仙人のガレージセール


Page 57

5cmユニット用塩ビ管スピーカー

2015/02 (2015/04更新)

AURA SOUND NSW2-326-8Aを使った塩ビ管スピーカー(バズーカ砲型?) 2015/02/22
Fostexのパーソナル・アンプAP05を使ってPCの音楽を鳴らすときに使うスピーカーを塩ビパイプで作ってみました。
パソコンラックに収めるために、バッフル面積は出来るだけ小さい方が良い。その代わり奥行きは30cm以上は取れるということで塩ビ管です。
角パイプなどがあればいいのですけど、丸パイプにはそれなりのメリットもあります。
ユニットは手持ちの中で一番小さなAURA SOUNDの2インチです。内付けしかできないというところがちょっと難点ですけど。
塩ビ管はVU65。VU75ではちょっと大きすぎるしVU50ですとユニットが入りません。
フロントとリアにはソケットを使いました。
このソケットの他にエルボやチーズなども使えます。
いろいろアレンジできる面白さがあります。
写真に一緒に写っているのは30cm長さのマイティスコヤです。

部材はこれだけです。
とりあえずダクト穴は位置決めしただけで開けず密閉型で吸音材無しで聴くと、やはり高音寄りの硬い音になります。
裏板のソケットを外すと後面開放型になり元気は良いけど厚みのない音になります。

塩ビ管を長くすれば共鳴管型になるので、いずれ試してみようかと考えてます。。
密閉型ではどうにも硬い、高音寄りのおとになってしまうので、ダクト穴を開けました。
息苦しさがなくなって低い音も出てくるようになりました。
板厚だけのダクトですが、ここにさらに塩ビ管を入れてダクトを長くしてもあまり意味はないようです。

このAURA SOUNDの2インチユニットはペアで5千円前後とサイズの割にお安くはないので、小さい以外に取り柄がないと思っていたのですが、使いようによってはサイズの小ささを生かした使い道はありそうです。
改めて見直しました。

パソコンラックの予定していた位置に納まりました。
ちょうど耳の高さです。パーソナル・アンプは右スピーカーのとなりに置きました。

写真右下にBOSEのPC用スピーカーがありますが、これが通常使用していて、パーソナル・アンプのミニプラグをデスクトップ機フロントにあるイヤフォン・ジャックに差すと塩ビ管スピーカーに切り替わります。
音はBOSEよりずっとマトモな音が出ます。

パーソナル・アンプの出力は片チャンネルあたり5Wで、AURA SOUNDのユニットは定格入力が15Wということなので、フルボリュームでも慣らせます。またUS製のユニットらしく、パワーを入れてやると良い音が出てくるようです。
小音量だと持ち味が出てこないようです。
ScanSpeak 5F/8422T03
左写真のScanSpeak5cmユニットを外して入れ替えてみたのが右写真です。

このようにわりと簡単に入れ替え出来るのが塩ビ管SPの面白いところです。

まだ片方だけですが、米国製と欧州製ユニットのキャラクターの違いはなんとなく分かります。

sped.exeでシミュレーションして作った訳ではないのですが、できあがった後にシミュレーションしてみました。

パイプの内容積はアバウトな計算で割り出しました。
今回使った塩ビ管はVU65の30cm長ですが、例によってT字継手(チーズ)を使ってトールボーイにしてみました。
ベースは以前に作ったVU75用のをアレンジしたのでちょっと大きめですが、このあともっと長いパイプを付けて共鳴管にしてみる予定なので、この方が安定感があります。

バズーカ型のを縦にしただけで、さほど違いはないはずなのですが、こちらの方が良い鳴り方をするようです。

ほんの少し内容積が増えてダクトの直径も大きくなっているところがわずかな違い。
それでも微妙に違います。
あまり意味はないのですがソケットで繋いでみました。
ソケットの代わりにチーズ(T型継手)で繋いでみました。

共鳴管というより背面開放型に近い軽い大きな音になります。
さらにベースの上に乗せてみました。

塩ビ管スピーカーはパーツを組み合せていろいろ遊べるところが面白いです。
←ユニットをAURA SOUNDに付け替えてみました。
ScanSpeak5cmと音の違いはかなり大きいです。
それにしてもユニット内付けというのはいろいろやってみるのにはちょっと面倒です。

→写真は塩ビ管工作の合間に作った道具です。
Page 3に置いてある写真です。
□共鳴管型
いろいろとかたちを変えながら音をチェックしてきましたが、やっと本命の共鳴管型です。
まだまだ完成品ではないですが、たぶんこのエンクロージャが一番良いような感じがします。

