仙人のガレージセール

PAGE 4

2007/02

キューブスピーカーAR−7・キットの組立手順

このスピーカーキットの特徴
外寸が20cm角のサイコロ型スピーカーのキットです。
胴体の部分の板4枚を接着し、スピーカーユニット、ダクト、ターミナルを取り付けるだけで出来上がります。
キット内容以外に必要なものは木工ボンドなどの接着剤、もみ錐、紙やすり、塗料くらいで、特殊な道具を必要としません。いずれも家庭にありそうなものばかりですし、無ければ100円ショップでも手に入れられます。

スピーカー工作は面白いのですが、木材を正確にカットしたり、ユニット取付穴を開けたりすることを考えるとついつい億劫になってしまいがちですが、このキットはこのヘビーな部分を処理済みにして「気軽にスピーカー工作を試してみられる」をコンセプトにしました。
キットとはいえプラモデルではありませんから、工作の余地は多少は残してあります。
特に、塗装前の仕上げと塗装の工夫により、かなり個性的なスピーカーが出来上がるはずです。

このスピーカーは外寸20cmの立方体の胴体をフロントのバッフルと裏板で締め付ける構造になってます。
組立も分解も蝶ナット4個を外すだけで、ドライバーなどの道具を使わず簡単に3分割できます。
このため、吸音材の調整や、ダクトの長さの変更、スピーカーユニットの交換などが手軽にできます。
胴体の部分を奥行きの狭いものに作り替えれば、内容積の小さなエンクロージャーになりますし、長いボルトを手に入れて胴体部を作り替えれば奥行きが深く容量の大きなエンクロージャーにもなります。
バッフル板を作り替えれば径の違うユニットや違ったダクトで音の違いを楽しめます。

入門用キットとして価格を抑えるため、ユニットはダイトーボイスのAR−7 8Ω を使いましたが、低価格品にしては驚くほど立派に鳴ります。
ただ、指定の取付穴ですと、クリアランスが限りなく狭くて音漏れしそうなので、裏側から取り付けるようにしました。
幸いなことにルックスもこの方が良いですし、フォステクスの8cmシリーズがわずかな加工で取り付けられますので、発展性があります。
部材一式
画像をクリックすると大きな写真で見られます。
部材明細
品 名 数量 備考
1 フロントバッフル200×200 2枚 スピーカー、ダクト用穴開け済みMDF
2 裏板 200×200 2枚 ターミナル取付穴、ボルト穴開け済み
3 天板地板 200×200 4枚
4 側板 200×176 4枚
5 スピーカーユニットダイトーボイス AR-7 8Ω 2個 プラス端子加工済み
6 スピーカーターミナル 2個 ファストン端子、ケーブル半田付け済み
7 ダクト用塩ビ管 L=50mm 2個
8 グラスウール 2枚 1枚の寸法はアバウト180×400くらい
9 全ネジボルトM8 L=250mm  8本
10 袋ナット M8 8個
11 蝶ナット M8 8個
12 平ワッシャ M8 16個
13 ユニット仮付け用小ネジ&スプリングワッシャ 一式 多めに入れてあります
完成写真
細部の仕上げや塗装はしていない組立完成写真です
組立のアウトライン
(1)フロントバッフルへのダクトの取り付けとユニットの取り付け。
(2)4枚の板を接着して胴体部を組み立てる。
(3)裏板にスピーカーターミナルを取り付ける。
(4)上記の三つのパーツとをボルトを使って組み立てる。
これで、とりあえず未塗装ですが音が出せる状態になります。
このあと、仕上げ加工や塗装をするときは、ユニットやターミナルなどネジ止めしてあるものは外します。
吸音材は好みですから、入れない状態、入れた状態といろいろ試してください。
胴体の組立
200×200mmと200×176mmの板それぞれ2枚を使って外寸が200mmの立方体を作るだけのことですが、単純なようで意外と奥が深いです。
どのような手順で接着しても正確にできれば良いわけですが、最初にこのスピーカーならではの組立方を紹介します。
どのような方法で作っても絶対に譲れない条件は、フロントバッフル板と裏板で胴体を挟む構造上、木口の部分は正確に平面になって隙間ができないように組み立てるということです。
クランプ類やハタガネが無くてもキットのパーツを使って接着組立します。
結論からいいますと、この方法が一番正確に組み立てられるようです。

