仙人のガレージセール

Page 2

2006/10

ふたつのダブル・バスレフ
これもフォステクス推奨のダブルバスレフでFE82E用。ダクトは四角。
大きさはバスレフの約3倍くらい。
バックロードホーンと同じく側板に仕切り板を貼り付けてゆく手順ですので中仕切り板の幅が均一であることが条件です。
最後の側板が隙間無く接着できるかどうかがポイント。

接着のまえに多少の調整が必要ですし、接着剤はかなり多めに使用しないと、隙間ができて台無しになる可能性があります。

バックロードホーンもダブルバスレフも低域を補強するためのものですが、音が少し違います。
ダブルバスレフの良いところは、高音が失われず中低音にも響きがある点でしょうか。
どちらの方がよい・・といちがいに言えないところですが、近くで聴くのならダブルバスレフでしょうか。
こちらはFE127Eの推奨ダブルバスレフで、かなり大きな箱になります。ユニットも箱も大きいので中低域に余裕がある鳴り方をしますが、意外と地味です。
この後作った10cmユニットのバックロードホーンと組み合せて鳴らしてますが、負けてしまいます。防磁ユニットの127Eが非力であるためかもしれません。
10cmバックロードホーン
ユニットは10cmのFE103Eと小さいのですが、エンクロージャーは高さが80cmを越え、奥行きも40cmと、かなり大きなバックロードホーンです。

部材が多いので片側でベニヤ板原板を一枚消費します。従って重量もそれなりにあります。
しかし、部材が正確にカットできれば、組立は楽しめます。ホーンロードの幅をできるだけ正確に取ることと、隙間を作らないように接着するのが肝ですけど。

右の写真でバスレフの箱との大きさの違いが分かります。
重く巨大なバックロードホーンの箱ですが、音を出してみるとさすがにすごいですね。
8cmのバックロードホーンでは音源がスピーカーユニットとホーン開口部の2ヶ所に分離しているような感じがするのですが、これにはそれがありませんし、低音の代償として高音が弱くなるということもないようです。

BGMとして音楽を聴くのなら8cmのユニットでも充分なのですが、音そのものを聴く場合は、聴き比べてみるとスケール感、臨場感などで、大きな口径のユニットにはそれなりの魅力があるのは確かです。
マトリックス・スピーカー
長岡鉄男氏の著作のなかにあった10cmユニット3個使用のマトリックス・スピーカーが面白そうなので作ってみました。
上の写真のようにエンクロージャーの構造はとても単純で、背面にダクトがあるバスレフです。
これ1台でサラウンドを実現するマトリックス配線をするのですが、実際に鳴らしてみるとよく分からなかった(/_;)
でも、10cmのユニットを3個入れてあるだけに低音はかなりのもので、センター・ウーファー的な使い方にはとてもいいようです。これは思いかげない収穫でした。
これだけで鳴らすとステレオ感が薄いとか低音に比べて高音が弱いとかのマイナス面はありますが、もともとがAV用のサラウンド・スピーカーということなので、これはこれでいいのかもしれません。
同じユニットを使った小さなバスレフと組み合せて鳴らすと、バスレフの低域不足を補い、バスレフは高音を補うといった関係でなかなかいいスピーカーシステムになります。
8cmのスピーカーと組み合せると、聴くポジションによっては8cmの音がこのマトリックスピーカーの音にマスクされて聞こえなくなってしまいます。
FF85K2個のバックロードホーン
今まで使ってきた廃材や古い合板が残り少なくなってきたので、初めて新品のラワン合板を購入して、カットしてもらって作った唯一のエンクロージャーです。
サイズが高さ80pcm強、奥行き45cmとかなり大きいので、これ1本を作るのに原板一枚を使いますし重量もそれなりにあります。

さすがにパネルソーで切ったものは正確できれいです。寸法精度を要求されない部分は自分で丸鋸で切ったのですが、その差は歴然としています。
そんな訳で、きれいにカットされたパーツを片側の側板に並べて接着する作業はとても簡単で早いです。

前回作った10cmのBHは最後の側板を接着するとき木ねじを併用したのですけど、今回は旗金だけで接着しました。
側板のサイズが大きいので新品の板でも反りが出るようで、旗金の数が足りずわずか1mmですけどずれてしまいました。

ターミナルは本体背後に付けるとコードがホーンロードを上下に往復してしまうので、ユニットに一番近い天板前方に付けました。
鳴らしてみると、前に作った10cmのと充分バランスが取れる音が出ます。
たぶんユニットの特徴なのか高音はこちらの方が良く出ていると思います。
ヴォーカル、ベース、ドラム、ピアノの低いキーの音がリアルに聞こえます。
FF85Kバスレフ
大きなバックロードホーンを作るかたわら、廃材の古い棚板で8cmのFF85K用のエンクロージャーを作ってみました。
このユニットではダブルバスレフ、バックロードホーンで鳴らしてみたのですが、バスレフではどのようになるのか聞いてみたかったので。