このユニット、小さいだけが取り柄・・と思っていたのですが、しかるべき箱に入れてやるとなかなか良い鳴り方をします。
基本的には2インチのチタニウム・コーンということで硬質の、金属的な音、それも高音寄りの音に変わりはありませんが、なんとか中音域が出るような箱に入れれば充分聴くに堪える音だと見直しました。

左の写真は同じ長さ80cmのパイプを使っているのですけど、右側のは1サイズ上、VU75用のベースを流用して、インクリーザ(異径継手)でVU65のパイプを接続するようにしたので背が高くなってしまいました。

下の計算式は長岡鉄男氏の著書の中にあったものですが、これで計算してみますと102Hzで共振するということなのですがどうでしょうか?
ユニット自体の周波数特性は200Hz-15kHzということなのですが・・・・。
計算値はともかくとして、実際に聴いた印象としてはそれなりに低い音も出ているというか、レンジの狭さが薄まって良く響くようになったと思います。
□ 共鳴管型の計算式
管の長さ、管の半径の単位はmです。
パイプ長 VU50 VU65 VU75 VU100
半径 28mm 35.5mm 41.5mm 58.55mm
1m - - 82Hz -
80cm 103.3Hz 102Hz 101.9Hz -
60cm 136.4Hz 135Hz 134.1Hz -
50cm - 160Hz 159Hz 156.3Hz
30cm 263.2Hz 258Hz 254.5Hz -

パイプの長さ3種類で計算するとこんな具合ですが、なんとなくこれがいいのでは?と感じるのは60cmのでした。計算の結果よりも実際に耳で聴いて良いと思えればそれで良いわけで(。。;)ゞ

3種類のパイプで計算してみると太さによる違いはあまり無いのですが・・・・。
□専用ベースの製作と完成
25mm厚のラワン合板の端材が手に入ったので塩ビ管SP用ベースを作りました。
足の部分は以前にも使ったM16のクロメートメッキ・ボルトを使いました。
これで板厚と合わせて重みのあるベースになります。

VU65用のフランジを使おうかとも思ったのですが、手に入りにくいのとお値段もそれなりなので、安価なソケットをラワン板にはめ込んで、そこにパイプを差すようにしてみました。

右が完成写真です。
左側に立てかけてあるのは30cmと80cmのパイプです。

PCから小さなパーソナルアンプを通して鳴らすのではなく、オーディオ・アンプに繋いで鳴らしてみると、かなり良いです。
これほどの鳴り方をするユニットだとは思ってなかったのでびっくりしました。

共鳴管は面白いですよ。
バックロードホーンなどよりずっと良い音出してくれます。
□ふたたびScanSpeak5cmユニットを共鳴管に入れてみた
AURA SOUNDとの音色の違いは歴然としていて、こちらの方が能率が良いのか快活な鳴り方をします。
低域も良く出てます。ヴォーカルなどはとてもリアルに出てきます。
チタンコーンを使ったAURA SOUNDはかなり硬質な音であることがScanSpeakを聴くとよく分かります。

60cmパイプの後に30cmのに入れ替えてみたのですが、聴けることは聴けるものの、背面開放型に近い乾いた音になりますから、この場合は解放されているパイプ下端を絞ってダクトにした方がいいようです。

このユニット雑誌の付録としては異例と思えるクオリティだと改めて再認識しました。
音楽の友社のHPで調べてみると、ユニット単体で販売されていました。2015/03現在、数量限定ですがペアで税別¥2,500-でした。
Dayton Audio ND65-8 を入れてみた
さすがに6.5cmユニットの角型フレームでは中に入らないのでバッフルは2枚の板を貼り合わせて作りました。
このユニット他のふたつよりちょっと大きいのですが、それだけでも有利で1ランク上の鳴り方をしてくれます。
数えてみるとこのND65は3セットも所有しているのでした。
それだけ気に入ったものなのでした。
下に大まかな比較を表にしてみましたが、Fsが80Hzというのは本当ですか?と言いたいほどです。低音が出るというよりレンジの広さを感じさせてくれます。

それにしても、この三種の小さなユニット、それぞれに個性があって面白いです。
メーカー 型番 コーン材質 マグネット 周波数特性 出力音圧レベル 定格連続入力
Aura Sound NSW2-326-8A チタニウム ネオジウム 250Hz-15kHz 84dB RMS 15W
Scan Speak 5F/8422T03 ペーパー ネオジウム 118Hz- 80dB -
Dayton Audio ND65-8 アルミ ネオジウム 80Hz-20kHz 78.3dB RMS 15W
RS75T-8 アルミ フェライト 160Hz-20kHz 82.7dB 15W
Air Wave CLF060C3-W ペーパー ネオジウム 130Hz-20kHz 84dB 10W
□異径継手(インクリーザ)を使う

