仙人のガレージセール


Page 58

雑誌DigiFi No.19  8cmフルレンジ

2015/09 

Mサイズ・バスレフ・エンクロージャキット組立品のオーダーを受けて使用するユニットをたずねたらDigiFiというオーディオ雑誌の付録のユニットということでした。
オーディオも含めて雑誌というものを買って読むことがほとんど無いので、この雑誌の名前も初めて聞くものでした。
エンクロージャは送ってもらったスペックと図面を元に作ったのですが、やはり自分でユニットを手に入れて作ってみないと分からないことが多いのでamazon.comで手に入れました。
ユニット

雑誌は150ページくらいの薄いものですけど紙質は良いですね。
付録付きが多いので雑誌単体の値段はよく分からないのですけど、この19号付属のスピーカーはペアで2500円くらいでしょうか。

Olasonic(東和電子)との共同開発ということですが、実際の製造元がどこなのかはよくわかりません。
コーンにガラス繊維を使ったところがウリで、ゴムのエッジに鉄板のフレーム、非防磁型の大きめのマグネット。
取り付けネジと粘着テープ付きのパッキンが付属しています。
全体としてみると樹脂を使っていないため質感はなかなかのものだと感じました。特に目の粗いグラスファィバーのコーンとコーンキャップの質感が高いです。
TSパラメーター
雑誌で公開されているTSパラメーターの値は左図の通りです。
Leの値が入ってませんがsped.exeではねられることはありませんでした。左の表には書かれていませんが出力音圧レベルは82dBということです。

問題は開口径なのですけど、不思議なことに記載されていない。
ユニットの図面も開口径に関連する部分の寸法が表示されていません。
たぶん75φくらいだろうと思ったのですが、これだと全部入りきらないようで、開口部の角の部分を削って広げないとだめなようです。
たまたま78φのエンクロージャが開いていたので入れてみたら、ぴったり納まりました。
ユニットの外寸が83mmなので余裕は2.5mmしかありませんがパッキンがあるので問題はないでしょう。
ちなみに内付けする場合は75φでOKです。
その後手持ちのいろいろな箱にユニットを入れてみますと、パッキンを貼り付けない状態ですと76φでぴったりですが、パッキンを貼ると少し浮きます。ネジ止めすれば密着すると思います。
トランスミッションラインに入れてみた
ユニットが届いてすぐにユニット側の配線コネクターを半田付けして、トランスミッションライン・エンクロージャに入れてみました。
たまたまユニット無しで空いていてSPターミナルとケーブルが付いていた箱がこれだけだったし、開口径が78¢で取り付けねじ穴もピッタリだったので。

高さが40cmと大きめのテーパー型共鳴管なので、このユニットには荷が重いかな?と思ったのですが、鳴らしてみるとかなりよろしい。
グラスファイバーらしい腰がある低域で、ボリュームをあげてゆくとさらに良く鳴ります。

雑誌の付録というコストの制約のなかでこれだけの音が出れば充分使えるユニットということで、追加でもう一セット発注することにしました。
Foster FF70EGと聴き比べ
たまたまアンプに繋いであったFF70EGの入ったスリムバスレフH280と聴き比べてみました。
たぶん価格帯は似たようなものでしょうけど、70EGは防磁型です。
聴き始めは似たようなものか・・・と思ったのですが、しだいにそれぞれの個性が分かってきました。
なにぶんにも箱の構造とサイズが違うので比較するには無理がありますが、DiGiFiのユニットは低域寄りで雑味が少ない音。
70EGもどちらかというと低域が良く出る方だと思っていたのですが、比較するとこちらの方が高音域がよく出てます。相対的には賑やかすぎるように感じるのですが、これは雑な音が混じるから。
これは決してFF70EGのアラではなくて、むしろライブ感があるとも言えます。
不思議なもので、単純に音の善し悪しと音楽を再生しての善し悪しとは微妙に違うようです。

ユニットの能率自体も違うので、音量を上げていったときにはDIgiFiの方が有利です。
高音部にこだわらずに聴き疲れない音を求めるのならツイターと組み合せて2Wayとして使うよりフルレンジとして使った方がいいのではないかなと思います。
PARC Audio DCU-F101W
長いこと鳴らしていなかったトランスミッションライン・エンクロージャに入ったPARC Audioの8cmユニットと聴き比べてみました。
箱はまったく同じ条件です。
価格帯がかけ離れたユニットとの比較ですが、高価なユニットはそれなりに違った音を出してくれます。
レンジが広い。低域はスペック通り良く出てますし中高音は圧倒的と言えるかな?

