仙人のガレージセール


Page 59

雑誌DigiFi No.20  スーパーツィーター

2015/12 

付録のユニットが目的で雑誌を買っても雑誌自体はほとんど読みませんが、付録のユニットは確実にデキが良いと思います。
No.19の8cmフルレンジのデキが良いので、2Wayには関心が無かったのですが、スーパーツイーターなるものを買ってみることにしました。
20kHzより上の高音は歳とった私の耳には無縁の世界だと思うのですが、市販品ではなく雑誌の付録ということなので、買っておかないとあとで手に入らなくなってしまうかも、と考えました。

スペックはこちら
開口径は50φで外寸は77.6φです。この外寸はFostexのPT20Kとまったく同じです。

さっそくバッフル板を作ってスリムバスレフH280の実験機に入れてみました。
ダクトは25¢で板厚だけ。
これで8cmユニットのFsに近いところになります。
この組み合せ、かなり気に入りました。
今までどうしても低域に注意が向いていて、高音部は気にしていたなかったのですけど、改めて指向性の強い高音の存在が大きいことを再認識しました。
考えてみると8cmユニットにハマるきっかけになったのはFostex8cmユニットの澄んだ高音の魅力だったのでした。

このエンクロージャにユニットを組み付ける途中で、片チャンネルだけスーパーツィーターのみで鳴らしてみたのですが、蚊が鳴くような音なので、こんなので意味があるのか?と思いました。
ちゃんと通電して音が出ているのは確認できたので、組み込みを終えました。

完全に同一条件で、つまり同じ箱に入れて、8cmフルレンジだけと、スーパーツィーターとの2Way状態とを聴き比べてみないと正確なところは分からないですけど、それなりに違いはあるなと感じます。
この違いを大げさに評価するかどうかですが・・・・。

片チャンネルだけSツィーターの結線を外して鳴らしてみましたが、やはりツィーターはないよりあった方がいいのかなと感じました。

8cm用バックロートホーン4525と聴き比べてみましたが、当然ながらかなり違った鳴り方をします。
同じユニットを使っているとは思えないほど。
もともと8cmユニットとしてはかなり低域が良く出るユニットなのでバックロードホーンだとそれがさらに強調されます。
その分、高音部が手薄になるようで、BLホーンにツィーターを外付けして聴いてみることを考えてます。

それから、H280エンクロージャの方も、スーパーツィーターの接続を外して、8cmだけでもう一度鳴らしてみようかと考えてます。
団塊の世代としてはオーディオとPCは切り離して考えたいと思っていたのですが、大きな流れとしてはPCオーディオというかデジタル・オーディオが主流になってきているようです。
音楽ソースもCDからネット配信へということのようです。
私は特にハイレゾなるものに関心がある訳でもないのですが、今回のスーパーツィーターをきっかけにして、そちらにも興味を感じています。

とりあえず入れてみたH280エンクロージャの2Wayですが、いくつかあるアンプのなかで、Fostexのパーソナルアンプ・ PC200USBでドライブしていますが、小音量でも緻密な鳴り方をしています。
同じPCからの音源で、古いBOSEのパワーアンプで鳴らすとかなりパワフルです。
BOSEらしいというか、低音を強調する音なので、これはこれで個性的です。
録音と再生のソフト
音楽ソースには割と無頓着だったのですが、車の中でUSBメモリーで音楽を聴くようになってきたこともあるので、MP3ファイルだけではなく、もうすこしクオリティの高い音楽ファイルを聴いてみてます。
MP3ファイルで録音
iTunesのインターネット・ラジオをUSBメモリーへ録音するのに、いくつかソフトを使ってみたのですが、「Moo0ボイス録音器」が一番シンプルでユーザー・インターフェースが良くできているので気に入りました。シンプルな機能とはいっても一般的な使い道に必要な機能は持っています。PCで再生している音の根元に近いところの音を録っているようで、PCの環境、OSの違いによる設定の変更は少なく使いやすいです。
ファイル形式がMP3とWAVだけです。
FLACファイル
Free Lossless Audio Codec。クオリティの高いファイル・フォーマットということですが、高音質音源として販売されている形式なのでフリーで手に入るものはわずかです。
再生してみると確かに高音質だと思います。そこまでの必要を感じるかどうかは別にしてですか。

このフォーマットを再生できるフリーソフトとしては「foobar2000」がシンプルで使い勝手が良いです。
動画再生フリーソフトとして重宝している「VLCメディア・プレーヤー」でも再生できるのですが、音のレベルは高くないです。

再生だけではなく高度な編集も出来る「Audacity」も高機能で便利なソフトですが、いったんテンポラリーファイルに読み込んでから再生するので、再生だけならfoobar200の方がいい。

←はAudacityの画面です。
高度な編集機能があるので使い切れないです。
ツィーター・スタンド

雑誌DigiFiでオプションパーツとして売られているツィーター・スタンドのコピーを作ってみました。
組端子台を使うところがミソで、同相でも逆相でも組み替えが簡単にできます。
この写真は追加で購入したFostexの安価なドームツィーターPT20Kです。
マグネットがDigiFiのは小さなネオジウム・マグネットだけど、こちらは普通のフェライト・マグネットで重量感はあります。
樹脂フレームの外寸や取付穴ピッチなども全く同一なので開口穴を工夫すれば共用できます。
Fostex ドーム・ツィーター PT20K
DigiFi_Olasonic Fostex PT20K
再生周波数帯域 2kHz〜40kHz 3kHz〜32kHz
出力音圧レベル 88dB 84dB/W(1m)
質量 35g 194g
このふたつのツィーターですけど、厳密な比較ではないですが違いは分かりません。
どちらでもいいような感じがします。
右写真のようにAURA SOUNDの上に載せて聴きながらツィーターを横向きにするとAURA SOUNDのユニットから音が出ているのが分かります。これだけでもツィーターがなにがしかの音を出して、2カ所から音が出ていることが分かります。
指向性の強いツィーターをこのように上に載せて角度を変えられるのは面白いかも。
音に立体感?が出てくるように感じます。

