仙人のガレージセール


Page 42

塩ビ管スピーカー DT100

2010/07

塩ビ管の継手を使ったスピーカーは2007年に作った(Page 10)のですが、前ページで作った雑誌付録のFostex P650を入れるために、もう一度チャレンジしてみました。
オーソドックスな木材を使ったエンクロージャに比べて、特に優れているということではないのですが、形のユニークさと工作の面白さはあります。
使う材料は一個が500〜600円程度の塩ビ継手以外には、木材もわずかで済みますから安上がりな工作です。
でも、その割には手間はかかりますので時間消費型の楽しみと言えます。

前ページ末に載せた試作0号機は、とりあえずMDFの端材を丸くくり抜いて音が出るように作ってみました。
これを作ったあと、板材2枚を張り合わせてバッフルなどを作るように改良したのが下の写真の試作1号機です。
試作1号機

使用する塩ビ継手は排水管100mm(VU100)用の「チーズ」と呼ばれているT字型の継手です。

これは100φの配水管に90度方向から同じサイズのパイプを合流させるための継手で、水流が流れる方向が側面に表示されています。

今回は左写真のような形で設置する方法を考えたのですが、フロントヘビーになってしまうのが難点です。
P650程度の軽いユニットならかろうじて立ってますが、8cm防磁型などの重いユニットの場合は台座を工夫しないと前に倒れてしまいそうです。

横置きしても良いのですが、設置スペースに制約が出てきます。
使用する材料
*塩ビ管継手 DV DT100 (VU100用チーズ)  2個
*ダクト用塩ビパイプ VP25 L=50mm        2個
*メッキ全ネジボルト M8 L=285mm        2本
*M8用 ナット、ワッシャ、スプリングワッシャ     ボルト2本に必要なだけ
*6mm厚 MDF or ラワン合板 124φ       6枚
*12mm厚 MDF or ラワン合板 114φ      6枚

塩ビ継手の内容積は概算ですが約2リットル強です。
ダクトの計算値は100Hz前後です。塩ビ管を付けない状態での計算値は200Hz前後になるのですが、聴き比べて違いはよく分かりません。

全ネジボルトは手持ちのM8のを使いましたが、ひと回り細いM6でも大丈夫だと思います。規格品として売られているものの長さは285mmなのでカットしなくてはなりません。ナットは片側に蝶ナットを使いましたが、普通の六角ナットでもOKです。

木材は外板に6o厚のMDF、中板には手持ちの12mm厚ラワン合板やMDFを使いました。
6mmMDFは百円ショップで見つけた300mm×400mmの板1枚で間に合いますから、材料代は百円です。
加工しやすいのはラワン合板やシナ合板などよりMDFの方ですが、切り口は前者の方がきれいです。
塩ビ継手の外側に出る6mm厚の板を便宜的に「外板」、継手の中に入る板を「中板」と呼ぶことにします。
上の写真は、左側から底板、ダクトとスピーカーターミナルが付く天板、そして右がバッフル板です。

天板と地板はボルトで締め付けるため、中板の直径はわずかに小さめで、すっぽりと入る程度で良いのですが、問題はバッフルです。
接着固定するのであれば、同じように多少緩めでも良いのですが、取り外し可能にするためには、タイトで叩き込むような寸法に切り出さなくてはなりません。

板を丸くカットするためには、専用の先端工具とヘビーデューティな変速ドリルが必要ですし、正確な寸法に切り出すためには試行錯誤が必要になります。
また、外板と中板それぞれを加工し張り合わせてからさらに加工するため、手順をよく考えなくてはなりません。
このあたりはパズルみたいです。
直径100mmを越えると卓上ボール盤は使えないので、左写真のようにドリルに円切りカッターを付けて作業します。
腰をかがめて作業するので堪えます。

円切りカッターは穴を開けるための道具なので、くり抜いた円盤を使う場合はちょっと神経を使います。
DT−100 Round1 完成写真
ラッカースプレーを使って塗装しました。
台座もこのように大きくしたので安定感があり、手前に引いても倒れません。

使った木材はすべて丸くカットしたものなので、DT−100 Round1 と名付けました。

吸音材はユニットの背後の位置に日東電工のエプトシーラーを小さくカットして貼り付けました。
試作2号機
1号機を作っていろいろ問題もありました。なによりも板を丸くカットするにはそれなりの道具が必要という点です。
それでは・・と2号機は角型バッフルにしてみました。
あまりカクカクでもどうかということで四隅はジグソーで丸くカットしましたが、この方法ですと円切りカッターがなくても大丈夫です。

塩ビ継手の形が見えにくくなってしまうのと、ユニットに比べてバッフルの面積が少し大きすぎますが、8cmユニットならば少しはバランスが取れるかもしれません。

ダクトは貫通取り付けなので、写真のように外から着けたり外したり、長さを変えてみたりできます。
さほど変化は感じられませんでしたけど。
板材の加工
外板は外径の寸法で正方形にカット。中板は今回は100mm角を使いましたが、アバウトでOKです。ただし、寸法が大きくなるほど曲面加工する長さが長くなります。
外板も中板も四隅は丸く加工しますが、ジグソーがあれば簡単です。無ければ刃の細かいノコギリなどでカットします。
いずれにしてもヤスリやサンドペーパーなどで丸く整形します。
今回使った内板の材料は古いコンパネの廃材なので汚いです。
内板は継手の中にぴったり納まるように削って調整します。
この作業が手間取ります。

外板と接着して穴加工をします。
2号機は「角」をモチーフにするので台座も長方形の角型にしました。
DT−100 Square2 完成写真

角型のは暗色系メタリックで塗ったのですが、ちょっと暑苦しいので丸型と同じ色で塗り重ねました。
今回撮った写真はプラス補正して撮ったので明るく撮れてます。

角型ですとバッフルの面積も大きくなるので、8cmユニットの方がバランスは良いかも知れません。

バッフル板をもう1枚(もう2枚)作れば8cmユニットのスピーカーに変身します。
完成ペア写真

これが出来上がるまでは、同じユニットを使ったとはいえ違う箱の組み合せて聴いていたのですが、やっと同じ箱で聴けるようになりました。

やはりバランスは良いです。

チープで小さなユニットですが、ちゃんとオーケストラが聴けます。

もっもと、AirWaveの6cmユニットを使ったMINIバックロードホーンと聴き比べると、その差は歴然としますけど。
8cmユニットを入れてみる
バッフルの寸法からすると8cmユニットの方が見た目のバランスが良いのでAURA SOUNDのユニットを内付けで入れてみました。

バッフルだけを追加製作すれば簡単にユニットを付け替えできるところが大きなメリットです。
開口径は8cm用としては一般的な75φに開けたので、いろいろなユニットを付け替えられます。

このAURA SOUNDは内付けが推奨されていますが、外付けでも問題なく付けられます。
内付けだとユニットの付け外しが面倒なのですが、今回はルックス優先で内付けにしてみました。
小さな箱でも良く鳴るユニットということで、この塩ビ管との相性はとても良いです。

塩ビ管スピーカーはこのようにアレンジができるところが面白いです。
外からは見えませんが短いパイプを介してソケット(継手)をつなげて内容積を増やしています。

低域が良く出るようになりますが、相対的に高音が出にくくなるようで、このユニットの場合はさほど大きなメリットはありません。
 Zima  Alsou