仙人のガレージセール

Page 29

汎用スリムバスレフH360・エンクロージャ・キット

2009/1

Page 19の「DIY AUDIO SA/F80AMG用スリムバスレフ・エンクロージャ・キット」の改良版です。
以前の箱はこのモデルだけ側板でバッフルを挟む構造にしていました。これでも不具合はないのですが、裏板をネジ止めする構造ではなく密閉してしまうため、吸音材の調整ができないところだけがネックともいえるので、オーソドックスな構造に変更しました。

外寸法は幅130mm×高さ360mm×奥行き240mm。
内容積は6.93リットル(ダクト部容積を除外せず)。
ダクトの共振周波数fdは66Hzと低いです。
8cmフルレンジ用としては大きめの箱なので、最低共振周波数Fsの低い、低域の良く出るユニットを入れるとゆったりとした響きが楽しめると思います。
DIY Audio SA/F80AMGの他に、VifaのTG9FD−4、FountekのFR88EXなどにも適していると思います。
また、内寸幅100mm外寸幅130mmに入るものであれば10cmフルレンジにも使えそうですので、汎用エンクロージャにしてみました。
ユニット別の周波数特性図
Fostex FE83Eの推奨箱は内容積6.9L、fdは92Hzですから、スリムバスレスH360は、奇しくも推奨箱とほぼ同じになりました。
Fostex FE103Eの推奨箱も同じく6.9Lでfdは104HzですからスリムバスレフH360はfdがさらに低くなって、ほぼフラットな特性になります。
汎用スリムバスレフ・エンクロージャ・キット
- 部材名 数量 寸法 備考
バッフル 2枚 130*360 ユニット&ダクト穴あけ加工済み
裏板 2枚 130*360 無加工
側板 4枚 210*360 無加工
天板&地板 4枚 100*210 無加工
塩ビダクト 2本 L=120mm 内径44φ
ダクト取付補助版 2個 端材利用のため不定形
キット価格 ¥6,000/一組

組立品価格 ¥8,000/一組

組立品とはキットを単純に接着組立したものです。吸音材などは含まれません。

総重量は約6.2kgです。
メーカー名 型番 指定開口部直径 開口実寸 ネジ穴直径 ダクト内径 グクト長さ 塩ビ管長さ fd
DIY Audio SA/F80AMG 75mm 85mm 44mm 135mm 120mm 66Hz
TangBand W3-593SD 85mm
Fountek FR-88EX 74mm 72mm+切り欠 81mm
Vifa TG9FD-4 78mm - 約90mm
PARC Audio DCU-F101W 82mm - 92mm
Fostex FE83E 72mm 72mm 86mm 65mm 50mm 90Hz
Fostex FE103E 93mm - 115mm 65mm 50mm
DAYTON AUDIO RS100S-8 78mm - 90mm 135mm 120mm 66Hz
Mark Audio CHR70 104mm - 112mm
組み立て手順

★仮組み


接着組み立てを始める前に仮組みしてイメージをつかみます。
ネジ止めする裏板以外はすべて木工ボンドで接着します。
以下の写真ではコーナークランプなとクランプ類を使っていますが、これが無いとできないということではありません。

接着組み立てを始める前に、バッフル開口穴にユニットを入れてネジ穴を開けるかマークして置くといいですね。

塩ビダクトと取り付け補助板の接着

胴体部の接着と、バッフルへのダクトの接着は平行して作業できます。
塩ビダクトをダクト取付補助板に接着します。
ゆるい場合はボンドをたっぷり付けますが、タイトな場合は薄く、木ハンマーなどを使って軽く打ち込みます。塩ビ管の接着部分はサンドペーパーで粗面にしておくと良いです。
写真のように接合部には補強のためボンドを塗って乾燥させます。

バッフルとダクトの接着

補助板に木工ボンドを塗ってバッフル裏側に接着します。
ダクト開口穴の位置に合わせます。
金色のシールは一応裏側とマークしたものです。

胴体部の組み立て

バッフルとダクトの接着と平行して胴体部を組み立てます。
接着部のボンドは圧力をかけて、できるだけ追い出すようにします。
直角に接着することと、木口をツライチに接着くするのがポイントです。

吸音材の貼り付け

スリム型は幅が狭いのでこの状態でグラスウールなどの吸音材を貼り付けてしまいます。
私はコ型ステップルで押さえているので、この状態でないと道具が使えないのですが、他の方法で固定するのなら後からでもOKです。

側板の接着

胴体部の最後は側板の接着です。
ぴったりと位置を合わせるのは意外と難しいものです。
わずかなズレは底の方に出します。

バッフルの接着

組み立てが終わった胴体部にダクトを接着したバッフルを接着します。
ニス塗りをする場合は外側にはみ出した木工ボンドが表面に付かないようにマスキングテープで保護してから接着します。
着色塗装の場合はここまでする必要はありませんし、テープは使わない方が正確に位置決めできます。

