仙人のガレージセール

Page 28

AirWave CLF060P2-S & TangBand W3-582SC

2008/12

新しくユニットを2種類購入しました。
TangBandはポリプロピレン・コーンを使ったW3−582SC。コーン以外はW3-593SDと共通の部品を使っているように見えます。1個2千円弱の低価格ユニットですがTangBandは相変わらず造りがきれいです。

もうひとつはAirWaveの6cmユニットでアルミのお椀型コーンを使ったCLF060P2−S。
こちらもコーン以外はLF060C3−Wとまったく同一のように見えますし、ユニットのデータも同一のようです。
ユニットのターミナルへの半田付け
私は頻繁にユニットを付け外しするので、ターミナルとユニットは平型端子(ファストン端子)で接続しています。
ユニットの端子への半田付けは、左の写真のように裏側(マグネット側)から穴を通して半田付けしています。
細かいことですが、ユニットを箱に出し入れするときこの方が良いのです。
小径ユニットの場合、この端子の部分が箱の開口穴と干渉したりします。
AirWaveの6cmユニットなどは、指定の開口穴の場合は、この端子が確実に干渉してユニットが入りきりませんので、ザグリなどで逃げを作らないとダメなのです。
AirWave CLF060P2
以前に3種類作ったAirWave用の箱がそのまま使えるので、とりあえず一番小さなミニサイズの箱に入れてみました。
黒く大きめのコーンキャップを持つLF060C3-Wと比較すると高音がやや出すぎるところが解消するのではと予想していたのですが、ほぼ予想通りです。箱がすでに調整済みのためか、最初からかなり魅力的な音を出してくれます。
C3-Wは聴き込んでゆくうちにかなり音が良くなってきたのですが、こちらは最初からそこそこの低域まで出してくれて、テナーサックスの音なども甲高く聞えてしまうということはありません。
C3-Wと比較してみると基本的な音色はほぼ同じですが、微妙なところに違いはあるようで、低域はこちらの方が良く出ます。
内容積が約2.8リットルのスリムバスレフ・リアダクト版に入れてみました。
ユニットが一組なので上のミニサイズの箱と切り替えて比較はできないのですけど、箱の容積が大きい分だけ低域が出てくるように感じますが、その差はわずかです。
例えて言うなら、ミニバスレフがダクトで低域を出すのに比べて、こちらは箱の空気をドライブして低域を出しているといったところでしょうか?

このユニット、AURA SOUNDの8cmユニットとスペックは似ているのですが、大きめのゴムエッジでアルミ凹型コーンをストロークさせてアタック音を良く出しているのに比べると、AirWaveはアタック音はあまり得意ではないようです。このあたりがクラシックなどに向いていると感じるのかもしれません。
コーンが細かく振動して出すような音には適しているようです。
セミ・トールボーイ型?にも入れてみました。
容積は上のスリム型とさほど違わないのですが、ユニットとダクトが離れた細長い箱は低域には多少有利な感じもします。
★ユニットと箱の比較
AirWaveの2種類の6cmユニットですが、コーンの材質と形状が違うだけで、基本的な音色は大きな違いは無いようです。
同じ箱に入れて切り替えて比較することができないため曖昧な印象ですが、アルミ凹型コーンのLF060P2−Sの方がわずかに低域が出て、ペーパーコーンに大きめのコーンキャップが付いたLF060C3−Wの方が高音が強く出てくるようです。
それから、後者の方が聴き始めと慣らしが進んでからの音の変化が大きいように感じました。

箱は3種類作ったのですが、最初に作ったミニサイズはダメなのか・・・と思っていたのが、ユニットにアタリが出てきて聴き慣れてくると、これが意外と良いのでは?と感じるようになってきました。

大きめの箱に入れると多少は低域が出てきますし音の響きも良くなってくるのですが、この高音寄りの小径ユニットは小さな箱に入れて、無理に低域を伸ばさない方が、このユニットの個性を引き出してくれるように思います。

