仙人のガレージセール


Page 23

Fostex FE103E Fostex推奨バックロードホーン


2008/2

1年以上前に、スピーカーを作り始めた頃に、何種類かユニットを買って、取説に書かれている推奨箱を作っていた頃に1個だけ作った10cmユニット用の巨大なバックロードーンですが、1個だけしか作らなかったので、もう一個作ってペアにしました。

初期に作ったのはラワン合板の廃材を自分でカットして作ったのですが、今回はMDFを大まかにカットしてもらって、細かい部分だけは自分でカットして作りました。

1個作るのに原板を1枚消費しますから、1個の重量は約15kgから20kg近くあります。ユニットの価格よりも箱の方が遙かに高価ですね。
バックロードホーンの組み立てのポイントは、両側の側板に挟まれるたくさんの部材の幅が同じであること、そしてそれらが同じ高さに接着されることです。
これが一番難しいところです。
さらに、音道の幅はできるだけ正確に接着することです。
左の写真では良く見えませんが、側板内側に接着する板の位置を鉛筆で書いておきます。接着の間違いを防ぐため効果もあります。
1枚ずつ接着していっても良いのですが、ブロックに分けてあらかじめ接着しておいてから、そのブロックを接着する方法を取りました。
天板とバッフルが一番目に付く部分ですので、ここは精密に接着します。
次に、空気室と最初の、せまい音道の部分のクランクを組み立てて置いたブロックを接着しました。
音道の部分は指定幅にカットした端材をスペーサーとして入れて接着すると正確に位置決めできます。
裏板と底板をあらかじめ接着しておいたものを側板に接着します。
上の写真の部分と逆の方が良いかもしれません。
周辺部はクランプ類を使って側板とタイトに接着することができますが、内部の仕切板はそれができませんので、自作の長いクランプを使って、周辺部の板の高さに合わせて締め付け接着するほかありません。
そんな意味では周辺部の板を先に接着しておくといいようです。
コの字型に組み立てておいたブロックを接着します。
これら一連の写真では接着してあるブロックを並べて写真に撮っただけなので接着はしていません。
下の写真のブロックを先に接着しても同じだと思います。順序が逆でもOKです。
これで出来上がりです。
同じ幅にカットした板を接着するだけなのですが、理論的にはこれで凸凹ができないハズなのですが、意外と凸凹ができます。最後に接着する側板と仕切板の間に隙間ができるのは良くないので、一番神経を使う部分です。
隙間がわずかなものなら、接着剤を大量に塗ることによって塞げますが、隙間が大きい場合は削って調整した方がいいですね。
作り始めはさほど重くなくても、ここまで部材を接着しますとかなりの重量になりますし、上の方が重くなります。
マスキングテープで接着部を保護して汚れないようにしてから接着します。
クランプの数は多い方がいいのです。
やり直しはできないので木工ボンドは大量に塗布します。
左右の側板は同じ寸法にカットしてあっても、最後の1枚が正確に納まるとは限りません。意外とズレが出たりするものです。
MDFの場合は繊維がないのでソリはほとんどありませんが、ラワン合板ですと平坦なようでソリがありますから、締め付けは少し大変です。見た目は悪くなりますが木ねじを併用するとクランプの数が書少なくても大丈夫です。
私が持っている唯一の10cmフルレンジユニットを使ったバックロードホーンですが、とにかく大きく重いです。
このサイズのものを部屋に置けるひとは住環境に恵まれているといえますね。出てくる音も当然大きいです。床が振動したりします。
元気の良さとライブ感はかなりのものですが、音質に関しては好みの別れるところでしょうね。私の場合は、あまり長い時間聴いてはいたくない音だと感じます。
8cmフルレンジ用バックロードホーン・キット (2010/2月追加)
このつたないホームページにキーワード検索で辿り着かれる方のなかに、バックロードホーンのキットを探してらっしゃるひとがいるようなので一組だけキットを作ってみました。
音色の好き嫌いはともかくとして、個性的な音を出してくれますし、工作の面白さがあるのは確かです。
反面、サイズが大きくなり、部材の数が多く重量も重くなるのでキットとして提供するメリットは無いだろうと思っていましたが、幸い、使えそうな手頃な箱があったことと、私自身のスキルアップ確認の意味でも一組作ってみることにしました。

基本的にはホームセンターなどのカットサービスなどを利用すればできることですが、部材が細かいことや穴開け加工、テーパーカットなどが必要になるため、それなりに大変なのではないかと思いますので、キットの形でセットアップすることに意味があるかもしれないと考えました。

想定しているユーザーは、ある程度組み立ての経験があってハタガネやクランプなどの道具も持っている方です。初めてエンクロージャを組み立てる方にはハードルが高いと思います。
ユニット取付穴はまだ開けていません。組み込まれるユニットに応じて開ける予定です。
想定しているのはFostexの8cmシリーズ3種、TangBandのW3シリーズ、DIY AudioのSA/F80AMGなどですが、10cmとしてはコンパクトなDayton AudioのRS-100Sなども取り付けられます。
左の写真がキットの内容です。
側板片側に部材を並べて写真を撮ってみました。
写真に入れ忘れましたが、それぞれもう1枚の側板が含まれます。

一個の完成寸法は幅130o、高さ600o、奥行き300oです。
台座はなくても充分自立します。
使用素材は15o厚のMDFで、1セットの総重量は14kgを少し越えます。

現品限りですが、送料着払いで1組¥15,000−です。
ご希望の方はメールでお問い合わせください。
組み立ての手順はFE103E用とまったく同じですので、このページの前半を参考にしてください。

ポイントをまとめてみますと、
(1) 添付図面に従って側板にホーンロードを罫書いておきます。板が接着される部分のけがき線は接着するときにはみ出したボンドで見えなくなってしまいますので、長めに線を引いておきます。

(2) ホーンロードを作る中仕切り板は右写真のようにブロックこどにあらかじめ接着組み立てをしてから側板に接着します。平らな台、またはビニールなどでカバーした側板の上で正確に組み立てます。

(3) 最初にバッフル、天板、裏板、地板、斜め板などの周辺部を垂直に接着硬化させます。
周辺の板はクランプなどで圧着すると、圧着しにくい中仕切り板よりも背が低くなってしまいますから、あまり圧着しない方が良いでしょう。

(4) 中仕切りのブロックを上から順番に接着してゆきます。ホーンロードの幅はできるだけ正確に位置決めします。一度に全部のブロックを接着するのはリスクが高いですから、ブロックを一個ずつ接着硬化されてから次のブロックを接着します。

(5) 吸音材などを入れてから、最後に側板を接着します。接着剤をたっぷり塗ってクランプを使って固定して硬化させます。