左側が今回作ったVU65用のベースで、右側が改めて作り直したVU75用のベースです。
こちらもVU75用のソケットを打ち込んであります。そこにこの写真ではさらに75から65へ落とす異径継手(インクリーザ)を使ってVU65のパイプを入れてます。

こうすると75と65の両方のパイプが使える共用ベースになるのです。

上の写真と少し違った使い方です。
VU75のパイプの先端にインクリーザを使ってVU65用のT型継手(チーズ)を乗せることも可能です。
見た目はイマイチですけど、ひと回り太いパイプに取り付けたらどうなるかの実験ができます。

左写真は上の写真で使ったインクリーザをフロントロードホーンのように使ったところです。
剥き出しのユニットを保護する効果とホーン効果も期待して試しています。
どれほどの効果があるのかは分かりにくいのですが、特に害も感じられないのでこれはこれで良いのではないかと思います。
1個200円以下で買える安価なものです。
Dayton Audio RS75T-8
Dayton AudioのRS75T-8は7cmユニットなのですけど、フレーム形状が丸なのでぎりぎり入ります。
内寸の内側に納まるので少し奥まったところに取り付けました。
継手は内部に向けてわずかにテーパーが付いているので難しいです。
バッフルの直径がわずかでも大きいと入りきらないし、わずかに小さすぎるとスカスカになってしまいます。

接着剤とか木ねじなどを使って固定すれば良いのですが、何度も付け替えたりするのにははめ込み型の方が良いのです。

このユニット、以前のページにも書きましたが、ここで使ってみた4種類のなかで唯一の非防磁型フェライト・マグネットなのです。
音は防磁型のより快活で元気があります。
ND65−8と似ているのですが高音の出方が少し違います。
どちらが好きか分かれるところですが、私は防磁型ユニットの方が好みです。少しだけくぐもった音になるのですが。
ところでRS75Tは7cmユニットとされているのですが、6cmのND65−8よりも振動板は小さいと思います。このあたりが非防磁型のマグネットと相まって高音の鋭さに繋がっているような気がします。ND65の方はスペック通りで低域がよりよく出てきます。ウッドベースの音はこちらの方がはっきりと聞き取れます。
Air Wave CLF060C3-W

廃番になってしまったらしいAirWaveの6cmユニットも入れてみました。
フレームが角型なので継手の内部には入らないのでND65と同じ取付方ですが、これでぎりぎりです。

低域も意外と出ているのですが、それ以上に澄んだ高音がウリのようで、高音寄りに聞こえてしまいます。
それでもちゃんとウッドベースの音は聞こえますが、さすがにND65ほどではないですね。
ここまで比較してみた4種のなかではRS75Tに近い音で、それよりわずかに洗練されている感じがします。
これはこれで魅力的なユニットだと再認識しました。
白いコーンではなく黒コーンのモデルが同等品ではないかと思いますが、こちらは継続して作られているようです。
□中間まとめ
以前に作った塩ビ管の共鳴管型はVU75の排水管を使ったのですが、今回はひと回り細いVU65とその継手DT65を使って7センチ以下の小径ユニットを聴き比べてみました。
ユニットから配線、ターミナルまでの一式がT型の継手、チーズのなかに納まるので、この部分を差し替えるだけで簡単にユニットの変更ができます。
パイプの長さを変えて音の変化をチェックしたり、同じパイプのままユニットを付け替えて、同じ条件で比較ができるところが大きなメリットです。

そして塩ビ管の場合とてもローコストでエンクロージャが作れること、パーツを接着しなくても充分密閉できるので、いろいろな組み合わせができること、もし必要があればバラバラに分解できることなどもメリットかと思います。
今回使用した継手などのパーツはどれも数百円程度で、どこでも簡単に手に入るものばかりです。

唯一、難しいと思うのは木材を精密に丸くカットするところです。
使用する木材はほんのわずかなのですが、丸くくり抜くのはそれなりに難しいものがあります。
特に内側にはめ込むためには精密なカットが必要になります。
8cmユニット TangBand W3-315E

VU65のパイプと継手の組み合わせだと6cmユニットまでが限界ですけど、異径継手のチーズ75×65を使えばひと回り大きなユニット、8cmユニットまで組み込めます。
それでもこの写真左側のTangBandのような丸型フレームとか角型でも小さめのフレームでないと納まりません。

ところでこのW3−315Eというユニットのページを作ってなかったような気がします。
アルミ+マグネシュウムのコーンを使った非防磁型ユニットで、防磁型のはW3−315SEという型番ですが、DIY Audioのユニットに近い成り立ちではないかと思います。

6cmユニットと8cmの比較はあまり公平ではないのですが、やはり8cmユニットは良いです。当然ですけど。
ずっと同じソースを聴いているのですけど、音のリアルさの点では大きい方が有利なのは当然なんですけどね。