DigiFIのユニットは大きな箱で鳴らすとウーファー寄りの鳴り方をするようです。
PARC Audioのユニットとの価格差を考えると健闘しているとも言えます。
Sサイズ・バスレフ
ユニット入手後いきなり大きめの箱に入れてしまったのですが、ベーシックなSサイズのに入れて聴き比べてみました。
中高音が良く出るようになってバランスはいいです。
既存の箱はダクトの設計が100Hzということで、このあたりもマッチングがいいようです。
Mサイズ・バスレフ
このユニットの存在を知る前にヤフオクで受注して製作したMサイズ・バスレフ・キットの組立品です。

送られてきたスペックをもとにsped.exeでシミュレーションして決めたダクトの寸法です。
Mサイズとほぼ同じPARC Audio用の箱が空いていたので入れてみました。
異様なほどFsが低いDCU-F101W用なのでダクトが細く長いので右の特性図のようになりますが、並べて聴いたSサイズ・バスレフとのはっきりした違いは感じられませんでした。
スリム・バスレフH280
Sサイズ・バスレフよりわずかに容積が大きい(2.8L)スリムH280の実験機に入れてSサイズと聴き比べてみましたけど、当然ながら違いはわずかです。
切り替えた瞬間にわずかな違いを感じますけど、どこがどんな風に違うのか言葉にできない程度の違いです。

ダクトは板厚だけの15mmですが、板材でもう1枚継ぎ足せば30mmとなって、特性図は上記Sサイズバスレフと同じような曲線になります。
実際にダクトを30mmに延ばしてみました。
15mmダクトと直接的な比較はできないのですが、30mmの方が微妙に好ましい鳴り方になります。
ほぼ同じ特性図になるSサイズと聴き比べてみると、全く同じではない。
箱の容積もダクトの設定も同じ、特性図も同じだけど、演奏途中で切り替えるとわずかな違いがあります。
このあたりはちょっと不思議で、箱の形状とか吸音材の量などで違いが出てくるのかも。
□ スリム・バスレフH280に入れたところで立ち止まってますが、3リットルくらいの小さな箱でもかなり良い音を出してくれますので、このあたりがベストに近いのかも。
ボリュームを上げればそれなりに鳴りますし、音量を絞っても悪くない。ちょっと意外です。

このユニットの今時点での感想としては、雑誌の付録としてだけではなく、これ単体で販売してもおかしくないだけのクオリティです。
たぶん雑誌社はこのあともユニット単体で販売を続けるつもりなのではないでしょうか?
ペアの価格が3千円以下だとライバルが思いつかない。FF70EGは超えているように感じます。
スリム・バスレフH320
2013年ステレオ誌付録の10cmユニットが入っていた実験機に入れてみました。
(ScanSpeak 10F/8422-03)
ダクトが長いので右図のような特性図になります。
内容積が大きくなるため音量を上げるとそれなりに低域が出てきます。逆に言いますと音量を上げないと本領発揮できないようです。

左写真のような組み合わせで聴いてみたのですが、大きな違いはないです。
出力音圧レベルがScanSpeakの方が高いので組み合せると有利になります。
高音部の繊細さもScanSpeakの方がわずかに有利かも。

H280と聴き比べると小さい方が中高音部が強く出るようで、容積の大きいH320は低域が出る分だけ中音部が薄くなる感じがします。
このあたりも聴き比べ、演奏の途中で切り替える・・・といったことでもしない限り分からない程度のことですが。

左右で違うユニットで鳴らしてから同じユニットでそろえて聴いてみると、やはり音量を上げないとダメ。
上げると低域がどんどん出てくるのですけど、全体としてはちょっと苦しいか?
右の特性図はダクトを65mmにした場合ですが、たぶんこちらの方がまとまりの良い音になりそうです。