このユニットの説明書には3種類のバスレフが紹介されていたので、そのなかの2種類を各一個ずつ作りました。
外観はほとんど変わりませんが、奥行きとダクトの長さが少し違います。
写真右の薄緑の箱は最初に作ったFE87E用ので、容量は6リットルですが、左の新作はそれより小さくて5リットルと4.5リットルです。

鳴らしてみると、これがなかなか侮れない音です。口径の大きいユニットに比べるとさすがに低域は劣りますが、それでもちゃんと低音はで出ますし、澄んだ高音は8cmならではだと思います。

いろいろなユニットと箱を作ってきて、再び標準バスレフに戻ってみると、わずかな材料とコンパクトなサイズの箱ということで、バスレフの存在理由を再認識しました。

これ単独で聞いても良し、低域不足は他のスピーカーと一緒に鳴らすことによって補えますから、最初にバスレフを作ったときに感じた、「良いのだけどねぇ・・」というつまらなさが間違っていたということです。
ダブルバスレフ・マトリックス接続
初めて作ってみた長岡氏設計のマトリックス・スピーカーがなかなか良かったので、同じ10cmユニットを3個使ったダブルバスレフも作ってみました。
これはFE−107Eの推奨箱ですが、手持ちの103Eを使いました。

手持ちの廃材を使って、少しでもきれいな部分をフロントにもってきて、汚れたところは内部の仕切り板として使いました。
W750mm*H170*D450とかなり大きく重いです。
前回作ったバスレフ型マトリックス・スピーカーに比べて、同じユニットを使いながら、箱が大きいだけにさらに強力な低音が出て驚きました。
パソコンラックの下段に押し込んだのですが、フロアが振動したりします。
高音も以前の型より良く出ている。全体としてはとてもマイルドな音です。
切れの鋭い高音が足りないときは8cmのスピーカーと同時に鳴らすと不足分を補ってくれますし、これ単体で鳴らすと聞き疲れしない柔らかい音です。
オリジナル・アクリルキューブスピーカー
ディスプレー什器のアクリルケースが余っていたので、これで箱を作れないか?ということで作ってみました。
すべて廃物利用。成り行き任せで図面無しです。

左が1作目。ダクトは初めて30mmのを使ってみましたが、音にはまったく期待していなかったのに、これがなかなか聴けるいい音を出すので、ダクト径を40mmにしてユニットの配置を調整して作った2作目が右のです。
スピーカーにこのような色を使うことは滅多にありませんけど、意外とポップな雰囲気で面白いです。
吸音材は入れない方が見た目がいいのですが、底の部分にだけグラスウールを敷いてみました。
思いつきだけで作ってみたキューブ・スピーカーですけど、これが予想外にいい音で鳴ります。
音にはまったく期待しないで、見た目の面白さだけで作ったのですけど、これが意外でした。

箱の容積が大きいためなのか低域が良く出ます。
FF85Kを使ったグリーンのバスレフと聞き較べても負けてない。
硬く済んだ高音は85Kの方が出るのですけど、耳障りではない程度にマイルドな高音も出ているようです。
私自身のコノミでは、バックロードホーンの低音よりもいいです。
スピーカーのキャビネットの内容積とダクトの寸法から共振周波数を計算する公式です。
いろいろ種類があるようですが、これは長岡鉄男氏の公式です。
L1とL2はダクトの開口部を角型としたときの縦横の寸法で面積を平方センチメートルで算出します。

分母のVcはキャビネットの内容積をリットルで表わします。
L3はダクトの長さ、奥行きです。
上の写真の黄色いバッフル面のスピーカーのダクトは8cmユニットの推奨バスレフの寸法をそのまま取り入れました。
箱の内容積Vcは6.8リットルと推奨箱の6リットルより大きいです。
ダクトの直径は40mmなので、計算すると L1×L2=12.56 となります。
ダクトの奥行きL3は5cmなので、分母の計算は 6.8(5+3.14)=55.35
fb=160×√0.23 =77Hz ということになります。
内容積がメーカー推奨箱の6リットルとして計算すると81.6Hzになります。
フォステクスの計算式は少し違うようで、取説の説明ではfb=90Hzと書かれています。
ダイトーボイス AR−7
バッフル面のパネルを作るだけで他のユニットも簡単に付けられるということで、一個千円の廉価版ユニットを付けてみました。
8cmより小さい7cmのユニットだけど、取付穴は8cmのより大きくて、フレームの余裕がない。
少しずれるだけで隙間ができてしまいそうだし、フレームもいかにも安っぽいので、後ろから取り付けてみました。
ルックスはなかなか良い。
音も予想外に良い。
さすがにFE83Eには僅かに劣るモノの、このお値段でここまで鳴れば立派なものです。
DEXTER GORDON  「MANHA DE CARNAVAL」   映画「黒いオルフェ」のテーマ曲 「カーニバルの朝」