一緒に購入したTangBandのW3−582SCと比べてみると、切り替えた瞬間に低域が消えてしまうのですが、それも切り替えた瞬間にそう感じるだけで、聴き続けていると苦にならなくなりますし、小径ユニット故の少し硬質な高音は魅力的です。
ただし、長時間聴いていると少し耳が疲れますけど。
TangBand W3-593SDとの比較
久しぶりにW3−593SDのバスレフと聴き比べてみました。
当然ですが8cmの方がゆったりとした低域が出てきます。ジャズ・ピアノ・トリオで言えばベースの音がはっきり出てきます。
この583SDのデキの良さを改めて感じました。それでもAirWaveを聴き続けたりするのは不思議ですが、クセのある音にはそれなりの魅力があるのは確かです。
TangBand W3-582SC
4.6リットルのMサイズ・バスレフ・エンクロージャに入れてみました。
W3−593SDと同じくフラットな特性になります。今のところ全く同じ箱に入れて、この2種類のTangBandの比較はできませんが、AirWaveとの聴き比べでは、さすがにレンジが広く低域も良く出ます。
ジャズピアノ・トリオなどではベースの音が良く出ます。
音色としては心配していたようなポリプロピレン特有の音という感じが無いので、593SDより低価格であることを考えると、これでも充分TangBandの音を楽しめると思います。
とにかく1個2千円を切る価格のユニットでこれだけの音が聴けるのは驚異的です。
W3-593SDとの比較
同じ箱に入れて切り替えて聴き比べた訳ではないのですが、このふたつのTangBandユニットはさほど大きな違いはないようです。
あえて微細な違いを感じるとすれば、PPコーンを使った582SCの方が繊細な高音が出ているような気がします。反面、全体としてマイルドな音のため低域も柔らかく聞えます。
ソースによってはもう少し腰のある低域になれば・・・と感じるかもしれないですね。
硬めの高音が個性であるAirWaveからこちらに切り替えると、低域がゆったりと出て全体としてレンジの広い柔らかい音に感じます。
AirWaveとこのTangBandのどちらかひとつを選ぶとすれば、躊躇無くこちらを選びますが、強い個性を持つAirWaveを聴いている時間の方が長いのです。
コーン材質 再生周波数帯域 出力音圧レベル
W3−582SC ポリプロピレン 100−18KHz 86dB
W3−593SD ペーパーコーン 110−20KHz 86dB
改めて大きさ似通った箱に入れて聴き比べてみました。厳密に言えば箱の容積もわずかに違いますしダクトの長さも違うので同一条件ではないのですが・・・・。
基本的には同じ系統の音で区別は付けにくいのですが、切り替えて見ますと、上の表の主なスペックと違って、582SCの方が高音がきれいに出てますし、スペックでは同じ出力音圧なのに、こちらの方が明るく能率の良さを感じます。
センターキャップが付いていることと、振動系が軽いことで微妙な違いはあるようです。
2009/04追記

PPコーンを使った593SC、かなり良いです。
今現在、同じアンプを使って切り替え試聴できる4セットの8cmはMサイズ・バスレフに入ったPARC Audio、 スリムバスレフH360に入ったFountek、ダブルバスレフに入ったFF85K、そしてこのTangBandのW3−582SCですが、他の3セットが優等生的な?良い音を出しているのに比べて、かなり個性的な音を出してくれます。
単純に言いますと、能率が高いというのか、華やかでライブ感があります。あるいはちょっと派手とも言えるかもしれません。
このような音に対する評価は好みの別れるところかもしれませんが、明るく快活でビビッドな鳴り方は私は好きですね。

ユニットそのものの能率という点ではFF85Kが一番なのですが、ダブルバスレフの大きな箱の中ではさほど派手な鳴り方はしません。
PARC AudioもFountekも確かに出力音圧レベルは低いですので、アンプのボリュームを一定にしておくと、相対的に地味な音になります。

582SCの一番の取り柄はPPコーンの特性なのか、高音が繊細で精密であることです。
メインで鳴っている楽器の背後で小さな音量で鳴っている伴奏の楽器の音が正確に聞こえてくるのでビックリします。
楽器を演奏するときに、演奏者が出しているらしい音なども聞こえたりします。
これでユニットの価格が他のに比べて1/3程度ですから舌を巻いてしまいます。
ペーパーコーンを使った593SDとは音が微妙に違うところが面白いです。少し地味で重みのある音の593SDと、軽く繊細な583SCというところでしょうか。
ちょっと脱線して
約35年くらい前、まだ二十代半ばの頃に、ラックスの真空管アンプキットが買えなくて自作した真空管パワーアンプを物置からひっぱり出してきました。
写真を撮るためにこの重量物を引きずり出してきたのですが、ついでだからと通電してみました。ガラス管ヒューズが溶けていたので、手持ちのエアコン室外機用のを入れてみたところ、なんと音が出てきました。なんとも長い時を隔てて蘇ったのでした。

電気の知識は通り一遍のものしか持ってないのに、「真空管アンプの作り方」とかいう本を一冊買ってきて、書かれているとおりに作っただけのものですので、スペックはたいしたものではありませんが、驚いたことに最新のONKYOのデジタルアンプを使ったCDレシーバーより良い音で小径フルレンジを鳴らしてくれるのです。
音には全く期待していなかっただけに、これにはかなりびっくりしました。
アルミシャーシはハンドニブラー、シャーシパンチ、リーマーなどの手工具を使い、パーツもすべて本に書かれているものを買い集めて作ったものです。
配線ミスで電源スイッチを入れた途端にヒューズが飛んだり、感電したりといろいろな経験をしたのですが、苦労の末に無事パイロットランプが点灯し、音が出てきたときの感動は今でもかすかに思い出せます。
万が一、ユニットが破損しても良いように一番低価格のFostexのFF70EGを使ったトールボーイ型を繋ぎ、音楽ソースは旧いSONYのMDデッキを繋ぎました。
もともと廉価品の割には低域が良く出てくるユニットですが、管球アンプで鳴らすと、さらに低域が良く出てきますし、高音も繊細です。

異常な音が出てくる様子も無いので、AirWaveのミニサイズのも鳴らしてみましたが、こちらも今までより良く鳴ってくれます。
三十年以上前にド素人が作った管球パワーアンプが、最新のデジタルアンプより良い音でスピーカーを鳴らしてくれるのには驚きました。
その後も気に入ってこの真空管アンプとFF70EGやAirWaveを鳴らしているのですが、音量を絞っても豊かな低域が出てくるところがとても面白いです。小径フルレンジと管球アンプの組合せは音楽の楽しみ方としてはとても良いみたいです。
Nocturne No.21  Chopin