(追記)
その後、ダクトパイプを付け替えて聴いてみましたが、やはりのびのびとした良い鳴り方をしてくれました。
この容量の箱の場合はよほどパワフルなユニットでないかぎり、44φくらいの大きめのダクトを使った方が息苦しさかなくて良いのではないかと思います。
左の写真はH280と並べてみました。
H320のダクトは32φの板厚だけで、特性は右図のようになります。
fdは100から120Hzあたりで設定するのが良いようで、H280に比べると低域寄りになって柔らかい鳴り方をします。

同じユニットなので基本的に同じ音なのですが、箱によって微妙に鳴り方が違います。
どちらを好むかはひとそれぞれでしょう。

ダクトに板一枚を追加してダクト長を30mmにするとfdは101Hzになりますが、違いはわずかなので、同一条件で切り替えてみないと違いは分からないかも。
共鳴管型に入れてみた
これといった理由もなく共鳴管は無理かな?と思ったのですけど、開口径もユニット取り付けねじ穴もピッタリ合うのがあったので入れてみました。
最初はパイプ長50cmの短いのに入れて聴いたのですが、低域が良く出るけど音に響きがない。なんとなく背面開放型エンクロージャの音がこんなではないか?と。
すぐに長さ1mのパイプに載せ替えたところマトモな音になりました。これはこれで聴けますが、比較したスリムH320と比べて大きな違いはない。音楽ソースによっては低域が良く出ます。パイプオルガンの重低音などもそれなりに出てきます。
ソースによっては違いが出ないものと違いが出るものとあるようで、どちらかというとクラシックの再生に向いているように感じます。

共鳴管型のデメリットはエンクロージャが大きくなることです。バスレフに比べて全体のサイズが大きいのと、背が高いためリスニングポジションに制約があること。デスクチェアに座って聴くとちょうど耳の高さになって良いのですけど。
バスレフに比べて極端な違いはないものの、私にとっては好ましい鳴り方をしてくれます。

(追記)その後、改めて50cmのパイプに載せてみましたが1mのものに比べてずいぶん音が変わります。活発な鳴り方。確かにダンピング不足でコーンが動きすぎるようなので、パイプの中に吸音材を入れたところ、それまでのスカスカした元気の良い、歯切れの良い音から、残響のある聴ける音になりました。50cmのでこれだけ鳴ればフロア設置型としては申し分のない高さなので、これもアリではないかと再評価するようになりました。
□ 塩ビパイプを使った共鳴管型の共振周波数の計算式はひとつ前のページにありますが、改めて見てみるとVU75の1mは82HzでDigiFiのユニットには少し荷が重すぎるようです。
50cmの場合は159Hzということで数値的には高すぎるように思いますが、こちらの方が"低域が良く出ているように"聞こえます。このあたりが理論と実際の微妙に違うところです。
音楽ソース、アンプから入る音量によって受け止め方聞こえ方が違うので、どちらが良いとは言えないところです。

上の写真の50cmの共鳴管型とH320との比較でも、音の印象はかなり印象が違います。多少の粗さはあっても活発な共鳴管型を好むか、抑制の効いた大きめのバスレフ型の音を好むかですが、聴き比べるとどちらも面白いと感じます。
バックロードホーン・エンクロージャに入れてみた
とりあえず1個だけバックロードホーン・エンクロージャに入れてみました。
もともとFostexの8cmユニット用の推奨箱で高さ60cmとかなり大きいものです。
例によって独特の鳴り方をします。ホーン臭いというか派手というか活発というか・・・・。それなりに個性的で悪くはないのですが、ホーンが出す低域は独特で好き嫌いが分かれるところだと思います。
写真左側の共鳴管型と組み合せて聴いてみますと、共鳴管型の方が好ましい鳴り方をします。バックロードホーンは箱ができあがったあとは調整の余地はあまりなくて、空気室の吸音材の調整とか、ホーンロードの途中に吸音材を詰めるかしかできません。
その点、塩ビ管を使った共鳴管型ですとパイプの長さを変えてみたり、吸音材を入れなかったり入れてみたり、その量を調節してみたりと調整ができるメリットがあります。
以前にも書きましたが、バックロートホーンはユニットとその下のホーン開口部と2カ所から音が出ますが、共鳴管だとユニット背後から出る音は床に向かって出るのでユニットだけの点音源になると思います、というかユニットからしか聞こえません。
Fostex推奨箱のバックロートホーンは寸法的にはかなり本格的なものだと思います。バックロードホーンのようなカタチをしているけど、ホーンとしての機能が無さそうなバックロートホーンの箱が売られていたりするようです。