その後、いくつかと聴き比べると315Eというユニット、パイプ下端が解放されている共鳴管タイプだとダンピング不足で音が出すぎるのが分かったので、出口を絞ってみることにしました。最初に完全に塞いで密閉型にしたのですが、この方がいいです。低域がわずかに地味になりますが、好ましく締まった音になりました。
8cmユニット TangBand W3-593SD
続けてTangBandのW3−593SDを入れてみました。
フレームが四角なのでバッフルが少し大きくなります。
同じTangBandの3インチ・ユニット同士の比較ですが、ほとんど同じ音がします。
強いて違いを探せば、防磁型の593SDの方が地味な鳴り方で、315Eは少しだけ華やかな鳴り方をします。

共鳴管パイプは315EがVU65で593SDの方はVU75ですが、ほとんど違いを感じませんでした。
バッフルはMDFを2枚貼り合わせて作りました。
この材料は今まで穴を開けたときに出てくる円盤の廃材がたくさん溜めてあったので、それを活用しました。

加工するためにはそれなりの道具と工作のスキルが必要です
 HiWave HIBM65C20F
8cmユニットをVU75用の継手に入れるのはギリギリなので、同じ8cmユニットでもサイズの大きいHiWaveの平面振動板スピーカーは1サイズ上のVU100用継手を使ってみました。
これでもギリギリですが、これなら大半の8cmユニットは納まりそうです。
でもさすがにデカいです。
バッフルは少し中に入るようにしたので、万が一転倒してもユニットが傷むことは無さそうです。

今回、塩ビ管を使った共鳴管型に手持ちのいろいろなユニットを入れて聴いているのですが、改めて見直したのがこのユニットでした。たまたまこのエンクロージャとの相性が良かったのか、なかなか良い音で鳴ってくれます。
購入当時は1個¥1500ちょっとの低価格で、その割に造りが良いと感心したものですが、今はブランド名が変わってお値段も2倍になっています。
たぶんこの現在の価格程度の価値は充分あると思いますし、以前の価格が異様に安すぎたとも言えます。
このような趣味性の強い商品は価格によって評価が決まってしまうところがありますから、あまり安く値付けをするのは不利なのかも知れません。
いずれにしても、購入当時に感じた、悪くはないけどお値段以外に取り立ててこれを選ぶ理由がない・・といったネガティブな印象はありません。
このユニットは現在名前がHiWaveから Tectonic Elementsに変わっています。型番は変わってません。取り扱いは兵庫県にある(有)ミクセルです。http://mx-spk.shop-pro.jp/?pid=52236599
ユニットによっては共鳴管型との相性があまり良くないものもあるようで、上の写真TangBandのW3−315Eは元気ですこし華やかな音なのですが、ちょっとダンピング不足というのか軽薄な鳴り方をします。このようなユニットはバスレフに入れるか、共鳴管の出口を少し塞いでコーンの動きにダンピングを効かせた方が良いのかも知れません。
Dayton Audio RS100-4
VU100のチーズを使ったものですが、もう一組Dayton Audioの小さな10cmユニットを入れてみました。
今回はとりあえず異径チーズがないので100を75に落とすインクリーザを使ってVU75のパイプに乗せました。

左端のHiWaveと聴き比べてみますと、これがわずかな差しかない。
細かいことを言えばアルミコーンのDayton Audioの方が高音部の輪廓がはっきりしているというかメリハリがはっきりしているのですが、HiWaveもなかなかがんばっているな・・・と思います。

スペックを比較してみると、出力音圧レベル(能率)はRS100-4が84.2dBに対してHiWaveは81dBと低めなので、アンプのボリュームが同じだとするとDayton Audioの方が元気に聞こえます。HiWaveはボリュームを少しあげてやらないと比較には不公平になってしまいます。
同じDayton Audio RS100-4ですけど、DT100のチーズですと左のようにユニットが中にはいるのですけど、右のようなDT75に入れ直してみました。
気のせいか小さい方が良い音を出しているようにも感じます。直接的な比較ではないので思い込みかも知れませんが・・・・。
パイプのサイズは3種類
塩ビ管のサイズは左から65、75、100です。
今回作ってみたのは、まず写真左のVU65です。5〜6cmのユニットであればこれで充分ですが、それ以上のサイズのユニットにはちょっと細すぎ。主にルックスの面でですけど。

真ん中のVU75は以前に作ったサイズで、やはりこのあたりが一番手頃なサイズです。異径継手などを使ってワンサイズ上のT管を使えば少し大きめのユニットも使用できます。