前後の板で胴体を挟む構造なので、そのまま仮組するように組み立てます。
前後の板の内側には写真のようにマスキングテープなどを貼っておきます。これは接着部からはみ出た木工ボンドで接着してしまわないようにするためです。
前後の板をボルト、袋ナット、蝶ネジを使って組立て、200×200mmの底板を挟みます。ボルト、ナットはルーズに取り付けます。
そのあと、写真のように200×176mmの板を底板に接着して、上から押しつけて接着部に圧力をかけます。
そのあと、隣接する板とツライチになるように調節しながら蝶ナットを締めてゆきます。

側板に貼ってあるテープははみ出したボンドが板につかないようにするためです。
反対側の側板も同じようにして接着します。
続けて天板を接着しても良いのですが、ナットを緩めなければならないので、側板が動いてしまう可能性がありますので、接着剤が硬化してから天板を接着した方が安全です。

こっちを合わせるとあっちが動いてずれてしまうということがありますから、一度にたくさん接着するのは難しいです。

実際にこの方法で一個だけ組み立ててみましたが、この方法がいいようです。
ただし、やはり一枚ずつ接着した方が細部に神経が行き届いた精密なものができるようです。仕上がりの細部にこだわらない場合は一度に全部を接着しても問題はないでしょう。
この他にオーソドックスな組立方も紹介しておきます。
下の写真左はコーナークランプやハタガネなどの道具がたくさんある場合で、左側は一気に4枚の板を接着します。
接着は圧力かけるのが理想なので強固に接着できます。下右のように一か所ずつ接着しても良いのですが、最後の一枚を接着するときに捩じれが出てしまう恐れもあります。
クランプ類が無いときに接着する方法が右の写真ですが、やはりねじれが発生する恐れがあります。
結局、ボルトを利用して組み立てる方法がベストということになりました。
ダクトの接着
丸穴はハンドカットなので直径にばらつきがあります。
ダクト用の穴はパイプの外寸よりわずかに小さめに開けて、ヤスリで削りながら調整してます。穴が大きめの場合は接着剤で隙間ができないように接着します。汎用接着剤を塗ってはめ込みます。私は木工ボンドを使ってしまいました。

塩ビ管自体は必ずしも直角に切断されてはいないので、接着の前に紙やすりなどで表側の断面を平滑しておくと仕上がりがきれいです。
透明塗装をする場合は、はみ出した接着剤がニスを弾きますから、表面の木部に接着剤が付かないような工夫は必要です。
乾燥接着するまでほぼ1日は放置しておいた方がいいでしょう。
ユニットの取り付け
このユニットのプラス端子はMタイプなので、将来Fostexのユニットに入れ替える時のためにS型オスの端子を半田付けしてあります。

ユニット付属のネジは長すぎるので、ワッシャのみを使用し、添付した小さいネジとスプリングワッシ一枚ないし二枚を組み合せて取り付けます。

ネジを何度か付け外しして穴がゆるくなってきた時にはユニット付属のネジを使用します。
この時は市販の4mmくらいのスプリングワッシャを使ってネジの長さを調節します。
ユニットは外側からでも内側からでも付けられますが、AR−7のフレームは見た目が良くないので内側から取り付けた方がルックス面からも良いので裏側に取り付けるのを基本とします。
また、内側に取り付けるとFostexの8cmユニットと入れ替えるとき表側にネジ穴が残らないというメリットもあります。

AR−7はユニットを見ると分かりますが、75φ指定の取付穴とフレームとの間に余裕がまったくありませんので、穴径がわずかに大きくなっただけで隙間ができてしまったりしますので、マイナス1mmを目標に穴を開けてあります。
ユニットを取り付ける場合は、ユニットが開口部の内側にぴったりハマるように、必要とあれば紙やすりなどで調整してください。

