仙人のガレージセール


Page 44

Making DT-175

2010/08

前ページの塩ビ管継手スピーカーは完成するとこれだけのものですが、通常の四角い箱に比べてはるかに工作が複雑です。
というのも木材を丸くカットしなければならないからです。
一般的に円切りカッターは穴を開けるのが目的で、円を切り出すのが目的ではないから、ちょっと大変です。
切り出す円盤は一個あたり6枚ですから、一組で12枚を切り出さなくてはなりません。

外から見える部分の板材は4mm厚のシナ合板を使い、これを外板と名付けます。合板を使うのは強度が必要だからです。
強度が必要ではない中板には9mm厚のMDFを使いました。安価で加工性が良いからです。
バッフル板を作る

一番手前の白い板がシナ合板の外板で、その後ろの薄茶色のが中板を切り出すMDFです。

外板は丸く切り出さず罫書きをしただけで、中板は塩ビ継手の内寸に合わせて切り出します。

外板と中板を接着硬化させたあと、61φの穴を開けます。
丸い材料に丸い穴を開けるのはちょっと手間がかかるので外板は四角いままの状態にしておきます。

さほど重要ではないのですが、あらかじめ61φの穴を少しだけ開けておきます。

最初に細いドリルでセンターに穴を開けてから、この自在錐のセンターでその穴を広くします。

一番大変なのが中板の切り出しです。
大きな自在錐を使うため卓上ボール盤は使えず、重たいドリルを持って腰をかがめて作業しなくてはなりません。

しかも、切り出す円盤の径を合わせるのに一苦労です。
最初に一個だけ切り抜いて、塩ビ管に合わせてみてから微調整して残りを切り出します。

切り出した中板を外板に接着しているところです。
センターのボルトと小型クランプを使っていますが、このクランプは百円ショップで2個100円で売っているものです。

道具はあればいつかは役に立つときがくるものです。もっとも、ここはクランプを使う必要もないとは言えるのですけど。

自由錐厚板用でユニット取付穴を開けます。
この加工の時には板材が四角の方が有利なのです。
ユニットの端子をクリヤするため電動トリマ−でザグリを入れたところです。

61φの開口穴ですとザグリ無しでも入るのですが、ユニットを円の中心に取り付け目ためにはザグリは必要になります。

ザグリは表まで貫通させても良いのですが、表面の数mmは残しました。

テーブルソーで一個ずつ切り離します。
今回作ったのは2セット分の4個です。

さらに余分な角を切り落として8角形にします。

径が同じ塩ビ管継手を作業台にして電動トリマ−で丸くカットして、角を面取りします。

トリマ−ビットは「コロ付かさ付目地払い」で塩ビ管の外径に合わせて丸く整形して、「コロ付ボーズ面1分」で角を丸く面取りします。

ビットを入れ替えるのが面倒なので面取り専用に安価なトリマ−を使っています。

2個だけ仕上げたバッフルです。
ユニットを入れてネジ穴などをマークしておきます。

ユニットの外寸などを罫書いて置くと、組み付けの時に役に立ちます。
丸いバッフルなので水平垂直の位置決めは慎重にしないとユニットが斜めに付いてしまったりします。

中板の寸法がタイトなら接着しなくても良いのですが、あとから取り外す必要がなければ木工ボンドなどで接着してしまいます。

この状態を見るとこれだけのものなのですが、ここまでくる工程はそれなりに煩雑です。

Titebond

米国製の木工用接着剤タイトボンド・オリジナルです。
一般的なコニシボンドやセメダインなどと違ってどこでも手に入るというものではないですが、気になっていたので一番小さなものを買ってみました。

一般的なものとの大きな違いは、サンドペーパーで削れるということと塗装のノリがよいということのようです。
硬化すると多少弾力のある樹脂になるため、一般的に木工用ボンドはサンドぺーパーでは削れませんし、ニスなどは弾いてしまいます。