で、最後に作ってみたのが右側の太いVU100です。
パイプがちょっと太すぎで見た目がどうか?と思ったのですが、見慣れればこれはこれでアリかなと。
たまたまVU100の継手とパイプの手持ちがあったので、ここまでやってしまいましたが、共鳴管としてだけではなく、円筒形エンクロージャのバスレフとして使えるのではないかと思い、まずは50cmの短いパイプと組み合せてみました。
Dayton Audio RS100-4をVU100のパイプで聴いてみる

バスレフとして使う予定で太いVU100のパイプと組み合せてみました。
パイプの長さはとりあえず適当に50cm。高さが少し違うのはベースへの取り付け方の違いです。
片方が共鳴管風にパイプの底は開放されていて、もう一方は穴を完全に塞いだ密閉型です。
同じユニットでも左右でかなり音が違います。
共鳴管型ではかなり低い音が出てます。ちょっと出過ぎかも? でも決してスカスカの音ではない。
密閉するとわずかに詰まりぎみの音になるので、その分開放されている方は圧倒的に元気良く鳴ります。さすが10cmユニットです。

この後は密閉型から少しずつフタをずらしてバスレフ風にして聴いてみようと考えてます。
□短期間にいろいろ作ってきたのでかなり混乱していますが、塩ビパイプを使ったエンクロージャは作って終わりではなく、いろいろアレンジして音の変化を楽しめるところ、そしてそのためのコストが安価であることが大きなメリットです。
3種類のパイプと5〜6cm、8cm、10cmのユニットを組み合わせて聴くと、これも面白いです。
単純に言えば、径が大きい方がレンジが広く低音が良く出て音量も大きいので有利です。物理的に有利、良い音だと思います。
難点を言えば、音が大きすぎることと、低域寄りになって相対的に中高音が地味になることです。
10cmユニットから小さいサイズのに切り替えると、スケール感がそれなりになってしまうのですが、人間の耳は不思議なもので、聴き続けているとそれに順応してしまいます。
つまり、中高音がメインでもさほど不満がなくなる。
大きなユニットには無いなにかがあるような気がします。

それから、良いユニット良くないユニットというのはあまりなくて、さまざまな条件で鳴らしてみることで、それぞれのユニットの持ち味を引き出せば良いわけで・・・。
Dayton Audio RS75T−8をもう一度

TangBand W3-315Eは硬質の中高音が良く出る反面、共鳴管とは相性が良くなかったので、バスレフ風?に調整してみたところ見違えるほど良い音を出してくれるようになりました。
左写真のDayton Audio RS75T-8も似たような個性で、非防磁型で元気の良い音色なのだけど、共鳴管風だとダンピング不足でちょっとスカスカっぽい音になってしまうのが難点でした。
これもバスレフ風にアレンジすれば良くなるのですが、パイプやパーツが豊富になってきたので、本来の共鳴管らしい位置にユニットを付けてみました。
といっても継手を90度回転させて短いパイプを上に載せただけなのですが、これでオドロクほど良い音になりました。

今までは背面開放型のような残響が無い痩せた音だったのが、残響のあるゆったりとした音になってくれました。
AURA SOUND NSW2-326-8A とScanSpeakをもう一度
(左写真)
相変わらず金属的で硬質な中高音です。サイズの大きなユニットと比べると不利ですが、これはこれで独特の魅力はあります。
遠慮無くボリュームをあげてゆくとそれなりの音が出てきます。もちろんわずか2インチのユニットですから出せる音には限界があるのですけど、その範囲の中ではそれなりに楽しめる音です。
ある意味、これより大きな径のフルレンジでは出せない高音が魅力なのかも。
いずれにしてもこれが2インチと一番小さなユニットなので、それなりに癖はあるので使いこなす面白さはありますね。

(右写真)
ScanSpeak 5cmは侮れない実力のあるユニットです。径は小さくてもそれなりのレンジの広さと雑味の無い音を出してくれます。どのような箱に入れてもそれなりに鳴ってくれる優れたユニットです。
ほんとうに雑誌の付録なんですか?と感心します。
AirWave と Dayton Audio ND65-8 をもう一度
(左写真)
AirWaveの特徴は高音にありますが低域が出ないわけではなくて、それなりにレンジの広さはあります。それでも大きなコーンキャップから出るらしい澄んで高音は個性的です。
特にDayton AudioのND65-8が低域寄りであるだけに、比較すると音の違いはとても大きいです。

(右写真)
今回聴き比べた8cm以下のユニットのなかで私の一番の好みはこのND65−8です。
高音が比較的地味で全体として低域寄りの角の取れた音なので聴き疲れることがありません。
このユニットだけ3セットも買ってしまったのは、やはり気に入ったからだと思います。

