仙人のガレージセール

Page 31

FE83E用ダブルバスレフ・エンクロージャ・キット

2009/2

(この写真はオリジナル図面そのままに作った試作機で、キットはダクトの形状が丸になります)
手持ちの廃材を使ってスピーカー工作を始めたばかりの2006年に、手当たり次第に作ってみたなかのFostex FE83Eのダブルバスレフですが、低域の良く出るFountekやVifaと聴き比べてみようと久しぶりに持ち出してきましたところ、「あれ?こんなに良い音出してたんだっけ?」とびっくりしました。
さすがユニット・メーカーの設計しただけのことはあるなと感心しました。
もともと高音寄りで低域は苦手だったFE83Eからかなりの低域が出てきます。もともとの音の軽さ、繊細さを無くさず低域を出してくれます。
ユニットが大きな空気のマスを背負っているので、スピード感のある音楽よりはゆったりとした音楽を聴くのに適しているようです。

TangBandを使ったダブルバスレフの実験で、大きな箱を必要とするダブルバスレフなら、内容積の大きなシンプルなバスレフの方がメリットがあるということで、ダブルバスレフには良い印象を持っていませんでしたが、これなら存在価値はあるかも・・・ということでキットにしてみました。
ユニットや音楽ソースとの相性もあるようなので、ダブルバスレフが出す音には評価が分かれると思われますが、このようなエンクロージャもあるということです。
それにしても、わずか8cmの小さなユニットにしては15リットルほどの箱は異様に大きいです。
1個の外寸は幅17cm、高さ45cm、奥行き30cmです。
低価格の小径ユニットを使ってどれだけの低音が出るかを試してみるのには格好のエンクロージャとも言えます。
メーカー推奨箱は角型ダクトなのですが、きれいに加工するが難しいので丸ダクトに変更して、パイプを使わず穴を開けた板片をダクトにしています。
構造上裏板は取り外しできませんから、吸音材の調整をする場合は側板をネジ止めするほかありませんが、私は一発勝負で接着してしまってます。
ユニット取付穴の開口径は72φですのでFE87Eがそのまま入りますし、加工を加えればFF85KやFountekのFR88EXなども入れられます。
- fd1 fd2
Fostexの設計値 127Hz 60Hz
spedによる上記の設計 114Hz 67Hz
今回採用した数値 118Hz 69Hz
第1チャンバーは約5リットル、第2チャンバーは10リットルで合計15リットルになります。
部材のサイズが大きく全体の総重量も10kg超と重くて梱包が困難なので、2009/06現在は販売を休止しています。
ダブルバスレフ・エンクロージャ・キット
キット内容明細
- 部材名 数量 寸法 備考
バッフル 2枚 140*450mm ユニット&ダクト穴あけ加工済み
裏板 2枚 140*450mm 無加工
側板 4枚 305*450mm 無加工
天板&地板 4枚 140*270mm 無加工
中仕切板 2枚 140*270mm ダクト穴加工済み
ダクト板 4枚 不定形 内径44φ
キット価格 ¥7,500/一組

組立品価格 ¥9,500/一組

組立品とはキットを単純に接着組立したものです。吸音材は入れてあります。

総重量は約11.6kgです。
ユニット取付穴はFF85Kも入れられるようにトリマ−で切り欠を入れました。
リンク画像で拡大して見てください。
切り欠は大きすぎるのは論外なのでユニットが辛うじて入るギリギリに抑えてありますので、ユニットを正確に位置決めするためには切り欠部を合わせ作業で調整する必要があります。

MDFはラワン合板よりはるかに加工しやすいので、カッターや棒やすりなどで削って、ユニットが水平に取り付けられるよう調整してください。
左がFF85K、右がFountek FR88EXです。
Fountekはこのままでは入らないものと思っていたのですが問題なく入ってしまいました。
オーソドックスなバスレフの箱の中に仕切板が1枚入るだけなのですが、3ヶ所で板と接するのは意外と難しかったりします。
天板、中仕切り板、地板は同じ長さにカットしたはずなのですが、微妙な誤差が出てきます。また、裏板のわずかな反りなども発見したりします。

