仙人のガレージセール


Page 11

フォスター 7cmフルレンジ FF−70EG

2007/06 (更新 2014/02)

ダイトーボイスの低価格ユニット「AR−7」の良きライバル?かもしれないフォスターの低価格ユニットFF−70EGを二組入手しました。

この2枚の写真はAR−7DXとの比較です。
余裕がないため表から取り付けるのが難しいAR−7に比べると、裏側にはかなり余裕があってスポンジシートのパッキンも付いてます。
小さな防磁型ユニットです。

再生周波数帯域は135Hz〜20KHz。
出力音圧レベルは83.5db。
これ以外のデータはありません。
フレームは鉄板を打ち抜いただけのAR−7に比べると、フォスターのは周辺がプレスされていますが、外側に向かってプレスされているので見た目は良くないです。
こちらは内付けにするには余裕がまったくありません。
コーンのサイズはダイトーボイスのに比べてわずかに小さいようです。

ユニット取り付け穴の指定は60φですが、このままでは端子とそのベースの部分が入りませんのでFostex FF85k と同じように切り欠を作って端子を折り曲げなければなりません。

(開口穴指定は61φ+ザクリ に変更されたようです)
前のページにも載せた写真ですけど、とりあえず塩ビ継手を使ったスピーカーに入れてみました。
ボルトで連結するタイプのエンクロージャはバッフル一枚二枚を作るだけでユニットを入れ替えられるので便利です。

容積の小さな箱でも低音がそこそこは出てますが、基本的には高音寄り。スピード感はあります。

見た目の面白さが最優先の塩ビ継手スピーカーにはこのくらいのユニットがマッチするかもしれないです。
バッフル板さえ作ればスピーカーになってしまうのが大きなメリットであるキューブ型スピーカーを使ってオーソドックスなバスレフで鳴らしてみましたが、さすがに塩ビ管継手スピーカーよりマトモな鳴り方をします。

ダイトーボイスのAR−7とほぼ同レベルといったところでしょうか。
ところがそれなりに個性もあって、AR−7用キューブSP用の大きめの箱は荷が重いようで、箱を小さくスしてゆくとどんどん音が良くなってきました。

右の写真左側は奥行き20cmのAR−7用の胴体で、右側のは17cmです。容量は6.2リットルと5.3リットル。

さらに薄い胴体を作ってみました。
奥行き13.5cmと9.5cmです。前者はともかくとしてさすがに後者ではダメでした。
4リットルから5リットルの間の箱が一番良いみたいなので、TangBand W3-593SD用に作ったスリム型のバスレフ箱に入れてみました。

TangBandと比較するとその差は歴然としますが、これはこれでなかなか良く鳴ります。
同じ低価格のユニット、ダイトーボイスのAR−7の良きライバルです。
こちらの方が小さな箱で鳴りますし低域もわずかに良く出るような気がします。

ダクトの長さは左右の箱で2cmほど違うのですが、違いはあまり感じられません。
(リンク画像あり)
奥行き10cm弱の箱はダメだったと上で書きましたけど、改めて聴いてみると、これはこれでなかなか面白い。計算してみると箱の容量は約3リットル。
もう少し大きな箱と比べると全体的にこじんまりした音になってしまうので、比較するとダメということになってしまうのですけど、これだけを聴き込んでみると独特の鳴り方をします。
中高音が張り出した響きの薄い音なのですけど、スピード感はありますし、低音もそれなりに出ています。

ということで、側面をバッフルにしたものを作ってみました。写真右側です。
もとはと言えば塩ビ管継手を使ったマトリックス・スピーカーを作るために4個買ったDD710EGでしたのでとりあえずは廃材で作ってみました。
ユニットを直列に繋ぐマトリックス結線がこのユニットには合わないのか、ひどく能率が低くさえない音でした。
箱が大きすぎるのか・・と、中に仕切板を入れて容量を小さくしてみてもわずかに改善されただけ。基本的に詰まった音は変わりませんでした。
そんなわけでマトリックスは諦めて、箱を3分割して奥行きの深いバスレフにしてしまいました。
この写真ではレンズのイタズラで正確に分かりませんが、バッフルは傾斜してます。
これでやっと元どおりというかこのユニット本来の音が出てくるようになりました。
色々な箱に入れて聴いてみたこのユニットの特徴ですが、かなり高音が良く出ます。ちょっと出すぎると感じるひとがいるかもしれません。
それから、このサイズのユニットにしては意外に低域がしっかり出ます。これは予想外でした。
さすがに音に厚みというか奥行きというか響きはありませんね。
でも、この価格帯のユニットとしては良くできていると思います。
それから、このユニットの個性かもしれないのですけど、クラシックのオーケストラの再生に向いているように感じます。