バッフルが正方形なのでどの様に配置してもいいのですが、ユニットが上、ダクトが下という置き方が一般的でしょう。あとは左右対称にするか左右を同じにするかでバッフルの上下が決まってきます。スピーカー端子が下になるように取り付けます。
穴の位置はマークしたあとモミギリで開けますが、穴は大き過ぎず小さ過ぎずがコツです。小さな下穴に木ねじを無理矢理ねじ込むと板が割れる恐れがあります。
ターミナルの取り付け
裏板に開けられた2個の穴にコードを通してから位置決めをして、モミギリで穴を開けて木ねじで締め付けます。隙間ができないように締め付けます。
組立
全体の組立は特に難しいものではありません。
ボルトの片側にワッシャと袋ナットを取り付けてから写真のようにバッフルに通して胴体に取り付け、グラスウールを入れます。
グラスウールの入れ方に特にルールは無いようですが、ダクトやユニットを塞がないように注意するだけでいいでしょう。
この写真の入れ方がベストと言うわけではありません。

このあと、裏板を胴体に立てかけてコードをバッフルの近くに入れてからバッフルを離してコードをユニットに接続します。プラス・マイナスを間違えないように。
バッフルや裏板が倒れるとコード外れたりしますから、倒れ止めになにかを置いておくと良いですね。
コードを接続したら裏板にボルトを通してワッシャを入れ蝶ナットで仮止めします。
全部付け終わってから前後の板の位置決めをして蝶ナットを均一に締め付けますが、必要以上に強く締めないでください。
仕上げと塗装
仕上げと塗装はお好みで自由にどうぞ。
MDF材は切りっぱなしの状態ですので角の部分を紙やすりなどで丸くすると見た目も柔らかになります。
百円ショップで売られているメッシュヤスリやサンドペーパーセットで充分役に立ちます。

写真のバッフル板は開口部内側も含めて角を丸めて水性のシーラーを塗った状態です。
(リンク画像あり)
下の写真右側が生地の状態で、角を丸く加工したものです。左のより角のアールが大きめです。このくらい丸くした方が見た目はいいですね。
左側は水性シーラーで目止めをしたあと木彫オイルを二度塗りしました。通常は木彫オイルは塗ったあとすぐに布で拭き取るのですが、今回はあまり拭き取らずニスの感覚で塗ってみました。クリアニスで塗るとこのような仕上がりになりそうです。
MDFの板の表面の平滑さは申し分なく、ラワン合板ではここまで平らに仕上げるのは難しいでしょう。

それからMDFは塗料の吸い込みは激しいです。木口など削った部分だけでなく、平面でもかなり塗料を吸い込みます。
オフブラックとメタリックシルバーで塗装とした完成写真です。
左右で塗り分けてみました。
胴体を入れ替えると黒とシルバーのモノトーンになります。

分解して塗装できるメリットを生かした仕上げ例のひとつです。
MDFについて
今回初めて使ってみたMDFは Medium Density Fiberboard の略。
木の粉を樹脂で圧縮硬化させた合成木材で、主に家具などに使われているらしい。
一般的なラワン合板に比べてのメリットは均質であることと、合板のように断面が積層になってないこと。さらに表面が平滑であることです。

反面、欠点としては繊維が無いため強度が弱く構造材などには使えない。こんなわけで家具などに使われる。
繊維がないということを実感させられるのは木工ドリルビットを使った穴開けで、木工用ビットは繊維に食い込んで入って行くもので、MDFの場合は繊維がないので食い込んで行かない。
そんなわけで、鉄鋼用のビットを使いました。
繊維がないことが幸いしてきれいに穴が開けられます。

もうひとつ欠点としては打ち傷が残りやすいこと。角の部分をどこかにぶつけたり落としたりすると簡単に凹んでしまいます。ラワン合板でも同じですけど、やはり弾力は無いようです。
それからちょっとしたことですが、繊維がないのでラワン合板のようにトゲが出ません。
Tips
☆ 新品のスピーカーユニットは本来の音が出ないようです。エージングと言われる慣らしが必要で、二週間から一ヶ月くらい経過すると、音が変わってきます。

☆ スピーカーユニットをFostexの8cmシリーズ、FE83E、FE87E、FF85Kに付け替える場合は取付穴の内側を紙やすり等で僅かに広げてください。うまくゆけばネジ穴は流用できそうです。流用できないときは角度を変えて取り付ければいいでしょう。

