仙人のガレージセール

Page 38

Fostex FE108EΣ 10cmフルレンジ
(バックロードホーン D-10バッキー)

2010/02

10cmフルレンジはPioneerのPE-101Aを聴くとこれで終わってしまいそうですが、バックロードホーン専用とうたわれるFostexのFE108EΣを買ってみました。

それなりのお値段のユニットなのでさすがに造りは良いです。マグネットも大きくて全体の重量は1.2kgあります。
再生周波数は77Hz−23KHz。出力音圧は90dbとかなり元気が良さそうです。
Q0(Qts)が0.3とBRホーン用に設計されています。
D−10バッキー
説明書に書かれているFostex推奨バックロードホーン・エンクロージャは巨大でヘビー級なので、故長岡鉄男氏設計のD−10バッキーと呼ばれている比較的小柄な箱を作ってみることにしました。
コンパクトと言っても材料原板は2枚必要とします。
完成寸法は幅18cm、高さ58cm、奥行きは37cmあります。
一個あたりの重量は10kgをわずかに越えます。
バックロードホーンは類似した寸法の部材が多いので、部材を接着する側板に図面を描いておくとミスを防げます(下の写真左側)。
下の写真右はカットした部材を描いた位置に並べたところで、まだ接着してありません。
底板は重量バランスのためか同じ寸法の板を2枚重ねるように設計されているので、ボンドで貼り合わせます。

このように板材を面で接着することはあまりありません。
ずれると困るので正確に位置決めします。
バッフル板には100φの穴を開けたあと、ユニットが納まるのを確認して、ネジ穴8ヶ所分の下穴を開けます。
組み立ててからでも良いのですが、その場合失敗すると箱全体がダメになってしまいますから。
8ヶ所のネジ穴を正確に開けるのはそれなりに難しいです。2ヶ所くらいを仮止めしてから他の穴の位置を決めると無難かもしれません。
それから左右の位置に付けられたターミナルは折り曲げないと入りません。

側板に挟まれる部材はブロックごとに接着します。
ガラス板など平らな台の上で高さを合わせ、直角を確認しながら固定します。

裏板と底板を接着しています。
板材が長いので圧着固定するためには長いハタガネが必要です。

こちらはバッフル背後の板です。
これを側板に接着するのは周辺部の板材を接着してからですが、道具が空いているときにあらかじめ接着して置きます。

各ブロックが接着硬化したら側板に接着してゆくわけですが、まず一番目に付くフロントバッフルと天板のブロックを接着します。
ツラを合わせてずれないようにします。
クランプはあまり強く締め付けないようにした方が良いですね。

裏板と底板のブロックを接着しているところです。
板材のカット精度も高く、ブロックの組み立てにも注意を払っているのですが、微妙な誤差は出ますので、背後と底の部分に出るようにします。

外周の板の接着硬化が済めば、後は内部ホーンロードの仕切り板を順番に接着してゆきます。

最初に、フロントバッフル背後のコの字型のブロックを接着します。

位置決め精度を上げるため端材でホーンロード幅のスペーサーを作って、固定しています。開口穴から一部が見えています。

圧着するためというよりは、接着剤を追い出して高さを揃える意味で、角材を使って押さえていますが、今回はさほど必要ではなかったようです。
ロールオーバー画像はクランプ類を外した状態です。

このあとは残りの部材を順番に接着してゆきます。

ホーン開口部の細かなパーツはどの時点で接着しても構いません。

この写真ではあらかじめ接着して置いた3枚の部材をまとめて接着していますが、1枚ずつ接着した方が良いかもしれません。

この写真で使っているアゴの深いクランプは珍しいものですが、こんなときに役に立ちます。

ホーンロードを作る仕切り板3枚は一度に接着しても良いのですが、私は1枚ずつ接着してゆきました。
写真は最後の1枚を固定しているところです。

150mm幅にカットした板材から切り出した部材をこのように貼り付けてゆくのですけど、高さが必ずしもピタリと一致しません。

煩雑な部材の接着が終わりました。
側板に図面を描いてあるので部材を間違えることはありませんし、スペーサーを使ったのでホーンロードも正確です。

吸音材はカーオーディオ用に使ったエプトシーラーの残りを使ってみました。

粘着材が付いていて貼り付けられることと、10mm厚と薄いながら吸音効果は高そうに見えるからです。

裏板にはターミナル用の穴を開けて、配線の長さも現物合わせでカットしました。
一番大変なのが最後の側板の接着です。
箱内部のホーンロード仕切り板の高さには微妙なばらつきがありますから調整します。
接着剤を多めに塗布して側板を載せたあと、一度はがすようにしています。
写真左側のように接着剤が切れ目無く乗っていればOKです。薄目のところには追加してから貼り直します。
接着面積が大きいので剥がしたり位置を正確に調整するのには力が要ります。