小径フルレンジは楽器の数の多いオーケストラには不向きと思っていたので、これはかなり意外です。また、ソースの録音レベルやアンプなどの機器によってもはっきりと鳴り方が分かるのでモニター・スピーカー的な性格です。

このように箱を色々変えて、音がどのように変化するか楽しむ素材として面白いユニットだと感じました。
私の個人的な好みで判断すると、低価格ユニットとしてはダイトーボイスのAR−7の方が良いようですが、これの最大の難点は取り付けの難しさです。
この点、70EGはさすがに取り付けに余裕があります。



さらに、MDFの端材があったのでトールボーイ型バスレフを1個だけ作ってみました。
幅はこれが限界の9cm、奥行き13cm、高さは80cm。内容積は4.5リットルと今まで作ったのと同じです。
一応自立していますがベースに20cm角前後の板をネジ止め、あるいは接着すれば安定しそうです。
このまま上下に板を取り付ければ音の出るスピーカースタンドになりそうです。
今まで作った箱とほぼ同じなので音の方はあまり期待してなかったのですが、なぜか低域が良く出ます。
ユニットとダクトがこれだけ離れていると、なにかマイナス面があるのではないかと心配だったのですが、むしろ好ましい影響のようです。

左の写真で台の上の緑色のはボルトを使わないキューブ型、その左はスリム型エンクロージャに入れたFF70EGです。いずれも内容積は4.5リットルです。


トールボーイ型が意外と悪くない、ということで、もう一個作りました。
2個目のは幅を9cmから10cmに広けて、その分背を低くして内容積を同じにしました。
ベースプレートを付けなくても、なんとか自立しています。

今回のはフロントバッフルを3分割ネジ止めにしてユニット部分とダクト部分を付け替えられるようにしてみました。
この2個目に作ったものは横幅の内寸が設計値で70mm。
マグネットの大きなユニットはそのままでは入らないので、内側を削ってFostexのFF85Kを入れてみました。
バッフルはお手軽にラッカースプレーで着色しただけですが、意外とルックスはいいですね。

音はさすがに1ランク上ですが、FF70EGと組み合せて聴くときは、能率の低い70EFが同じ音量になるようにアンプのバランスツマミで調節すれば大丈夫です。
三個目に作った左側のはパイプダクトではなくスリットダクトにしてみました。
それも構造的に裏側は無理なので横から出してます。
2009/01追加
Page 26 で作ったAirWave用のセミトールボーイ型の箱を改造してFF70EGを入れてみました。

気に入っているトールボーイ型が低域が強く出ているので、容量の小さな箱に入れてみました。

少し高音寄りの音に変わりました。
内容積は2.9リットルと4.7リットルの違い。
fdは下の特性図の通りです。
聴き比べてみるとかなり違います。

出来の良い低価格ユニットをいろいろな箱に入れて入れて聴き比べてみるのも楽しみ方のひとつです。

なお、このユニットは特性データが公開されていないため、Fosterの類似ユニットのデータでシミュレーションした参考値です。
このFF70EGというユニットは、高音はあまり得意ではないようですが、低域はかなり良く出ます。
どちらかというと、大きめの箱に入れて低域強調型にすると面白いのではないかと思います。
写真左側の実験機はダクト部分を付け替えていろいろ試しているところです。

今付いているのはダクトなしの密閉型ですが、箱の容量が大きめのためか密閉型特有の詰まったような音にはなりません。

これでも良さそうに思うのですが、例えばテナーサックスの音は良く出るけど、ウッドベースの音は萎んでしまいます。

クラシックですと、このような不満は出てきません。

左側に立てかけてあるのは25φのダクト用の板です。
Ashitanonai Koi  Maria Takeuchi