この写真ではクランプで圧着してますが、バッフルを水平にして接着する場合はクランプは使わなくても大丈夫です。
空気漏れの無いように隙間無く、箱の内外にボンドがはみ出るくらいの量の接着剤を塗布します。

組み立て完了

マスキングテープを剥がし裏板をネジ止めして組立終了です。
接着後の胴体の幅とバッフル&裏板の幅がぴったり合いました。
バッフル&裏板の方がわずかに幅広くなるようにカットするようにしています。
これが反対になると、ちょっと見た目が悪くなります。

ユニット仮付

仕上げ処理と塗装に入る前にユニットとスピーカー・ターミナルを取り付けて音出しです。
今回はVifaを入れました。

ユニット取り付けのネジ穴は慎重に開けないと斜めに付いたりしますし、穴の位置がずれたりしますと、このユニットはフレームが樹脂なので歪みが出る恐れがあります。

DIY AudioのSA/F80AMGに比べると線が太いというか腰のある音ですが、どちらもこの大きさの箱に入れると豊かな響きで鳴ってくれます。

★塗装完了

今回は手持ちのウレタンニスで刷毛塗りしました。
新しい良い刷毛(白毛ニス刷毛)を使ったのと、薄く何度も塗り重ねたので、色ムラやタレはなく、まずまずの仕上がりになりました。
この写真はアンダーぎみに撮ったので黒っぽく見えますが、リンク画像の方が実物に近いです。
ワシン・工芸うるし(合成うるし)塗料
下に紹介しましたユーザー仕上げ例のカシュー塗料にインスパイアされてワシンの合成うるし塗料にチャレンジしてみました。色はブラックです。
カシューナッツの天然樹脂が主原料らしいカシューと違って、こちらはアルキド樹脂ですので、同じ原料のエナメル塗料と似た感触です。

左の写真はサンディングシーラーで目止めをした後の1回塗りの状態です。
背後から撮った写真です。裏板はシーラーを塗らずに刷毛に付いた塗料を捨て塗りしていますが、塗料が吸い込まれて表面はザラザラ、光沢はまったくありません。

どの程度薄めればよいか分からないので、下塗りにしては少し濃く塗ってしまったようで、刷毛ムラはかなり出てますが光沢はかなりのものです。

一般的な油性ペイントに比べると塗料の粘度が高いので、ちょっと塗りにくいです。油性ニスに比べると乾燥時間は少し長めです。独特の臭いもエナメル塗料と似ています。
やはり塗り始めは薄めすぎたくらいの方が良いみたいです。
黒の光沢仕上げならエナメル塗料でも良いと思うのですが、どのような違いがあるのか、興味深いです。
上の写真左は二回目塗装のあと照明を当てて強制乾燥中です。強い光を当てると色むらがはっきり出ます。
照明を消した状態が中央の写真です。右の写真はもう一個の箱です。角度によっては表面が鏡のように反射します。

この塗料はエナメル塗料や油性ペイントと違って、どちらかという着色ニスに近いようで、透明度が高いのでこれが光沢に繋がっているのではないかと思います。
ウレタン系の着色ニスと違って薄めても粘度が高いので、縦塗りをしても意外とタレません。もちろん刷毛に付いた塗料はしごいてあまり含ませずに薄塗りした場合はと言うことですが。
説明書に書かれているように、刷毛は早く何度も往復させずにゆっくり動かして塗ります。早く動かすと気泡が出ます。

写真で見るとアラが見えませんが、表面の塗装は波うってます。

それでも光沢はかなりのものです。
ユーザー塗装例

組み立て品を購入していただいた方から塗装途中の写真を頂きました。うれしいことです。

組立品を購入される方は仕上げと塗装にエネルギーを集中される方が多いようで、カシュー塗料を使われた見事な塗装です。

仕上げ処理から下地調整、そして塗装のプロセスというのは、手を抜けばいくらでも手を抜けますし、反対に時間と手間をかければ際限なくかかるわけでして、この根気の良さには驚きます。

制作者RUUさんのブログに塗装のプロセスと写真が紹介されていますので、是非参考にしてください。
(2010/01 完成写真に入れ替えました)
(2014/12)

組立品をサンドペーパーで仕上げて着色塗装されたものです。
使用ユニットはFostex FF105WK。
既製品らしきグリルも付けてありますね。
BACH EDITION (J・S・BACH COMPLETE WORKS)
久しぶりにAmazonで買ったCDです。
バッハの全曲集。CDは全155枚でお値段は約1.5万円と破格です。1枚あたり百円。

別に海賊版とかではなくUSものは安いです。
バラバラに10枚買い集めるよりは、百科辞典のように整理されているので、目的の曲が探しやすいです。

ちなみに、最後の1枚は解説のCD−ROMなので、音楽は154枚です。
USものなので日本語は一切ありません。
解説のCD−Textは英語とフランス語です。
Abrazame  Laura Fygi