しかし、ツィーターを横向きにしてもAURA SOUNDのユニット自体からはそれなりの高音は出ているので、ツィーターが必須とは言えない。US系のユニットはかなり低音重視のものが多いと感じているのですが、こうやってみると意外と高音域も出ているようです。

ツイーターの接続は同相と逆相を試してみたのですが、さほど違いは感じられませんでした。
中間まとめ
ツィーターが必要か、2WAYが必要か・・・というのはそれほど簡単なハナシではない。音楽ソースによって、組み合せるユニットによって、聴く人の好みによってさまざまなのだろうと思います。
すでに書いたとおりDigiFiのユニットでの2WAYはメリットがあるように感じます。ツィーターと組み合せてみると8cmユニットが意外と低域が良く出ているユニットなんだな・・と感じました。
これがバックロードホーンに入れるとさらに強調されるわけで、いずれはBLホーンと外付けツイーターを組み合せてみようと考えてます。

音楽ソースについては、私の耳はMP3でも充分なようで、ファイルサイズの大きい無圧縮の音源と聴き比べても大きな違いは感じられません。違うといえば違うのでしょうが、私が聴いているチープな環境の中ではすばらしく良くなる・・ということはありませんでした。
Fostex P802-S
成り行きでFostexの最廉価品ウーファーPW80Kを買ってみようかと考えていたところで目にとまったのが完成品のP802-Sでした。
amazon.comで1万円以下だったので1個の値段かと調べてみたらペアなのでした。
マルチアンプ用エンクロージャP802-Eとユニットを組み合せた合計金額より割安感があったので、ユニットはあとから取り出して自作の箱に入れることを考えて完成品を買ってみました。
完成品スピーカーを買うのは数十年ぶりです。
届いた荷物はとても軽かった。
現物はとても小さい。高さ20cm弱、幅約10cm、奥行き約12cm。
板材は9mm厚のパーティクルボードで表面は木目プリントです。
ユニットはフレーム部が埋め込まれていて、それなりに手が込んでます。

これ、あまり期待していなかったのですが予想外に良い。
FostexのUSB−DACパーソナルアンプと組み合せると、PCモニター用アクティブ・スピーカーよりは高くなりますが、それだけの値打ちはあります。
ただ、箱が小さいのでフルレンジ一発でもこのくらいの音は出るのではないかとも思いますが、2WAYの入門機としてはそれなりの意味はありそうです。

私がエンクロージャ・キットとして販売している中では一番小さなものであるスリムバスレフH280と並べてみると大きさの違いがよく分かります。

さっそく分解してみました。
PW80Kは長いコードとファストン端子で?がれていて、吸音材は水槽用フィルターで使われている化学繊維の綿状のものが少し入っていました。

ユニット単体の開口指定は79φとされていますが、この箱の場合は70φと切り欠です。
吸音材を取り出してみるとネットワーク状のものが裏板に取り付けられていました。
裏板に付けられたダクトは紙管です。箱の内容積は1.5リットル。
ダクトのfdは80Hzのようで、これはちょっと無理ではないかと。
□ DigiFi_Olasonicの8cmフルレンジ・ユニットと比較した写真です。
ウーファーとは言ってもフルレンジとして使えそうなのですが。
DigiFiの8cmユニットが入っていたところに入れてみました。
75φ開口部をトリマ−でわずかに面取りしたところですけど、取付穴の位置も含めてぴったりなので共用できそうです。

まだ片側だけですけど、やはりエンクロージャはこのくらいの容量があったほうが伸びやかに鳴ってくれます。
右の写真は分かりにくいですけど左がFostex、右がDigiFiの8cmです。

P802−Sのエンクロージャ・データをSpedに入れてみると、左図のようになりました。ツィーターのデータがないのでウーファーだけです。

右はスリムH280にウーファーPW80Kだけを入れた状態でのシミュレ−ションです。
開口径が75¢でもだとすると汎用性があるので、PW80KをスリムバスレフH320に入れてみました。
ウーファーと言ってもかなり高音まで出るようなのでフルレンジとして使えるのではないかと。

これは充分使えます。特に高音部が不満ということもなくて、より大きな箱に入ることによって低域が良く出るようになりました。
やはり箱は大きめの方が低域の再生には有利です。
右写真のようにツィーターPT20Kを外付けしてみたのですが、それほど大きな違いは無い。

スリムバスレフH320でダクトを変えた時の特性図が右と左の図です。
実際に聴いてみるとさほどはっきりした違いがあるわけではないので、右図のような120Hzくらいで設定した方が良いかも知れません。。
結局、FostexもDigiFiのユニットも同じH280エンクロージャに入れました。
Fostexの方はネットワークも含めて丸ごと移植しましたが、やはり余裕のある箱の方が良い音を出してくれます。

DigiFiとの比較は完全に同じ条件では無いのですが、ほとんど差がないように感じます。
Bach Air 『管弦楽組曲第3番』BWV1068第2楽章「アリア」 マリンバでの演奏で低音チェック。
秘かな水瓶 小松玲子 in Ritsurin   サヌカイトの演奏で高音チェック。
ショパン・ノクターン集 マリア・ジョアン・ピレシュ