音の質は10cmユニットのRS100-4と同じで、スケールダウンしただけ。同じ製造元だから同じになるのは当然かも。
勢揃い

部材が安いこともあってあっというまに増えてしまった塩ビ管スピーカーの部品を集めて全員集合の記念写真です。
部屋の中で撮れるボリュームではないので廊下に集めて写真を撮りました。
8cm未満のユニットはAirWaveのもう一種類とFosterのFF70EGを除いた大半を試してみたので、この集合写真のあとは、また8cmユニットに戻ります。

共鳴管として使うのならパイプ長はやはり1mから2mに近い長さは必要なようです。
8cmユニットをもう一度
完全な同一条件での比較はできないので、VU65パイプの長さ1mの上部にユニットを付けたものと、1.6mの中間にユニットを付けたものでの比較です。
同じTangBandの3インチ・ユニット、W3-593SDとW3-315Eの比較。
このページの上で、音に違いが無いと書いたような気がしますが、かなり違います。
ペーパーコーンと非防磁型、フェイズプラグの593SDは私の一番のお気に入りですが、エンクロージャの条件にあまり左右されず良い音を出してくれます。
これに比べるとアルミ/マグネシュウム・コーンとセンターキャップ付き、非防磁型マグネットの315Eはエンクロージャによって鳴り方が変わります。かなり元気が良く高音がキツいユニットなので、それに見合った箱でないと軽薄な音になってしまいがち。
これとの比較の対象としてはFostex FF85Kの方が良いです。パワフルで元気の良い音という点では似ています。違いがあるとすれば、コーン材質の関係か、繊細さの点でFF85Kの方が勝っている知れません
Fostex FF85K
久しぶりに聴くFF85Kですが、これはかなりエンクロージャを選ぶユニットで、基準にしたのは推奨箱に近いMサイズ・バスレフ・エンクロージャにいれたものです。
結論を先に書いてしまうと、やはりこれが一番です。小さめの箱に入れて元気良く鳴らすユニットです。
共鳴管型とは相性が良くないようで、VU75のパイプ1mに入れると充分な低域が出ない、パイプ下端を絞って(30φの穴を開けた板で塞ぐ)と少しだけ改善される。
下端開放のまま1.6mのパイプに入れて音量を上げると辛うじて低音が出てきます。
それではと、長さ50cmのパイプに下端を絞ったバスレフ風にすると推奨バスレフ箱と同じ豊かな低域が出てきます。
結局、共鳴管型を使うメリットはほとんどなくて、小型のバスレフ箱が最適という凡庸な結論になってしまいました。

(左写真)全長1.6mのパイプの中間に入れた状態
(右写真)その上半分をダクト付きベースに載せた珍妙な状態ですけど、これが意外と良いのです。
Dayton Audio ND91-8

FF85Kが輪廓のくっきりした高音を出してくれるのに対して、USブランドのDayton Audioはミッド・ウーファーと言っても良いような低域重視のユニットです。加齢のためか高音が耳に堪える私には低域寄りで柔らかい音のDayton Audioは好みです。
やはりクラシックよりはジャズ向きではないかと思います。
それにしても、この左写真のふたつのユニットですけど、これほど極端に個性の違う組み合わせは珍しいです。求める音についての国民性の違いを感じます。
ユニットについてはPage 48 を参照してください。
このユニットもいかにも大入力を受け付けそうな造りなのですが、フレームが鉄板であるところがちょっと残念です。
鉄板をもっと厚くするかキャストフレームだと良かったのに、意外とこのあたりには無頓着なんですね。
○ 塩ビパイプを使うからといって共鳴管型にこだわる必要はない。
●共鳴管型に向いているユニットとそうではないユニットとがある。
○共鳴管型にする場合、ユニットに適した太さと長さが必要で、これは理論だけではなく実際に鳴らしてみて確認した方が良い。
●パイプ端、音の出口を絞るなどの加工をしてバスレフ型にすれば短いパイプでもOKで、むしろこちらの方が現実的かも。
○ユニットごとに最適と思われるエンクロージャを探すのも自作オーディオの楽しみ。
●物理的に良い音と感覚的に好きな音とは違う。比較すると劣っているユニットの音が好きになったりするから不思議。
HiWave HIBM65C20F Dayton Audio RS100-4 をもう一度
(HiWaveはTectonic Elementsに変わっていますがここではそのまま表記します)

今回の塩ビ管スピーカー遊びで一番の収穫はこのふたつのユニットでした。
表記サイズは10cm&8cmと違うのですがサイズはほぼ同じで、非防磁型のフェライト・マグネット。違いはコーンの材質でHiWaveがハニカム構造のパルプ、Dayton Audioはアルミ。
振動系が重いのかHiWaveは共鳴管型と相性が良いようで1m程度のパイプでも柔らかい良い音を出してくれました。

