仙人のガレージセール

PAGE 10

塩ビ管スピーカー

2007/05

気まぐれで塩ビ管の継手を使った小さなスピーカーを1個だけ作ってみました。
材料はすべて手持ちのものだけでできました。
良く検討せずに作り始めたので、最初はボルトが継手に当たって連結できず、ボトル穴を拡げることになってしまいました。
とりあえず密閉型。
ベースは丸い板を四角い板にネジ止めしてはめ込んだだけです。
継手の外周に合わせた丸いバッフルも考えたのですが、とりあえずお手軽に四角。
四角のメリットは写真のように逆さに設置できるところです。
もちろん横向きにもできます。
はみ出しているバッフル板のダクト部を使って仮のバスレフ状態で音のチェック。
最初にTangBandのW3−593SDを入れたのですが、今はダイトーボイスのAR−7DXが内付けで入ってます。

このユニット、AR−7の出来が良いため、デラックス版のDXの評価がイマイチ芳しくないようですが、容量の小さな箱に入れて吸音材を多めに入れるとちゃんと鳴ります。

さすがにスケール感は望めませんが、密閉型でもそこそこの低域は出てますし、高音のクオリティはかなり高いです。
面白半分に作ったものが意外とデキが良かったりします。
裏板に塩ビ管のダクトを追加して、以前に作ったキューブ型のAR−7DXと組み合せて試聴してみました。
密閉型の詰まった感じの音と、少し耳障りだった高音がなくなって少しレベルアップしました。
でも、まだ左側のキューブ型バスレフにはかなわないけど、カタチの面白さだけではなく、そこそこ聴けるスピーカーになってきました。
このあと、ユニットはAR−7DXからAR−7に変わり、さらにTangBandのW3−593SDに戻してみました。
ダクトを付けることによってAR−7では息苦しさが無くなったのですが、TangBandにすると低音がはっきり出てきます。
ダクトをドライブするパワーがあるようです。
あまりに低域が出るので適当に入れたダクトのfbの計算してみると、なんと75Hzも出てる。
もう少し短くしてみるとイイかも・・・。
基本的に高音寄りなのだけど、ダブルバスレフなどとは違ったTangBandの鳴り方が新鮮です。
これも前ページでいじったダブルバスレスの実験の成果です。
四角いバッフルと裏板をボルトで連結したのをTYPE1とすると、もう一個は前後の板を丸くカットして、ボルトは内側に2本を使って連結したタイプをTYPE2としてみました。
作るのはかなり大変でした。
AR−7DXを内付けにしたのですが、外側にTangBandが入るかどうかは分かりません。

台座は1個しか作ってないのですが、台座なしでも良いようです。むしろ無い方がスピーカー前端を持ち上げて音の変化を確認できますから面白いとも言えます。

このAR−7DX、悪く言う人もいるみたいですが、ツボにハマればなかなかの実力派と言えるようです。
もともとは塩ビ管継手を使ったコンパクトで個性的なスピーカーということで始まったのですが。TYPE1ですとこのような楽しみ方ができます。

潜望鏡型のダクトを塞いでみたり、パイプの長さを変えてみたりとチューニングの楽しみがあります。
左の写真は3個目。TYPE1の2個目です。
行き当たりばったりに作ってみた1個目と違って、ちゃんと設計図を作って、ダンボールをカットしてダミーで確認してから作ったのできれいにできました。
前後の板もトリマ−で丸みをつけたので柔らかい雰囲気になりました。

今回のは裏板にはダクトを付けないで、ダクトは上の写真のようにして容積を変化させてダクトもパイプを継ぎ足してあれこれ試してみました。

取り付けたユニットはダイトーボイスのAR−7ですが、改めてこのユニットの実力を再認識しました。
ほんとに高音がきれいに出るユニットです。
このような小さな容積でもそれなりの低音は出てますし、上の写真のような延長管とダクトを付けるとさらに低域が出てきます。
透明塗装しても映えないMDFに油性着色ウレタンニスを塗って、つや消しブラックのラッカースプレーで塗装した塩ビ継手と組み合せてみました。
ベース(台座)は無くても良いみたいですが、裏板に載せてみました。視覚的にはこれでもいいかな?と。

ほぼ出来上がったカタチです。
このあと右側のユニットをAR−7DXから左と同じAR−7に入れ替え、中の吸音材も取ってしまいました。

AR−7DXも条件が揃えばちゃんと鳴るユニットなのですが、廉価版のAR−7に比べて優れた部分は見つけられませんでした

AR−7自体も決してスケール感のある音ではなく、どちらかというとこじんまりした音なのですが、それなりにまとまった音で、低音もそれなりに出ています。

一番のメリットは澄んだ高音だと思います。
右の写真はフォスターの低価格フルレンジ、FF−70EGを組み込んだところです。
見た目はなんとも最悪ですが、意外と塩ビ管にマッチしました。

低価格ユニットを使うのなら、見た目は悪いけど音の点ではこちらが良いみたいです。

塩ビ管継手のこのスピーカーは3インチよりももっと小さな2インチのを入れてみたかったのですが、価格的には3インチとの差があまり無いので、このFF−70EGは手頃でベストマッチのように思います。
Over The Rainbow」 Elic Clapton