☆ このスピーカーのスペックは、内容量6.2リットル。ポーとの共振周波数fbは93Hz前後です。

☆ このスピーカーを聴かれた愛好家から非常に高い評価を頂きました。
この程度のスピーカー・・・と思われるようですが、音を聴くとびっくりされるようです。
実際のところ、私自身もこのあといろいろな8cmのスピーカーを作りましたが、改めて聴いてみて色あせることは無いですね。
ユニットそれぞれに個性があるのですが、このAR−7はバランスの良い音を出してくれます。
最後に
前々ページで紹介ずみですが、このキューブ型のスピーカーは手元にあった陳列什器のアクリルケースでスピーカーを作ってみたら・・という思いつきから始まりました。
正方形のバッフル板やサイコロ型のエンクロージャーは好ましくないという考えもあるようですが、作ってみるとさほど問題は感じませんでした。
試しに一個だけ作ってみたところ、そこそこの音が出るということで、ペアにして前後の板の色を変えてペイントしたりしてみました。
中身が見えるスケルトン・タイプのスピーカーです。
左の写真で使っているユニットはFE83Eです。
下の写真はダイトーボイスのAR−7を内側から取り付けたものです。バッフルだけを作り替えました。
ユニットを裏側から取り付けると見た目がスッキリします。フロントバッフルが取り外し可能だからこそのメリットです。
このアクリルケースは200mm角で板厚は5mm。一枚の板を折り曲げて立方体にしてあります。インターネットで調べた限りでは入手できそうもありませんし、入手できたとしてもこのキットの価格より高価なはずです。
このキューブスピーカー・キットはこのアクリルケースが入手できた場合はそのまま入れ替えられるように設計されています。

もし、このアクリルケースの入手方法が分かった方は GCH05237@nifty.ne.jp までメールでお知らせいただけると幸いです。
質問を頂きました
真空管アンプキットを組み立てたのでスピーカーが欲しくなりました。通常使用しているのは、ボーズの「コンパニオン3」です。貴方のシリーズの中でお勧めはどれでしょうか?アンプは「ELEKIT 真空管アンプキット TU-870 」です。
オークションに出品していて上記のような問い合わせを頂きました。
私はコアなオーディオ・マニアではないので適切な回答をする自信はないのですが、改めていろいろと考えてしまいました。

短期間にいろいろなスピーカーを作ってきて、物作りと音作りの面白さに取りつかれて、その中から気に入ったもの、お金を出してもらうだけの価値があると思う物を出品してきました。

純粋なビジネスなら自分の好き嫌いに関係なく「売れる物」を売ればよいわけですが、道楽の強みで、自分が気に入った物しか売りたくない・・・ということで、出品した物はすべてそれなりの自信作であり、それなりの個性と魅力を持っているはずです。

そのような出品物のなかで、頂いた質問に対する適切な回答というのは難しいものがあります。
真空管アンプは40年近く前、私が20歳を過ぎた頃に、ステレオを買う余裕が無かった時期に自作したことがあります。
現在の真空管アンプ・キットの実力がどのくらいの物か分からないのですが、いずれにしても出力は限られているのでしょうから、軽く小さなフルレンジユニットを鳴らしてみるのは面白い試みではないかと思います。

私の場合は、メ−カ−推奨箱からオリジナルに踏み出したベーシックなエンクロージャーとして、このキューブ型AR−7は第一歩としては面白い選択ではないかと思います。

これからスピーカーいじりを始める場合、胴体部をいろいろなサイズで作って、バッフルだけを作り増すことによって、いろいろな音を作れる発展性を持っています。
実際、このあとに私が作ったエンクロージャーは、このパターンを使ってテスト試聴しています。

2007/05月現在の私は8cmユニットの上位モデル、Fostex FF85KとTangBandのW3-593SDの聴き比べに熱中していますが、廉価品のダイトーボイスAR−7に戻って聴いても色あせることはありません。

商品として作ってみると、ユニットが低価格な割にはスモールパーツの数が多く、穴加工も多いので、ある意味一番厄介な物から始めてしまったな・・と思うのですが、そのお陰で、この後のオーソドックスなエンクロージャーの製作が楽に感じられるようになりました。

特注の全ネジボルトを使って前後の板を連結する奇妙なタイプのスピーカーはこれからも出てくることは無いでしょうから、レアな一品です。