仙人のガレージセール

Page 1

2006/10 (2014/07更新)

エンクロージャー設計支援ソフト[sped]

スピーカー工作の途中で見つけた優れた設計支援ソフトです。エンクロージャのサイズ、ダクトの内径と長さとユニットの組合せで様々なシミュレーションができて大変参考になります。このソフトは作りっぱなしではなく、頻繁に改良されているところも優れています。
(2014/07/09 リンク変更)
エンクロージャ・キットの販売について
価格の表示があるページのエンクロージャ・キットはYahoo!オークションに出品販売しています。表示価格はその出品価格です。
手軽にスピーカー自作を楽しんで頂けるように、また私自身の楽しみのために販売していますので、数量はわずかです。
最新のページのものは在庫がありますが、日付の古いページのものはもうありません。
トップページにメールアドレスを載せてから、このホームページからも注文を頂くようになりました

インターネットはやってるけどネット・オークションはやってない方もいらっしゃるので、このホームぺージからも受注しますのでお気軽にお問い合わせください。
寸法精度の高さと低価格で高い評価を頂くことがあります。
基本的には手軽にスピーカー工作を楽しんでいただくのが目的ですのでキットとしての販売がメインですが、工賃プラスで組立品にもしています。
「組立品」と呼んでいるものは、キットを接着組み立てしたもので、仕上げ加工とか塗装はしてありません。
キットも組立品も、ユニットはもちろんターミナルや吸音材は含まれませんのでお好みのものを付けてください。
少しでも手をかけて「自分が作ったスピーカー」にしていただくため、原則として仕上げ、塗装までした完成品は販売しません。
オークションへ出品のため完成サンプルとして製作したものは、まれに販売することはありますけど。


8月半ばから作り始めた自作スピーカーがいつの間にか6組と2台に増えてしまったので。ここに記録として残しておくことにしました。

なぜこんなことになったのか?振り返ってみると不思議ですが、オーディオレス車にオーディオを組み込むことになったのがきっかけでした。

20代の前半に作ったスピーカーをひっぱり出してきて、節分に使う1升マスに古いユニットを取り付けて鳴らしてみたのが始まり。
もともと工作好き、音楽好き、道具はソコソコ揃ってるし材料も廃材のようなものがある。
これで時間と作業場所があればいつでも取りかかれる状態ではありました。

FOSTEXのホームページを見てみると、昔と同じようにスピーカー・ユニットを販売している。
直販もしているが、細かなパーツも品揃えが豊富な外神田のコイズミ無線の通販で大抵のものはそろう、ということで、8cmと12cmのユニットを買ってみました。
よく分からないまま発注したのが口径8cmと12cmのこのふたつのユニット。
型番に「7」が付くのは防磁型ユニットで、一応AV用。ブラウン管に影響が出ないようにキャンセル・マグネットがスチールのカバーで覆われていてマグネット自体も小さい。

ちなみに8cmもの小径のユニットを使うのはこれが初めて・・・。
このあと2回目に発注したときは防磁型の7シリーズではなくて、スタンダードな3シリーズの10cm口径。
マグネットは剥出しになっていてサイズも大きい。
これを追加して買ったのは手頃な小径ユニット3種類で聴き較べてみたかったから。
とにかく、廃材の塗装してある棚板を使ってメーカー推奨のバスレフ型のエンクロージャーを作ってみました。

材料の都合や作り方の工夫のため、左右で僅かに大きさが違ったり、作り方を変えたりしてます。

ユニット剥出しではコーン紙を痛めそうなのでスピーカー・グリルも追加購入して取り付けましたが、グリルのデザインはイマイチ垢抜けしません。

ダクトは指定寸法とち僅かに違うのですが、手持ちの塩ビ管を使ったのでどれも同じ大きさです。
製作途中の記録写真です。
推奨バスレフはユニットメーカーのフォステックスがエンクロージャー・キットとして販売しているので、道具や材料があるとか作ること自体が楽しみであるとかでないかぎり既製品を購入してユニットと組み合わせたほうが見た目が良いものが手軽にできます。
バスレフ型は基準となる箱で、小径ユニットの場合、低域はさほど出ないものの、それぞれのサイズの良い部分を出してくれると思うので、このあとダブル・バスレフやバックロードホーンを作っても、存在価値が無くなるものではありません。
澄んだ高音や指向性の強さからくるらしい定位の良さなど、小径ユニットの面白さを教えてくれたエンクロージャーです。
サイズそれぞれに個性がある鳴り方をします。
3種類のバスレフ型ができあがったあと、特に初体験の8cmユニットに興味を持ち、防磁型の87EのほかにオーソドックスなFE83Eと強力なマグネットを備えたFF85Kも購入しました。
これで3度目の通販購入です。
8cmダブル・バスレフ
3種類のバスレフ型に続いて作ったのが下の写真のダブル・バスレフ型。NETで見つけた素人ユーザー設計の薄型で比較的コンパクトなもの。設計者はパソコンのモニターの両脇に置いて使うことを念頭に置いて作ったということです。
ダクトにパイプなどを使わず板で作っているので作りやすそう・・ということで作ってみることにしました。

側板の片方に板を接着して、吸音材を入れ、
ターミナルとコードを入れてから残りの側板
を接着します。
寸法通り板をカットして組み立てて行くと誤
差が出ます。この誤差は肝心のダクトの部
分に出てしまうので用心しないと指定通りの
箱になりません。

左がオリジナル設計通りで、右側のはダクトを
前にしてみましたが、さほど変化はありませんでした。

このエンクロージャーはFF85Kユニットが指定ですが、今はFE87Eが入っています。
ちょっと非力なこのユニットでは、かなりボリュームを上げないといい音が出てきません。
ダブル・バスレフのように、箱の中の空気の量が多いものは、それなりのパワーのあるユニットを使うか音量を上げないと鳴らないようです。
8cmのバックロードホーン
FE87E用の推奨バックロードホーンです。
ホーンロードを作る仕切板やフロント、天板などを同じ巾にカットするのが意外と大変。

片側の側板に順番に貼り付けて行くのですが、ホーンロードの巾をできるだ正確にするのがミソです。

それから空気漏れの無いように木工ボンドをたっぷり使います。
推奨バスレフとのサイズの違いはこれだけあります。 幅が狭いので転倒防止のためベースも。
私は接着固定はしませんでしたけど。

30年以上前にバックロードホーン・スピーカーは作ったことがあるのですが、あまり良いイメージは持っていませんでした。
でも今回作ったこれはなかなか良いです。8cmユニットにしては・・・という条件付きですが、低音がそこそこ出てます。反面、高音が少し失われるようです。
設計は87E用ですが、今はFF85Kを入れてます。これもそれなりのパワーを入れてやらないと良く鳴りませんね。
最初に片側だけ作って気に入ったのでもう一個作ってペアにしました。
(次のページに続く)