仙人のガレージセール


Page 43

塩ビ管スピーカー DT-175 & DT-165

2010/08

前ページで作ったDT100は3方向とも100mmの排水管を接続する継手なので、8cm未満の小さなユニットを入れると見た目が少しアンバランスになってしまいます。
ということでDT100は8cmユニット用にしてそれ以下の小さなユニット用に別の継手で作ってみました。
継手は「DV DT100×75」というもので、100mmの排水管にひと回り細い75mmの排水管を合流させるための継手です。

相変わらず重心は前寄りですが、大きめのベースを付けなくても自立していますから、ルックスも良いです。
継手の形状の面白さを殺さないため、木材部はすべて丸を使いました。
内容積はアバウトな計算ですけど1.9リットル前後です。

左のふたつはFostexP650、右の二つはFosterのFF70EGを組み込んでいます。

7cmですが、これが組み込めるぎりぎりのサイズのようです。

4個とも色違いですが、すべてメタリック・スプレーを使いました。

バッフルだけを作り足せば、他のユニットに入れ替えられるのがメリットです。

新しく手に入れた小型フルレンジ2種を入れてみました。
今回は木材部は共用できるようにブラックで塗ってみました。

左がわずか5cmのAURA SOUNDユニットで、色はブルー・メタリックです。
右はFosterの非防磁型7cmフルレンジ、FF70BKです。ボディの色はターコイズ・メタリックです。
SPEDで特性図を出してみたのが上の二つです。FF70BKはこのくらいの容積でも充分のようですが、2インチのAURA SOUNDには少し大きすぎるというか、ダクトの設定値が低すぎるようです。
ですので、ルックスの面もあるのでこちらはさらに小ぶりな塩ビ継手に入れてみる予定です。

まだそれぞれ一個だけなのでアンバランスな組み合せて聴いているのですが、2インチのAURA SOUNDはP650と組み合せても負けないです。FF70BKはFF70EGとの違いはわずかですが、少しパワフルで力強い鳴り方をするようです。
AURA SOUND NSW2-326-8A
AURA SOUNDのわずか5cm(2インチ)のユニットを買ってみました。
写真のようにペアで箱に入っているのですが、なんとも簡素なパッケージです。輸入元は(有)横浜ベイサイドネットですが、私が購入したのはコイズミ無線です。
コーンはチタン、エッジはたぶんゴムでフレームは樹脂製、マグネットはネオジウムのシールドタイプです。
裏側にはなぜかステンレスの金網が貼ってあります。内付け用なのでパッキンはフロント部に付いています。

47φの開口穴を開けて入れるのですが、内付けでもフレームに余裕はないのでギリギリのサイズで穴を開けて、軸付きヤスリで穴を広げてピタリと入るようにします。
周波数特性は250Hz〜15kHz、能率は84dB、耐入力は15W/MAX60Wです。MAX60Wというのもすごいですね。
バッフルへの取り付け

47φの穴を開けるわけですが、ユニット自体の外寸は49mmなので、余裕は片側で1mmしかありません。

ここで使ったのは4mm厚のシナ合板を外側に、12mm厚のMDFを内側に貼り合わせました。

組み付けるとこんな具合です。
ユニットの図面では出幅(奥行き)は15.5mmなのでわずかに奥まった状態になります。
Foster FF70BK (411209)
Fosterの防磁型7cmフルレンジ・ユニットFF70EGはコストパフォーマンスの高いユニットで気に入っているのですが、最近販売されるようになったFF70BKを買ってみました。
70EGはスペックがよく分からないユニットですが、こちらはFosterのHPの製品リストに掲載されているもので、その型番が411209です。

非防磁型ですが、このマグネットはどこかで見たような気がします(^_^;)
プレスされ黒く塗装されたフレームは70EGと同じパーツのようなので、ネジ穴の位置も共通ですが、防磁型に比べてマグネットが大きいため、端子を入れる部分にザグリが必要です。
FF85KやP650と同じく組み込みの難しいユニットです。

もう一個はFF70EG用のエンクロージャとしては一番気に入っているトールボーイ型に入れてみました。
こちらもザグリ加工を追加しないと入りませんでした。

防磁型の70EGよりは活発です。基本的にはサイズの割には低域が良く出るユニットです。
ちょっと地味だけど聴き疲れしない防磁型を好むか、70BKの元気の良さを取るかは、好みの別れるところですね。

面白いのはFostexのP650はFosterとは違った、いかにもFostexらしい高音を出すということです。

上の写真でFF70BKを組み込んだトールボーイ型での特性図は右のようになります。
fd自体はさほど低く取っていないのですが、fdのところで強く出るため、低域が良く出るように聞こえます。
左の2個ができあがったFF70BK用です。
これでほぼ同じ条件の箱でFF70EGと聴き比べができるようになりました。

