジ穴未加工
裏板 165*255mm 2枚 なにも加工してありません。
側板 150*255mm 4枚 同上
天地板 150*135mm 4枚 同上(135mm方向は微調整した寸法になってます)
塩ビダクト 2個 内径44φ、長さ30mm。
ダクト取り付け補助板 2個 丸又は四角。端材使用。
このキットは Page 24 の「8cmフルレンジ用汎用エンクロージャ・キット Mサイズ」に統合しました。
組立完成写真
試作のため組み立てた片側だけの写真です。
ユニット取り付けネジ穴はテストのためマークしてあります。
組立
組立の手順は自由なのですが、胴体部分を先に接着してからバッフルを接着する方法と、バッフルに側板、天地板を接着して行く方法とが考えられます。
ハタガネやコーナークランプなどの道具が有る無しでどちらが良いか、考えの別れるところです。

それから、裏板を接着するか、ネジ止めにするかも最初に決めておいた方がいいでしょう。
接着した方が密閉性の面では良いのですが、吸音材などの調整をするためにはネジ止めの方がいいです。
最初のうちは裏板をネジ止めにして、セッティングが決ったら接着してしまうのもいいかもしれません。

ネジ止めの場合も、仕上がり具合で隙間ができてしまったときは、梱包材にある薄い発泡シートなどをパッキンとして使うのもいいです。

いずれにしても、最初に塩ビダクトと取り付け用補助板をボンドで接着し、同時にバッフルの開口部に位置合わせをして接着するところから始めます。
左の写真はハタガネとコーナークランプを使って胴体を接着しているところです。
組立方によっては、このあと接着するバッフル板とずれが生じることも考えられます。

平らなところで組み立てますが、精密にカットした木材でも、ほんのわずかな幅のズレはありますから、両側の木口がツライチにならないこともあります。

この場合は調整が必要です。
できればフラットな側を裏板側にして、バッフル側に調整した方を使ったほうがいいかもしれません。
わずかな隙間はボンドで埋められますし、この方が裏板の密着性は高くなります。
(接着剤とシールについて)
スピーカー工作では「ボンドははみ出すくらいにたっぷり使う」とされているようですが、大型機で精密にカットされた木材をクランプ類を使って接着する場合は、むしろ薄く切れ目無く入れるほうが良いと思います。
強固に接着するためには接着剤が硬化するまで圧力をかけるのが良いのですが、圧力をかけると接着剤の大半ははみ出してしまいます。

内側にはみ出すのは良いことですが、外側にはみ出すのはなんの意味もありませんし、後の処理が大変です。それから、ボンドが多いと圧着するとき板が滑ります。
木工ボンドは少なめに塗って、内側の継ぎ目にあとからボンドを塗って行けばシールは完璧ですね。

それから、表面を透明塗装する場合は、外側に付いたボンドは塗料を弾きますから、あらかじめシールテープではみ出す部分の両側をシールして置くときれいな塗装になります。
はみ出したボンドを濡れ雑巾で拭き取っても、木材に付いたボンドは完全に取れることはありません。
こちらはバッフルに一枚ずつ接着する方法です。
見た目重視で、目に付きやすいフロントバッフル廻りと天板の接着部がツライチになるように組み立てます。

わずかなズレは「後ろ」と「下」に出るようにします。
右の写真は一枚目の側板が硬化したあと、天板を接着したところです。

クランプ類が無い場合は、ボンドが硬化するまでズレたり倒れたりしないような工夫が必要です。
まだ接着しない板を組み合せて補助にして重しを載せるといいでしょう。
底板を接着しているところです。
このあと最後の側板を接着するわけですが、上下の位置が寸分の狂いもなく納まるはずですが、なかなか理屈通りには行かないものです。
寸法のわずかな誤差や取り付けによる誤差は底部に出るようにします。
仕上げのサンプル写真です。
電動トリマ−とビットを手に入れたのでカドとダクト穴の出口を曲面仕上げにしてみました。
カンナやヤスリなどを使って根気よく加工すればできます。

左の写真はバッフルの4辺だけを加工しました。右のは胴体部分まで加工しました。どちらがよいか、好みの別れるところです。
(リンク画像あり)
下の写真は上の左側のタイプを塗装したペアです。
MDFは塗料の吸い込みが激しいのでシーラーは必須です。今回は水性シーラーではなくラッカー系の和信サンディングシーラーを使ってみました。
目止めのシーラーを使わないと、特に吸い込みの激しい木口の部分の色が変わってしまいます。
上塗りは今回は無難にクリア仕上げとしました。和信木彫オイルの二度塗りです。
オイルは塗ってからすぐにウェスで拭き取るので乾燥が早いですし、仕上げも半ツヤになりテカテカしませんが、ラワン合板のような自然の木目というものがないMDFではあまり高級感は出ませんね。
着色塗装の方がMDFのメリットは出そうです。
これは上の写真右側のものです。
上ではツヤのある黒に撮れてしまいましたが、つや消しブラックです。
角度を変えて撮り直したらつや消しに撮れました。

上の写真左側のクリヤ塗装したものは、下の写真のようにシルバーのメッキスプレーで塗り直しました。
かなり派手です。
写真のシルバーの85Kの下にTangBandの試作機が写ってます。

どちらもお気に入りなのですが、聴き比べてみると音の違いが面白いですね。

スペック通りの音の違いがそのまま出てます。

硬い高音が売り物のFF85Kと、低音が売り物のTangBandの違いです。
両方鳴らすと無敵です(^O^)
優れたスピーカー設計支援ソフト sped.exe を使って出力した周波数特性図です。
TangBand W3−593SD
この推奨箱にTangBand W3-593SDを入れて、ダクトを135mm(パイプ長120mm)にした場合のフラットな周波数特性図です。
fd=79Hzです。
DIY AUDIO SA/F80AMG
推奨箱ダクト長135mm(パイプ長120mm)バージョンにSA/F80AMGを入れた場合の特性図です。fd=72Hzです。