仙人のガレージセール


Page 37

DaytonAudio RS100S-8 10cmフルレンジ

2009/11

半年ぶりにユニットを購入しました。DaytonAudioの10cmフルレンジ・ユニットRS100S−8です。
組み込み用の開口穴径が78φと8cmユニットと変わらず、外径も10cm以下とこれまた不思議です。
お値段はペアで1万円以下。
防磁型でコーンはアルミ。フレームもアルミダイキャストでしっかり作られてます。
再生周波数帯域は85Hz〜20KHz。
出力音圧レベルは83dBとやや能率は低めです。
外箱には、Mid-Bass、 Made in Taiwanと書かれていました。
FRホーンバスレフに入れてみる
Pioneer10cm用のFRホーンバスレフの箱に入れてみました。
Daytonは外径が100mm以下と小さいので補助バッフルを内側からネジ止めして外付けできました。

これもかなり良質のユニットです。USブランドということでAURA SOUNDのようなものかと想像していたのですが、繊細でクオリティの高い音を出してくれます。

ミッドバスということでかなり低域寄りですが高音が出ないわけではありません。控えめなので耳に優しいです。低域も突出した低音が出るわけではなくて、全体としてとはマイルドで繊細です。

同じアルミのコーンでもAURA SOUNDのに比べて薄いようです。
写真右側は聴き比べた共鳴管型に入れたFF85Kですが、こちらの方が高音が派手に出て活発な鳴り方をします。
共鳴管なので85Kが不得手な低域も良く出てますのでレンジはこちらの方が広く感じます。
出力音圧が83db :88dbと極端に違うので、切り替えての聴き比べには無理がありますけど。
この共鳴管に入ったFF85Kのほかにスピーカー・セレクターに繋がっていたのは、FRホーンバスレフの箱に入ったTangBandのW3−593SDとMサイズバスレフに入ったW3−582SC、Pioneerの推奨BRホーンに入ったPE101Aです。
Pioneerのは別格ですが、TangBandの安価なユニットでもそれなりに良い音が出てますから、Daytonとの差はかなり小さいと感じます。

この小さな差にはそれなりの値打ちがあると思います。比較した中ではとても地味な鳴り方ですが、通好みの純度の高いと言えます。
それでも、低域が比較的良く出るだけに、高音は不足気味と感じるひとが多いかもしれません。
私はと言うと、この低域寄りで高音が控えめなバランスは好きですけど。
Zigmahornetに入れてみる
前ページで作った共鳴管型のZigmahornetに片方だけ入れてFRホーンバスレフと組み合せて聴いています。
ヴォーカルがとてもきれいに出るユニットです。

ストレート型共鳴管(Zigmahornet改)がペアになったので、やっとこちらもペアにして聴くことができるようになりました。
さすがに低域が良く出ます。ちょっと出過ぎかも?というくらいですが。
高音は相対的には弱めなのでツィーターが欲しいと思う人が多いと思うのですが、高音が出ていない訳ではないです。
ある意味、いい具合に出てます。耳障りではないレベルで。
総じて純度の高い音を出してくれますから、長時間聴き続けるのには良いと思います。
Sサイズ・バスレフ・エンクロージャに入れてみる
内容積3リットル以下のSサイズ・バスレフ・エンクロージャは、もともとはPARC Audioの8cmウッドコーン用の推奨箱をアレンジして作ったものなのですが、これに入れてみました。

Daytonの指定開口径は78φに対してPARC Audio用に作った箱の開口径は80φなのですが、なんとか入りました。
まだ片側だけでZigmahornetに入れたのと組み合せて聴いているのですが、これはかなりすごいですね。
箱が小さいのでまったく期待していなかっただけに驚いています。
この小さな箱からこれだけ低音が出てくるとは考えていませんでした。しかも、不足気味と思っていた高音が良く出ます。
大きめの箱でゆったり鳴らすユニットかと思っていたのですが、能率が低めのユニットをパワーでドライブするとびっくりするほどの音を出してくれます。
この箱ですとツィーターが欲しいかも・・・と思うことは無いでしょう。

エンクロージャ設計支援ソフトsped.exeを使った特性図です。
100Hz近辺をピ−クにしてその前後が強く出ているところが、低域の豊かな再生となっているようです。Fsの85Hz以下もなだらかに下がってます。

スピーカーを近くに置いて聴くのには、このサイズは手頃です。
箱が小さいからダメということはないのですね。
箱内部の空気の容積の小ささとダクトが細く長いのでコーンに適当な負荷がかかって響きの良い音を出しているようです。
スリムバスレフH360に入れてみる
現実的にはこのくらいの容積が手頃な感じがしますが、↑のSサイズと組合せて聴いても極端な差はなく、レンジの中心がわずかに低域寄りになって響きがゆったりとした感じがします。

(2009/12)
結局、このユニットはこの箱に落ち着いてしまいました。
さすがにPioneerのユニットには及ばないものの、FE103Eよりは私の好みの音を出してくれます。
音をあれもこれも出してしまうのではなく、純度の高い音を出してくれます。
Dayton Audio RS100−4
(2009/12)
かなり魅力を感じるユニットなのでもう一組買い増しました。
といっても、今回はシールドタイプ8Ωのではない、通常のマグネット型で4ΩタイプのRS100−4です。
高音がさほど耳にツンとくることがなく低域が良く出てコンパクトということで、新しい車SUBARU FORESTERに付けても良いのでは?と考えています。