位置を微調整しながらクランプで固定してゆきます。
締め付けるとその力で接着剤が滑ったりします。

クランプ、ハタガネ類はたくさんあった方がベターです。
わずかな位置調整の時に600mmの長いハタガネを使ったりします。

この状態で一晩放置し硬化させます。

これで一応組み立て完成です。

このあとユニットを組み込んだのですが、思いがけない落とし穴。
このエンクロージャはFE108EΣを前提に設計されたものではない、以前のユニット用なので、ユニットが入る空気室の奥行きがギリギリだったのでした。
そのため10mm厚のエブトシーラーがユニットに当たってしまうのでした。発泡ゴムらしく柔軟性があるので入ることは入るのですが、結局マグネットの大きさ分だけ丸くカットして納めました。

ユニットの奥行きは56.5mmで、箱の空気室の奥行きは60mm(45mm+15mm)なのでした。
FE103E用推奨BRホーン・エンクロージャに入れてみる

ユニットを購入すると良品かどうかをチェックしなくてはなりません。まれに不良品だったりすることがあるからです。
不良品の場合は購入後一週間以内に・・・ということなので、小さなバッフル板を作ってFE103E用BRホーンの箱に入れて鳴らしてみました。

このように違うユニットを組み合せて聴いても、それほど違いが分かるものではないのですが、108EΣの方が音に重みがあるようです。
ユニットの価格が二倍も違うのですが、音の違いは二倍は無いわけで、103Eが意外と健闘しているというところです。

103Eの方が音色が軽く明るく派手です。分かりやすいのはこちらの方で、一般受けするバックロードホーンらしい音とも言えます。
反面、ホーンらしい音に抵抗を感じるひとには108Eの方が好ましく思えるのではないでしょうか?
重量 マグネット重量 再生周波数帯域 出力音圧 SPL 等価的なQ Qts(Q0) 等価質量mms(m0)
FE108EΣ 1200g 400g 77Hz-23KHz 90dB/W 0.3 2.7g
FE103E 630g 193g 79.5Hz-22KHz 89dB/W 0.36 2.1g
FE103En 580g 193g 83Hz-22KHz 89dB/W 0.33 2.55g
FE103En-S 1170g 443g 72Hz-30kHz 91.5dB/W 0.2 2.5g
 FE103En−Sは2010/3月に800個限定で発売予定のユニットです。
とりあえず一個だけ完成

まだ左右が完全に同一条件では聴いていないのですが、第一印象。
箱のサイズが大きくホーンロードの長いFE103E用推奨バックロードホーンとの比較では、低音自体はさすがに大きい方が有利ですが、コンパクトなD−10バッキーでもかなりの低音が出てきますし、音自体に軽さ、薄さがなく、どちらかというとバスレフが出す音に近いと思います。つまり、ホーン臭さがあまりない。

箱のサイズがBRホーンとしては手頃でコンパクトであることを考えると、この組合せはかなり良さそうです。

基本的にBRホーンはJazzなどパーカッシブな音楽に向いていると思うので、ペースやドラムなどのリズムセクションが力強く出てきます。
続いてできたもう一個にはFE103Eを入れてみた
ネジ穴が完全に共用できるので、思いつきで103Eを入れてみました。
103Eの開口穴径は93φくらいなのですが、100φの穴を開けると108EΣと完全に共用できますね。
108EΣに比べると音が軽く高音が強く出過ぎるところがありますが、この箱に入れても充分聴くに耐えます。
低音が出すぎるとも思える推奨BRホーン・エンクロージャよりも、こちらの箱の方がまとまりがよいとも感じます。
108Σと比較してお値段半分、ユニットの重量もマグネットの重量も半分、見た目も貧弱ですが、このような組合せもアリかな?と思います。
新型のFE103Enですと、さらにQ0が108Eに近づいたようですから、さらに音の違いは小さくなるかもしれません。
バックロードホーン
ちょっと変則的な形でできあがったD−10バッキーですが、やっとFE108EΣとの組合せになりました。
ベースやドラムなどリズムセクションの低音が強く出るBRホーンですが、クラシックには向かないというわけでもなくて、クラシックのピアノ曲を聴いてもそれなりに魅力的です。

工作の面白さはありますが、箱の大きさなどを考えるとBRホーンが理想的なエンクロージャであるとは思えないのですが、個性的な鳴り方をするのは確かです。
特に10cmフルレンジですと出力音圧が90dB前後と能率が良く活発な鳴り方をしますので、俗な表現をしますとハタッリが効くとでもいいますか、音でリスナーを圧倒してしまうところがあります。

ですから、BRホーンを作ってその音に驚いても、いつのまにか小型のバスレフに戻っていたりします。

今現在4ラインのスピーカー・セレクターに繋がっている自作スピーカーはといいますと・・・・

(1) FE108EΣ + D−10バッキー
(2) FE103E + Fostex推奨バックロードホーン
(3) Dayton Audio RS100S−8 + rスリムバスレフH360
(4) AURA SOUND NS3−193−8A + Sサイズ・バスレフ

といったところです。
巨大なバックロードホーンと新しく作ったミドルサイズ?のBRホーン、それ以外は偶然ですがUSブランドのユニットで、どちらも低域に個性があるユニットです。