結局、右写真のようにペアにして聴いてみました。
やはり音楽ソースの種類、録音状態によって評価は変わりそうで、良くも悪しくも癖のあるエンクロージャ方式です。
確かに低域が良く出ます。ウッドベースの音などが良く聞こえますし、同じボリュームで聴き比べるとバスレフより元気が良い鳴り方をします。

でも、見方を変えると、低域が必要だったら大きな口径のユニットを使うか、2Wayにした方が良いのではないかとも思います。その方がユニット自体から低域が出てきますからナチュラルではないかと。ホーンで増幅した低域にはホーンらしい癖があります。

その後、BLホーンと塩ビパイプの共鳴管型とを聴き比べているのですが、切り替えた瞬間にはBLホーンの方がより低い音が出ているのが分かりましたが、放置しておくとどちらが鳴っているのか分からなくなります。その程度の違いですが、違うと言えば違う・・・。
BLホーンに近い低域を出そうとするなら、やはりパイプはもう少し長くしないとダメです。
バックロードホーン4525に入れたみた
キット出品のために組み立てておいたBLホーン4525にも入れてみました。
高さが60cmあるオリジナルを45cmに縮小したキットです。3.11の大震災の時に棚から1個だけ落下して打ち傷ができたのでそのまま放置してあったのに付けてみました。
これで充分。オリジナルより小さいので低音の量は少なくなるけど、このくらいでちょうど良いのではないかと感じました。
BLホーンはどちらかというとジャズ向き・・と思っていたのですが、クラシックのピアノ曲などがきれいに出ます。ちょっと意外。
聴き慣れてくると、このユニットはBLホーンや共鳴管型などとの相性が良いようです。バスレフ箱よりも小音量で良く鳴る。音量を上げてもそれなりに聴けます。
バックロードホーン6030
今は廃版になって久しいFostexの8cm防磁型ユニット FE87E の推奨バッロードホーンそのものです。
板材キットとしてかなり以前に製作したものですが、サイズが大きく重量もあるので工作が難しいですし、ユニットメーカーの図面そのままのものをヤフオクに出品するのをためらってました。
ユニットが廃版になってずいぶん時間が経つので、組立品として作ってみました。
精密に組み立てるのにはそれなりの道具と手間が必要です。
大きさと重量の点でどこにでも設置できる訳ではないので、このサイズの製作はこれが最初で最後になりそうです。
Fostex PC200USB
PCから音源を取ることはあまりないのですけど、面白半分でFostexのパーソナル・アンプAP05を使っていたのですが、息子にスピーカーと一緒にあげてしまいました。
このアンプはPCのヘッドフォン端子から音を取るアナログアンプ。
また同じのを手に入れてもね・・・ということで、似た構造のデジタルアンプを考えたのですが、価格的にあまり差がないので、USB-DACに5W×2のパワーアンプを組み合せたPC200USBにしてみました。

さすがにヘッドフォン端子からとるのに比べると音質はいいように感じます。これならもう少しパワーがあれば・・・とも思うのですが、用途を考えるとこのくらいで良いのかも。

大きな難点は、電源を入れてから音が出るまで時間がかかること。
PCの周辺機器ということで一定時間信号が来ないとスタンバイ状態になって節電しますが、ここからの復帰に時間がかかります。
ポップノイズがないのは大きなメリットですが、電源ONからの立ち上がりがもう少し早いといいのですけど。
マリンバでリベルタンゴ