仙人のガレージセール


テーブルソー RYOBI BTS15


2007/04

スピーカーの板材をカットするのに小さなテーブルソーを購入しました。
そのインプレッションをここに記録しておきます。

最初に、RYOBI BTS15の紹介です。
DIYの大きなマーケットがあるUSAでリョービが販売しているテーブルソーです。
国内では販売されていないため、木工工房を主催されている個人の方が輸入して販売しているものです。

大きいものは100kgを越える本格的なテーブルソーではなく、持ち運びできるコンストラクター・ソーという分類にはいるものです。

このカタログ写真を見ると小さく見えますが、写真よりは実物の方が大きいです。それでもこれは小型な方のようですが。

RYOBIには「BT3100」というモデルがあって、日本国内でも熱心なユーザーがいるらしいのですが、これは廃番になってしまいました。
そんなわけでリョービのを手に入れたい場合はBTS15しか選択肢はない訳です。

いずれにしても現地での価格は日本円で3万円台とのことですから、ずいぶん安いものです。

左の写真で見ると小さなオモチャのように見えますが、実物はそれなりに大きいです。
この2機種は機能的には大きな差はないのですか、微妙に違うところがあります。
3100は写真で見るだけですが、テーブルトップがアルミダイキャストのようですし、オプションの治具などを取り付ける溝などもありますし、ルーター用の穴などもあります。

一番の違いは、3100がベルトで刃を回転させていたのに、BTS15はダイレクト駆動である、ということのようです。

それやこれやで3100の重量が48kgなのに比べてBTS15は28kgと軽量です。
軽いことのデメリットもあるようですが、私の場合、一人で動かせる重さというのは大きなポイントでした。
2007/4/18日に荷物が届きました。
かなり大きな箱です。
右の写真はベース台を組み立てている間に本体の中を撮影したものです。
もちろん丸鋸しか入ってないのですけど。

本体のブルーの部分は樹脂の成形品で、切り粉を吸着してしまいます。

台座は薄い鉄板をプレスしたもので、ボルトを締め付けるまでは、こんなもので大丈夫なのか?と心配になるくらいチャチいですし、水平も出ない。
輸入品を使う場合のマイナス面は、いろいろあります。説明書が英文であること、スケールがインチ規格であること、丸鋸の穴径が国産規格と違うことなど・・・。
一応120Vのモーターですし。

英文の取説を解読しながら使い始めたのですが、工場出荷時に調整してあるとはいっても、現実的にはそのままでは使えないです。調整をしないとマトモに切れません。
分かりにくい英文と、国内ユーザーによる翻訳などを参考にしながらなんとか調整ができてきましたので、私なりに解説してみたいと思います。
その前に必要な各部の名前の解説から・・・。
@リップフェンス(RIP FENCE)
 縦挽に使うガイドです。

A保護ガードアセンブリ(BLADE GUARD ASSEMBLY)
 回転刃に触れないようにガードするカバーと、キックバック防止の爪と、カットされた板を左右に振り分ける RIVING KNIFE(SPLITTER) とからなります。

Bマイター・フェンス(MITER FENCE)
 横挽カットのときに板材を保持するガイドです。

Cマイター・テーブル(MITER TABLE)
 定義が曖昧ですが、マイターフェンスが取り付けられて前後方向にスライドする黒い板の部分です。

Dマイター・ベース(MITER BASE)
 固定されていてマイター・テーブルがスライドするアルミ押し出し型材の部分です。
Cと合わせてSLIDING MITER TABLE と言うようです。
@のリップフェンスを使って一定の幅に板を切る縦挽をリップカット(RIP CUT)、Bのマイターフェンスを使って直角に切るのをクロスカット(CROSS CUT)、角度切りするのをマイター・カット(MITER CUT)と呼びます。

縦挽に使うリップフェンスは刃(BLADE)と並行でなくてはなりませんから、黄色い円で示した部分の二つのネジで調整します。
ブレードを目一杯上げて刃の前後の位置とフェンスとの距離が同じなるように調整して固定します。

この部分の細かい説明が取扱説明書には欠落しています。
それから、リップフェンスの後端には黒い樹脂のキャップが付いてますが、この部分とアルミの型材の側面との間にズレがあって、ブレードを通った木材のフェンス側が引っかかりますので、ヤスリでツライチに削る必要がありました。
上の写真の反対側から撮ったものです。
ブレードによってカットされた木材がRIVING KNIFE(SPREADER)によって左右に振り分けられるために、ブレードとこのRIVING KNIFEは一直線に並んでいなければなりません。
ずれているとカットされた木材がここで止ってしまいます。
左図の黄色い円で示した部分のネジを下側から付属の六角レンチを使って緩め、ブレードからRIVING KNIFEにかけて直尺や曲尺などをあてがって位置決めし、ネジを締め付け固定します。

このネジの上に抜けた部分がブレードを通過してきた木材に当たってしまうので、ヤスリで削りました。

この部分の調整についても取説の説明は不十分です。
最後は一番苦労したマイターテーブルがブレードに並行にスライドするように調整する部分です。
写真で示したように、スライドテーブルは4ヶ所のネジでアルミのベースに連結されてスライドするようになってます。