到着してすぐFRホーンバスレフの箱が開いていたので、これに組み込んで品質チェックをしていますが、今回のはOKです。
音も8Ωシールド型よりも活発な感じがします。
この二つのユニットはたぶんマグネット以外は同じパーツを使っていると思うのですが、微妙な違いがあります。
といっても完全に同一条件で聴き比べているわけではないのですけど。
8Ωシールド型はスリムバスレフH360、新しく買った4Ω型はFRホーン・バスレフに入れています。

基本的に音色は同じなのですが、4Ω型は少し硬質で高音部が強く出ます。
どちらかというブリリアントな音で、少しくぐもって地味な8Ωシールド型に比べて華やかな音です。
スペック比較 RS100S-8 RS100-4
Impedance (Ω) 8 4
Re (Ω) 6.3 3
Le (mH)@1kHz 0.41 0.67
Fs (Hz) 85.0 80.2
Qms 3.48 3.10
Qes 1.16 0.57
Qts 0.87 0.48
Mms (g) 3.9 3.9
Cms (mm/N) 0.98 1.00
Sd (cm2) 37.4 37.4
Vd (liters) 13.1 15.0
BL (Tm) 3.40 3.22
Vas (liters) 1.7 2.0
Xmax (mm) 3.5 4
VC Diameter (mm) 26 26
SPL (DB/1W 1m) 83.3 84.2
RMS Powe Hhandling(W) 30 30
Usable Frequency Range (Hz) 85-20000 80-20000
ここでも脱線 
35年くらい前、私がまだ20歳代前半の頃に作って、捨てられずに放置してあったスピーカーをひっぱり出してきました。
コンポーネント・オーディオが買えなかったので、真空管アンプ、レコード・プレーヤーなどを自作した頃のスピーカーです。

確か最初はバッフルにユニットを取り付けただけの平面バッフルとして作り、そのあと箱にして適当にダクトを付けたはずで、理論的な裏付けなど一切ありません。

なにぶん古いものなので大事に保管する必要も感じず、放置しておいたので音が出レかどうか、出てもたいしたものではないだろうと思っていたのですが、鳴らしているうちにハマってしまいました。

聞き始めは高音が少し耳障りかな?と思ったのですが、いろいろなソースで鳴らしているうちに、これがまだまだ実用に耐えるものであることが分かりました。
Technics EAS-10F10
最低共振周波数f0   70Hz
再生周波数        f0〜20kHz
出力音圧         92dB/W/m
入力(MAX)        50W
等価質量m0      3.1g
Q0            0.49
重量           0.78kg

公開されている主なスペックは上記の通りですが、目立つのはf0の低さと能率の高さ、そして耐入力が50Wであることです。
フレームは亜鉛メッキ鉄板のプレスなのですが、フロント部はヘアライン加工されたアルミできれいにできてます。その裏側のウレタンスポンジ?も分厚くてクッション性があり年月を経ても傷んでいないのは立派です。
エッジも傷んでいるようには見えず、ペーパーコーンへの油のしみ出しもありません。
この時代はもちろんMade in Japanで、手抜き無く作られています。
これで一個が2800円でしたから価格の割にはクオリティは高かったです。

いまさらなんの値打ちもないと思っていたのに、予想外に良い音を出してくれるので、Fostex FE-127E用の推奨箱を加工して入れてみました。
開口径は104φくらいでしょうか。fdは81Hzの箱です。

鳴らし初めは高音部に雑味があるかと感じたのですが聴いているうちにこなれてきました。意外と高音部が良く出る音色の明るいユニットで、ギターやピアノなどの楽器の音がとてもきれいに出ています。

能率の高いユニットでFostexに似た音色です。
これを聴きますと、この30年くらいの間、スピーカーユニットの進歩はなかったではないと思ってしまいます。

・・・・ということで、飽きずに聴き続けていたりします。
さらに脱線して車にDayton Audio
2009年の年末に車を入れ替えたので、カーオーディオにDayton Audioのユニットを組み込んでいます。
純正のチープな17cmユニットから10cmに入れ替えですが、このサイズでも充分な音が出てきます。

純正の安価なユニットも悪くはないと思うのですが、ホームオーディオ用のユニットは輪郭のくっきりした音を出してくれます。

詳細はSUBARU FORESTERのページにあります↓。
エプトシーラー
カーオーディオのスピーカー組み込みでは吸音材よりも制振材の役割が大きいと思うのですが、制振材を買うついでに吸音材にも惹かれてついで買いしてみました。
ドア内部で使う場合、水分を吸い込むようでは困るので日東電工のエプトシーラーというのを購入しました。
片面に粘着材が付いた厚さ10ミリの柔らかい発泡シートです。日東電工の製品で車の各所でシーラーとして使われるいるものです。
粘着材で貼り付けられる手軽さと厚みの薄さなどから、ホームオーディオの小型エンクロージャの吸音材として面白いのではないかと思います。
Menuet  J・S・Bach アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳から  イョラン・セルシェル(11弦ギター)  wmaファイル