単純に聴き比べると、二つのUSブランドは出力音圧が80dB近いので、90dBとBRホーンの組合せと切り替えると、音が小さくなってしまいますが、ボリュームを上げてやると負けない音を出してくれます。

圧倒的な音、音圧を良しとするか、さりげなく低域を出してくれるバスレフを良しとするか、音楽や音の楽しみ方はいろいろですが、私自身はバスレフの出してくれる音が好みです。
特に3リットル未満というコンパクトなサイズでも、ナチュラルで力強い低域を出してくれるAURA SOUNDは痛快です。

ところで、(1)と(2)の2種類のBRホーンですが、聴き比べても極端な違いはありません。
音の重み自体は108EΣの方がありますが、103Eの方が高音が強く出て軽く明るい音色です。
どちらがよいか?箱のサイズと重量、ユニットの価格の差などを考えて選べばよいと思います。

もうひとつの選択肢として、D−10バッキーの箱に新型のFE103Enを組み合せてみるというのも興味深いものがあります。
ユニットのスペックが108EΣに近づいているからです。
バスレフ箱に入れてみた
D−10バッキーの箱を一個ずつ仕上げ処理するため、ユニットをバスレフの箱に入れてみました。
工作初期に廃材で作ったFE127E用の推奨箱、内容積は約9リットル、fdは81Hzで、sped.exeが出力する特性図は上の通りです。

さすがにBRホーンのような低音は出ませんが、その分中高音が目立つので音としてはこちらの方が私の好みです。
BRホーン専用ユニットだからバスレフの箱に入れてはダメということではないのですね。
この時点で組み合せて鳴らしたのは、同じ箱に入った古いテクニクスの10F10です。
もう一個はFE103E用の推奨バスレフの箱を改造して入れてみました。
こちらは内容積6.8リットルでfdは105Hzです。これで、アンバランスですが同じユニットの組合せで鳴らせるようになりました。

このユニット、BRホーンに入れて低音を響かせるためのユニットですが、バスレフの箱に入れてもかなり良いです、というか私はこちらの方が好みです。Jazzのピアノ・トリオなどですとベースやドラムなどのリズムセクションがピアノの音の背後に隠れてしまいますが、その分ピアノの音が良く聞こえます。ちょっと硬質でブリリアントなピアノの響きです。どちらかというとクラシック音楽を聴くのなら、バスレフ箱に入れた方が良いのではないかと感じます。
価格や重量なども近いのですが、PioneerのPE−101Aに匹敵するレベルだと思います。

ということで、完全に同一条件で聴き比べてみました。
どちらが鳴っているのか分からなくなるほど似ているのですが、わずかな違いは、FE108EΣの方がFostexらしく硬め高音が強く出ます。華やかで活発な音色です。

これに比べるとPE−101Aは全体にまろやかな音色でアダルトな雰囲気です。
同じようなレベルの二つのユニットですが、製造元の音の個性が出ているようです。

下で二つのユニット特性データの一部の比較を表にしてみました。
- 重量 再生周波数帯域 Q0 等価質量m0 出力音圧SPL
FE108EΣ 1.2kg 77Hz-22kHz 0.3 2.7g 90dB/W
PE-101A 1kg 80Hz-20kHz 0.5 4g 90.5dB/W
塗装

BRホーンはサイズが大きくて組み立ても煩雑なものですから接着剤のはみ出しをマスクするのが大変なので油性か水性のペイントで塗りつぶすつもりだったのですが、その前に透明塗装をやってみることにしました。

といってもこれだけの面積をラッカー系のシーラーで目止めするのは大変なので、木彫オイルをいきなり塗ってみました。
ラワン材ですと刷毛塗りしてからボロ布で拭き取ればツヤ無しの塗膜ができるのですが、MDFはどんどん吸い込んでゆきます。270mlのポリビンに半分くらい残っていた木彫オイルをすべて吸い込んでしまいました。
木彫オイルといってもウレタンニスとほぼ同じ成分です。

汚れ止めとしては充分役には立ちますし、ある意味MDFの素材感を残していて良いかもしれません。透明な木彫オイルですが、塗ると写真のように色が濃くなります。
ロールオーバー画像は全体を塗り終わったところです。
FF70EGと聴き比べ
手抜き塗装も一段落してユニットを戻しました。
今回はトールボーイ型に入れたFostexのFF70EGと組み合せて聴いてみました。
なんとユニットの価格差が10倍の比較です。
高音も低音も限度がある70EGですが、極端に見劣りするということがありません。
能率が片や90dBなのに比べ70EGは83dBなのでボリュームを上げてやらないとダメなのですが、音量をあげてやれば大丈夫です。

108EΣを使ったBRホーンはJazzなどのアタック音が得意ですが、クラシック音楽も鳴らせます。この箱とユニットの組合せ、ホーン臭さがないところがとても良いです。
D−10バッキーのホーンロードです
BLUE ARANJUEZ  Terry Harman Trio