図示した@からBまでのネジは偏芯ネジで、Cだけは普通のネジらしいです。

構造を理解しないと調整が分かりにくいです。

(これを書いている4月半ば現在、まだ完全に把握できたとは言いきれないところです。さらに解説書と実物との間に不整合があります。偏芯ネジが使われているはずのところに普通のネジが使われていたりします。写真のAとBのネジが解説と違うようです)
マイターテーブルはアルミ型材でできたマイターベースをレールとし、左図のSLIDEがレールに沿って滑ります。
このSLiDEを左右方向に微調整するのが偏芯ネジECCENTRIC SCREWの役目です。
したがって、調整はこのネジがわずかに回転する程度に六角ナットHEX NUTを緩め、マイナスドライバーで偏芯ネジを1回転以下、あるいは半回転以下の範囲で回転させるだけです。

マイターフェンスとブレードの側面に曲尺を当て、フェンスが直角の状態でスライドするように偏芯ネジを調整します。調整するとき、マイターテーブルを刃の方向に押して調節します。
直角の状態でスライドするようになったら、@のネジで左右方向のがたつきが少なくなるように調節します。
がたつきをタイトに締めすぎるとスライドしなくなったり、スライドのスムースさがなくなったりしますので、がたつきが無く、スライドがスムースになる程度の位置でネジを固定します。

今現在理解できたのはここまでです。
これでもプレードとマイターフェンスが直角にならないときは、どうするのか?がまだ理解できません。
多分、手前側の偏芯ネジでさらに調整するのではないかと推測しているのですが、確かなことはまだ分かりません。

今現在、Aのネジが本来の偏芯ネジではなく真円のネジなので充分に調整できているわけではないのですが、幅の狭い板材のクロスカットで、辛うじて直角にカットはできていますが、スコヤや曲尺をマイターフェンスとブレードに当ててみると、ブレードの後方にわずかな隙間ができます。
幅の狭い板材のクロスカットの場合はさほど影響は出ないようです。

届いた状態で6−7cm程度の幅の板をカットしてみたとき、この幅で目視2mm前後の誤差があって斜め仁カットされて愕然としたことを考えると、かなり改善されたと言えますが、マニュアルに書かれている方法で、スライドテーブルを一番手前に置いたときと、一番奥に置いたときのブレードとスライドテーブルのズレは2mmはあります。
2007/05
使い始めて一ヶ月。まだ偏芯ネジが届いてませんけど、なんとか使ってます。
USでは多分4万円以下で売られているらしいこの低価格機。それなりに使えます。
といっても価格なりには使えるといったところで、使えるように調整、加工修正ができないとダメか?

少なくとも買って組み立てたままの状態では使えないと思った方がいいでしょうね。このあたりは国産品では許されないことですけど・・・・。
2007/06
購入後2ヶ月たってからやっと交換用のパーツ、偏芯ネジが届きました。
左側のメッキのが通常のネジで右の黒いのが偏芯ネジです。

テーブルソーに向かって奥の二本でスライドを調整するのですが、なかなか完全には調整し切れません。
それでも少しは改善されたような気がします。幅の広い板をクロスカットするとわずかにズレが残って完全な直角にはなりませんが、幅の狭い板の場合は問題なく直角にカットできるようになりました。
2007/10
現在の状態が左の写真です。
付属の台は使えるのですが、切りカスが床に落ちるので、廃材を利用して台を自作しました。

前後左右に飛び散る木クズは防げませんけど、時々箱のなかにたまった切りカスを自作のサイクロン集塵機で吸い取ってます。
2008/06 キックバックについて
電動工具には危険がつきまといますけど、テーブルソーの場合は「キックバック」が特有のリスクです。
これは、丸鋸が作業者の方に向かって回転するため、切断された板が作業者に向かって飛んで来るというものです。
これを避けるためのハウツウは英文の取扱説明書に書かれていますが、実際に体験してみないと、その怖さは分からないものです。
大怪我をしないためにも、キックバックの可能性があるような使用法はできるだけ避けるのが大切です。
2010/03 電源スイッチの故障
電源スイッチの内部の接点が焼き付いたのか、電源が切れなくなりました。

まれにこの機械についてお問い合わせをいただくことがあります。
国産メーカーにするかこれにするか迷ってるのでアドバイスを・・・というお問い合わせです。
このモデルはすでに廃番になっていて後継モデルはあるようですが、このようなお問い合わせがある場合に、私は国産品の方をお勧めするようにしています。

並行輸入品は当節の円高のなかでは低価格がメリットですけど、頻繁に買い換えることのないこのような機械の場合は、多少の価格の差はあっても、品質やアフターサービスなどの面で国産品の方が有利ではないかと考えるからです。

すでにこのページで書いてきたことですが、もう一度まとめてみますと・・・

(1) 取扱説明書が英文であること。
(2) メートル法ではなくインチ規格であること。
(3) 電源コードのプラグも米国規格であること。
(4) チップソーの内径も米国規格なので国産品は使えないこと。
(5) 仕向け地である米国での主な用途が2×4材などを使った大まかなカット用と思われるため精密な造作には向かないこと

などがあげられます。
国内メーカーの製品は基本的にはプロユースを前提としているため、品質精度にはそれなりのものがありますが、米国の一般ユーザー向けのこのテの廉価品は、それなりのものでしかないということです。