ほぼ同じような・・と思っていたのですが、同じ条件で切り替えて聴くとかなり違います。

高音が強く出て華やかなBKと低域がより強く出るEGという強い個性があります。
メーカー 型番 周波数特性 効率 入力 重量 外径寸法 開口寸法
Foster FF70BK 125-20kHz 82.5dB 10W 240g 70*70mm 61mm+α
Foster FF70EG 135-20kHz 83.5dB 5/11W 320g 70*70mm 61mm+α
AURA SOUND NSW2-326-8A 250-15kHz 84dB 15/60W 220g 49*49mm 47mm
Fostex P650 150-20kHz 85dB 5W 249g 65*65mm 58mm+α
AirWave CLF060C3-W 130-20kHz 84dB 10/20W 67*67mm 61mm
DT165 AURA SOUND 2インチ専用
塩ビ継手を使ったスピーカーが3種類になりました。
左が最初に使ったDT100用で、真ん中がDT175用、右がDT165用です。

DT165用の部材はこれだけです。
材料費はたぶん2千円以下だろうと思いますが、板材をここまで加工するのには、かなりの手間と時間がかかります。

電動工具と先端工具がフル回転します。
やっとペアになりました。
ユニットは聴いてみないと分からないもので、2インチでfsが250Hzというスペックからは想像が付かない音が出ます。
ニアフィールドで聴くには充分ですし、かなりのパワーを受けつけるので音量をあげるとかなりの音が出てきます。

ユニットに向き不向きというものはないと思うのですが、JAZZ系のアタック音、パーカッシブな音の再生が得意ですね。
メタルコーンらしい少し硬質で輪郭のくっきりした音です。

Fostexの7cmユニットと比較しますと、価格的に2〜3倍というころが悩ましいところですが、とにかく小さなユニットを小さな箱に入れてガンガンならしたいという向きには価値のあるユニットだと思います。
吸音材
塩ビ管継手を使ったこのエンクロージャの場合は吸音材は入れなくても大丈夫だと思いますが、入れないと気が済まないとか気が引けるというときに手頃なのが水槽用のフィルターかと思います。

大きさはおおよそですが360mm×120mm×18mmで、1パックに2〜3枚入って百円です(ダイソー)。

今回はこのなかの1枚を半分にカットして左右に入れました。
それほど吸音能力は高くなさそうですが、小径ユニットではこれでも充分ではないかと思います。
塗装プロセス

天板と地板をラッカー刷毛塗りで下塗りしているところです。
MDFではないのでサンディングシーラーでなくてもOKです。

目的は木口(コグチ)、カットした断面の吸い込み止めですので表面に塗る必要はないのですが、はずみで塗ってしまいました。

乾燥してからサンドペーパーで削って、もう一度塗ります。
切断面を完璧に仕上げるのならラッカーパテなどで穴埋めをして削った方が仕上がりは良いでしょう。

塩ビ継手は複雑な形状なので塗り残し、塗りむらが出ないようにいろいろな角度からスプレーします。塗装する前にシンナー類、車用のパーツクリーナーなどで表面の汚れ油分を落とします。
今回使ったのは一般的なシルバーです。かぶりが良いので軽く一度スプレーしただけでもきれいです。
木材と違って金属や樹脂は吸い込みがなく表面が平滑なので仕上がりはきれいです。

左写真はまず後ろ側から塗装しているところです。
手前下にあるのは端材で作った架台です。
扱いにくい円筒形の継手を加工するときのために作ってみたのですが、塗装にも使えます。
円盤を切り出したあとの残りの端材を接着しただけの簡単なものです。

今回は初めてバッフルを接着しましたので、これだけは継手と一緒に塗装します。
バッフル開口部には中にスポンジを入れて塗料が入るのを防いでいます。

天板地版は同じ径の継手類を塗装治具にしてそれぞれ個別に塗装します。

上の写真を撮った直後に塗装して撮った写真ですが、光沢があるので露出がこれだけ変わります。

二度塗りすれば充分です。
カラー・ギャラリー

ホワイト・バージョン for Y&H
(2010/08)

オリーブ・メタリック・バージョン for KAZU
(2010/08)

オリーブ・メタリック・バージョン for Jyunko
(2010/08)
ダクト長40mm

シルバー・バージョン for Moran
(2010/08)

サブソニック・シルバー・バージョン for Hoshiyama
(2010/08)

ブルー・メタリック・バージョン for Uninin
(2010/08)

オフブラック・バージョン
(2010/09)

光を微妙に反射するメタリックペイントに比べると、ソリッドカラーは塩ビ管継手の複雑な造形があまり目立たなくなります。
さらに色がブラックになると地味になりますが、ユニットを組み付けますとクロメートメッキされたフレームがアクセントとなってユニットが引き立ちますね。

光沢のある通常のブラックではなくつや消し黒の方が質感が高く見えます。
 I'm a fool to want you   Dexter Gordon