50cmのVU100に入れたDayton Audioは異様な低音が出たりしてちょっとじゃじゃ馬でしたが、開口部を絞って吸音材を入れることで次第に落ち着いて良くなってきました。
ユニットの能率はHiWaveが81dBと低く、Dayton Audioは84.2dBと活発です。
Dayton Audio ND91-8 をもう一度
太さが3種類のパイプを使って共鳴管型を作りながら結局たどり着いたのはバスレフ型でした。
長さ50cmのVU100を使い開口部を絞ったものがパワーのある8〜10cmユニットには最適なようです。
左写真右側の80cmパイプですと低域が出過ぎてイマイチでした。
50cmパイプの容積は計算してみると約4.5リットル。チーズの部分は目測で1〜2リットルの間でしょうから、Lサイズ・バスレフとほぼ同じということで、spedでシミュレーションしてみてベースのところにパイプダクトを付けてみました(写真右参照)。
板材をずらして開口部を絞ってみた感覚から、おおよそこのくらいが適当ではないかと。
ダクトパイプは長さ5cm程度ですが、これは無くても良いのではないかとも考えます。
要は、パイプの開口部から抜けてしまう空気をある程度抑えてやればコーンの動きが適度にダンピングされ好ましい音になってくれるということです。
ND91-8は防磁型ネオジウム・マグネットとアルミのお椀型コーンなので、RS100より高音部が地味な鳴り方をします。音の角が取れた柔らかい音色で私の好みです。

グレー一色で区別が付かなくなってきたのでチーズの部分だけメタリック・スプレーで塗装しました。
またAURA SOUNDに戻ってみた。

8cmとか10cmのユニットが有利なのは当然だけど、8cm未満の小径ユニットは使いこなす面白さがあります。
そんな中でも一番小さくて癖があるAURA SOUNDの2インチ・ユニットにまたチャレンジです。
左写真は一番短い30cmのパイプを使った状態で、左側が60cm、右側が80cmです。
右写真のようにパイプの出口は少しだけ開けたバスレフ状態です。
30cmで共鳴管状態だとスカスカの音になってしまうのですが、開口部を絞ると良い具合にコーンに負荷がかかって低域が出てくるようになりました。

この小さなユニットの場合、内容積が大きくなるとエンクロージャ内の空気をドライブできなくなるようで、高音がやたらと耳に付くようになります。音量を上げてゆくと少し改善されるのですが、結論としては一番短いパイプに入れた状態がとても良いのです。
相変わらず音は硬質ですけど、これはこれでユニットの個性として認められます。
唯一問題は、フロア型で床から30〜40cmの高さというのは低すぎることです。
ちなみにVU65×30cmのパイプの容積を計算してみると単純に1.2リットル、チーズの部分も推測で加えて1.6リットルといったところです。80cmですと3.2〜3.6リットルなので大きすぎます。
プリメイン・アンプをMarantzPM6005に入れ替えた (2015/04/09)
DENONのプリメインアンプPMA-390Wには格別不満もなく長年使っているのに不具合もないのだけど、最近のモデルに入れ替えることにしました。
オーディオに興味を無くしていた時期にサンスイのアンプが壊れてしまったので、家電量販店で適当に選んで買ったのでしたが、低価格モデルなのに耐久性は文句なしです。
いつ頃買ったのか覚えてないのですが、調べてみるとこのモデルの発売時期は2000年らしいですから少なくとも10年以上は使い続けていることになります。下位モデルとしては相変わらず定評があるようで、今現在もPMA-390REと言う型番で作り続けられていて、お値段が2万円ちょっとということで販売好調のようです。

私が購入したものはMade in CZECH Republic と書かれていてチェコ製造なのでした。
頻繁に指で触れる電源ボタンやスピーカー切替ボタンは擦れて表面の塗装が消滅して生地の白い樹脂が見えています。
当初、候補として考えたのは390の上位モデルPMA-1500REでしたが、なぜか関心がMarantzに移ってしまいました。
ショップで聴き比べて選ぶほど興味があるわけでもないので、分かりやすいスペック、自分が必要とする機能のあるモデルを選ぶことにしました。
もともと低価格の自作スピーカーをドライブするだけなので、それほど高性能モデルでなくても充分。

Marantzのなかで最初に候補にしたのはPMA-1500REとほぼ同じ価格帯のPM7005でしたが、PCとオーディオを繋ぐことは今はあまりしたくないので、その下位モデルPM6005にしました。
USB-DACは無いが光デジタル入力はあります。これが最下位モデルPM5005になるとアナログ接続のみになってしまうので、これは対象外になりました。
我ながら不思議な選択基準だと思いますが、スピーカーは2系統接続できて切替ができることと、サービスコンセントが用意されていることが好ましい条件でした。
このふたつの条件は上位モデルではなく下位モデルで用意されているスペックのようで、中級モデルの中にはスピーカー接続は2系統でも切替ができないものもありました。
つまり2系統接続するとどちらも鳴ってしまうという不思議な仕様。