このタイトボンド、楽器などの組み立てには使われるのだそうです。
木口の目止めと肉盛りに使えないかと思ったのですけど、やはり硬化すると痩せてしまうのでパテ代わりにはならないようです。
水分が50%くらいということで、これが蒸発する分だけ肉痩せしてしまいます。

バッフル板を加工する別の方法です。
完全に成形してから接着するのではなく、八角形の状態で接着し(写真右側)、硬化してから電動トリマ−で写真左のように加工します。

この場合はタイトボンドで接着し、はみ出た部分はそのまま硬化させ、トリマ−の刃で木材と一緒にカットするので接着部の仕上がりはきれいになります。

難点は接着後の切削加工なので、失敗した場合は全体がダメになってしまうことでしょうか。
天地板を作る

バッフル板の中板と同じく9mm厚のMDFから円盤を切り出します。
塩ビ継手の内径より0.5mm大きいだけで入りません。0.5mm小さいのはOKですが、できればぴったりと入った方が良いので、ちょっと手こずります。

ラワン合板よりは加工しやすいところがMDFのメリットです。

4mm厚のシナ合板から外板を切り出します。
自由錐薄板用を卓上ボール盤に取り付けての作業なので楽で安全す。
切り出す板は塩ビ継手の外径より1mmくらい大きめにします。
切り出す寸法精度もアバウトなので簡単です。

バッフル板と同じように外板と中板を接着します。センター部のボルトとクランプを使いますが、クランプは使わなくても大丈夫。

底板はナットが入るよう座彫りするため、もう1枚端材を接着します。
↓天板はターミナル取り付けのための穴を鉄工ドリルで、ダクト用塩ビ管を貫通させるための穴を開けます。
↓ 3枚貼り合わせた底板はM8のナットが入る深さだけファスナービットで座彫りします。底板の3枚目の板はバッフル板でくり抜いた廃材を使いました。天板と地板の間が平行になって定在波が発生するのを防ぐ効果も期待しているのですがどうでしょうか?

このあとはバッフル板と同じように、電動トリマ−を使って塩ビ継手の外径に合わせてカットしてから、角を丸く面取りします。

これで木材パーツの加工は終わりです。
あとはダクトの塩ビ管をカットして打ち込み、全ネジボルトで挟んで出来上がりです。

できあがってしまえば、やはりこれだけのものなのですが、見えない部分に手間がかかっているのが、この加工プロセスを見るとよく分かることと思います。
ボルトと塩ビ管のカット
全ネジボルトと塩ビ管の切断は火花が出たり切り粉がすごいので屋外で作業します。
小型切断機を使うと金属の切断が早くきれいにできますしネジ山も潰れません。

使用する全ネジボルトはM8ですがM6でも使えます。
スピーカー一個につき、ナット、スプリングワッシャ、蝶ナットを各一個、平ワッシャを2枚使います。
スターエム 自在錐No.36
穴開けのための先端工具がまた増えました。スターエム製の自在錐です。
穴開け能力は30−120mmなので、手持ちのものでも充分なのですが、今必要なのは穴を開けることではなく円盤を切り出すことなので、ふところ深さが100mmの卓上ボール盤でも使用可能なものを買ってみました。

この製造元にはワンタッチで直径を変えられるタイプがあって魅力的なのですが、特定の直径専用として使うので比較的安価なタイプ、六角レンチで直径を変えたりセンタードリルを付け替えたりするオーソドックスなタイプにしてみました。

使ってみますと、ハイス鋼の薄い刃の切れ味が鋭いので切り口がとてもキレイに仕上がりますし、切り粉もあまり出ません。
回転指定が1500回転以下ということなので、通常の鉄工用ドリルでは回転が速すぎて危険そうですが、ボール盤ですと回転が遅いので使いやすいです。

穴開けのため先端工具は各種使ってみましたが、切れ味の鋭さではこれがベストです。

外刃と内刃でカットするのですが、内刃の方がわずかに長くできるいるので、今回のようにくり抜いた円盤を使う場合にはとてもきれいにカットできて良いです。
穴加工できるサイズも手頃なのでこれ一本あれば充分と言えます。
S'Wonderful  Diana Krall