左の写真は中仕切り板の長さを微調整しているところですが、これで接着するとまた誤差が出たりします。最後はクランプを使った力業で接着すれば良いわけですが。
バリエーション
写真左
中仕切りを使わなければ内容積約16リットルのバスレフになります。10cm以上のフルレンジ用にも使えそうです。

写真右
板の組合せを変えて天地板を作り直せば内容積約14リットルのスリム・バスレフになります。
組み立て手順
このエンクロージャはPage20 の「共鳴管型エンクロージャ」と似ていますのでそちらも参考にしてください。
MDFはラワン合板のようにカットすることによって反りやねじれは出ないはずなのですが、部材のサイズが大きくなるとわずかに反りがでることがありますので、組み立てやすいように裏表を決めておくと良いでしょう。
仮組み

キット部材の確認も兼ねてテーブルの上で仮組みしてください。
この際、板材の表面の状態、木口の状態を見て表裏、上下、前後を決めた方が良いです。状態の良い方が前や上、表になるようにします。
中仕切板を接着する位置に鉛筆などでマークします。
ユニットとダクト

バッフルにユニットを入れてネジ穴の位置を正確に決めて穴開けします。これは組み立ててからでも良いのですが、組み立て前だとユニットの裏側をチェックしやすいです。
バッフルと仕切板のダクトにダクト板を接着します。
裏板にはスピーカー・ターミナルを取り付けるための穴開け加工をします。
接着組立て
バッフル→天板→地板→仕切板→裏板 といった順序で片側の側板に貼り付けてゆきます。

これらの部材は同一幅ですが接着によって高さが変わると最後の側板が密着しなくなります。
問題は箱の中に入る仕切板です。バッフル、天板、地板が完全に接着硬化したあとに接着した方が良いです。
最後の側板や裏板を使用して高さが揃うように圧力をかけて接着剤を押し出すようにしないと、接着剤の分だけ高くなる可能性があります。

これを避けるためのもうひとつの方法とて考えられるのは、側板に接着せず、両側板に挟まれる中央の部材だけを平らな台の上で接着してから側板を接着するのも良いかもしれません。

いずれにしても、最後の側板を取り付ける前に吸音材を取り付けます。Fostexの図面ではA1とA2の位置に貼るように書かれています。吸音材の位置と量についてはルールが無いのでベストは手探りです。入れすぎない方が良いと思われます。

最後に残った側板を取り付けて完成です。
ネジ止めして吸音材を調整できるようにしたあと、最終的に接着するのも良いと思いますが、ネジ止めだと完全に密着するかどうかが問題です。
隙間ができる場合は手頃なパッキン材を入れてネジ止めすることになります。

接着する場合は、あとから手直しはできませんから、接着剤は隙間ができないようにたっぷりと使うのがポイントです。
Fountek FR88EXを入れてみる
72φの開口穴を加工してFF85KやFountekが入りようにしてみました。
左の写真の右端です。
もともと低域が良く出るFR88EXですのでダブルバスレフに入れても変化が少ないというか、確かに低域がより強く出ているのですが全体としては大きな違いはありません。むしろ箱の中の空気が重荷になっているかのようで、中音が薄くなってしまいます。
もともと低域が良く出るユニットの場合は、さらに低域寄りになるため中音部が相対的に弱くなる傾向があるようです。
写真中央は、これもひっぱり出してきたFE83E用のバックロードホーンですが、これの派手な音と聴き比べると特にそう感じます。

写真左側はTangBandを入れた共鳴管型です。こちらはバスレフとバックロードホーンとの中間のような音色で、TangBandのユニットとの相性が一番良いみたいです。

ユニットとエンクロージャの組合せは良し悪しがあるので、このようにして聴き比べてみるととても面白いです。
Fostex FF85Kを入れてみる
FF85Kを入れてみたのですが、やはりこの箱はFostexと相性が良いようです。
f0が低いユニットよりも高音指向の強いユニットのほうがダブルバスレフの効果はあるように感じます。
写真左側のFE83Eと聴き比べると、音色の差はとても大きいです。
やたらと元気に鳴って明るく軽い音のバックロードホーンと、詰まり気味で重いダブルバスレフの違いは歴然としています。

これは音楽ソースの違いとかリスナーの好みによって大きく評価が分かれるところです。