ということで自作のオーディオ・ラックのなかに納まったPM6005です。
年々、オーディオ機器がデジタル化され小型軽量してPCの周辺機器となってきてますが、ピュア・オーディオ?の機器にはまだデザインがあります(。。;)ゞ

このMarantzは左右が曲面になってます。機器を全部Marantzにするのならこれでもいいけど、フロントパネルがフラットなものが大半なのでちょっと違和感があります。

左右の大きなダイヤルはどうやらアルミ製で、その間のパネルもアルミですが、左右の曲面の部分はプラスチックです。
大きなダイヤルの左側が入力セレクターで、ダイヤルの廻りに表示は無く、中央の黒く細長い部分が表示部でブルーのLEDが順番に点灯します。
その下の小さなボタンの中央のふたつがスピーカー・セレクターで左右がラウドネスとソースダイレクト。さらにその下の3個のダイヤルはお約束のバス、トレブル、バランスです。
今はリモコンで操作する時代なので、手で触れるダイヤルなどにコストをかけたりデザインしたりする意味はあまり無いと思うのですけど、オーディオ機器の歴史はそうそう変えられないのでしょう。

取り外したDENONのアンプの上にMarantzを載せた状態です。
PM6005は端子がすべて金メッキされていますが、スピーカー・ターミナルなどは見た目ほど造りが良いとは思えない。
DENONの方がしっかり作られています。

Marantzの方は新しいだけにデジタル入力もあるのですが、やはりメインはアナログ接続です。

肝心の音はというとほんのわずかな違いですけど、それなりに新しさを感じます。アンプによる音の違いは微妙ですが入れ替えただけの価値はありそうです。
機器の配線は時間がたつとなにをどうしたのが忘れてしまうので図で記録しておくことにしました。
図に書くとさほど煩雑でもないのだけど、ラックの裏側は配線が入り組んでいます。

それから使用していない入出力端子も書いておくとなにか思いついたりすることがあったりします。
基本的な使い方はTASCAMのコンビネーション・デッキとMarantzのプリメイン・アンプなのですが、このほかに音楽ソースとしてはSONYの古いMDデッキ、DELLのPC、再生アンプとしてはこれも古いBOSEのパワーアンプが加わってきますし、独立して使用可能なONKYOのCDレシーバーなどもMDを再生できるようにしました。
約10年前の低価格プリメインアンプの内部です。
AirWave CLF060P2
アンプを新調したあと、また小径ユニットを聴き比べています。
いままで手を付けてなかったもうひとつのAirWaveのユニットをミニサイズ・バスレフエンクロージャから外して塩ビ管に付けてみました。
付け替える前に鳴らしてから取り付けたのですけど、こちらの方が明らかに良い音を出してくれます。
もうひとつの白いペーパーコーンのものほど高音寄りではないので私の好みです。
これより大きなサイズのユニットと聴き比べなければ、これでも充分なバランスの良い音を出してくれます。このユニットについてのページはこちら。 

このようにして塩ビ管でいろいろな条件にして鳴らしてみると、ユニットとエンクロージャの相性がどれだけ大事かが分かりました。

このユニットと同じアルミのお椀型コーンを使ったDayton Audio ND65 との比較も面白いです。Dayton Audioの方が低域寄りで柔らかい(にぶい)音がします。これは聴く人の好みですね。
8cm未満のユニットのなかでこれはすごいと感じるのは雑誌の付録だったScanSpeak5cmユニットです。ペアでも2500円程度のユニットでこれだけの音を出してくれるのはすごいと思います。

(写真右)
くり抜いた穴の残りの円盤にさらに穴を開けてダクトにしてみました。
板をネジ止めするするのに比べて見た目もすっきり。
内側から叩けば取り外すのも簡単です。
Foster FF70EG

塩ビ管を使ったエンクロージャの難点は、角型フレームのユニットが丸の中に納まらないところです。
FF70EGはVU75用の継手でも写真のように外付けしなくてはなりません。できれば内部に入れたいところですけど。

この継手は75×65でVU65のパイプに載せていますので、ワンサイズだけ頭でっかちになってますが許容範囲でしょう。
6cmユニットより1cm大きいだけですが、それだけのことはあります。
もともとあまりとがった高音は出さず中低域寄りのマイルドな音を出す好ましいユニットですが、やはりこれはデキが良い。
左写真では40cmのパイプでダクト付きなのですが、80cmパイプの下端開放の共鳴管の方が良い鳴り方をしてくれます。

やはり共鳴管型はユニットとの相性があるように感じます。

ステンレス魔法瓶のメーカー「サーモス」が作った真空瓶のスピーカーです。
YouTubeの動画はこちら