仙人のガレージセール

Page 26

AirWave CLF060C3-W 6cmフルレンジ・ユニット

2008/9 (2012/03更新)

久しぶりにユニットを購入するので、抱き合わせで8cmよりさらに小さなものも注文しました。
作っている会社名が分からないブランド名 Air Wave の6cmフルレンジ・ユニットです。
■インサート成形コーン紙
■真四角銅線ボイスコイル
■ダブル ネオジマグネット
■再生周波数帯域:130Hz〜20000Hz
といったスペックです。
小さなユニットなので出る音には限度があるでしょうが、ちょっと遊んでみようか、と。
ユニットのデータが充分に無いのですがSPED.exeでシミュレーションしてみました。
おまかせモードでやってみると、下の図のような小さい箱になります。
(リンク画像はFF85Kとの大きさの比較です。製造元はリード・サウンド(株)でした)
周波数特性図
ミニサイズ・バスレフ・エンクロージャ
100mm幅の端材があるので、もうちょっと大きめの箱でシミュレーションしてみました。
箱の容積は1リットル以下とミニチュア・サイズです。
外寸は100W×150H×130D(mm)。
このサイズには贅沢とも思える15mm厚のMDFを使っているので、外寸での容積は2リットルくらいですが、内容積は0.9リットルです。
fdは148Hzです。
左の写真は今まで作った最小サイズのSサイズと並べてみました。

右の写真はCDと並べてみました。
パソコン用のスピーカーの大きさで手のひらに乗ります。
今回はユニットが手元に届く前に箱にしてしまったのでユニットを入れるのに少し苦労しました。
指定寸法より1mm程度小さな開口穴を開けておいたのですが、ユニット・ターミナルが邪魔になって、そのままでは入りませんでした。

小径ユニットの場合はこのターミナル部分がネックになります。
指定の開口寸法は58φですが59φでぴったり入ります。

ニス塗装はまだ途中の状態ですが、これ以上良くなりそうもありません。
まだ1個だけしか箱に入れてないのですが、他のスピーカーと組み合せて聴いた限りでは、侮れない実力を持っているユニットのようです。
径が小さいこと、Fsが130Hzくらいであること、エンクロージャの容積も極端に小さいことから、さほど期待をしていなかっただけに、予想以上の音を出してくれるので驚きました。
中高音がメインですが、低域もそれらを補うレベルで出ています。このサイズのユニットにこのサイズの箱でも充分な音を出してくれるものだ感心しました。スペックだけでは分からないものです。

購入した一組のユニット、もう1個の方が、コーンキャップをコーンに接着している接着剤がかなりはみ出して垂れていました。音にはさほど影響は無いのかもしれませんが、いかにも見苦しいので交換してもらいました。(画像)
このため、次のページの別のユニットの方を先に作ることにしました。
ほとんど同時進行でいろいろな箱に入れて聴いてますが、やはり本命と思われるミニサイズの箱はペアにしました。まだ塗装前ですが、これでやっとバランス良く聴けるようになりました。
2個目は1cmだけ背を高くしました。
ユニットにアタリが出てきたのか、低域もそれなりに出てます。絶対的には高音が得意なことには変わりありませんけど。
小径ユニットの魅力はやはりこの高音だと感じます。Fostexの8cmシリーズより私の好みです。高音寄りで指向性が強いのか、音の定位がとても良いです。
塗装も終わって出来上がりです。
着色ウレタンニスは同じ色のを使ったのですが、これだけ色が違うのは、MDFの色が違うからです。最近手に入るMDFは左のように色が濃いので明るい色の着色ニスには向きません。

相変わらず硬めの高音が持ち味のユニットと箱ですが、これはこれで面白い個性だと思います。小さくまとまった音ですけど、クラッシックのオーケストラ曲がそれなりに聴けるから不思議です。

Vifaと聴き比べているのですが、低域は出ない代わりにVifaからは出ない高音が出ます。両方同時に鳴らすと補いあってレンジが拡がります。

右の写真右側の黒いのは「ワシン工芸うるし」のブラックを刷毛塗りしたものです。
ミニサイズ・バスレフ・エンクロージャ・キット
- 部材名 数量 寸法 備考
バッフル 2枚 100*160 ユニット&ダクト穴あけ工済み
裏板&側板 6枚 100*160 無加工
天板&地板 4枚 100*110 無加工
塩ビダクト 2本 L=50mm 内径25φ
ダクト取付補助版 2個 端材利用のため不定形
キット価格 ¥3,500/一組
組立品価格 ¥5,500

このキットは常時在庫品ではありません。部材がある時にはオーダーで製作できます。

2010/02/25発売の電子工作雑誌「エレキジャック 17号」に初心者向けのスピーカー工作記事を書きました。
この小さなエンクロージャを使って製作の手順を解説しています。
セミ・トールボーイ型
幅10cm長さ45cmの板が4枚あったので一個だけ作ってみました。内容積は約3リットルです。
バスレフのダクトは後から開けることにして、とりあえずは密閉型で聴いてみました。
やはり高音寄りの音になります。
ボリュームを上げると少し低域が出てきますが、全体としては息苦しい音です。
focは139Hzです。
25φのダクト穴を開けました。
まだダクトパイプは付けていないので、板厚15mmだけのダクトということになりますが、
息苦しさが無くなってのびやかな音が出てきます。

ミニサイズの箱と組み合わせて聴いているのですが、この状態では両者の違いはあまり分かりません。
Fdは147Hzです。
使いかけの着色ウレタンニス・スプレー(マホガニー色)で塗装しました。
細部を見れば細かなゴミが入ったり、指で触った跡が光の反射で見えたりしますけど、色ムラや刷毛ムラはがないのでかなり良い仕上がりになりました。

一本だけなので相変わらずミニサイズと組み合せて聴いているのですが、高音が飛び出してくるミニサイズに比べると中音から低域にかけて良く出ます。
このあたりは周波数特性図からはなかなか読み取れないところです。
ペアになるもう一個は着色ウレタンニスのブラックを刷毛で塗りました。色ムラはやはり避けられませんでした。
音は相変わらず硬めの高音が強いのですが、低域もそこそこ出るようになって、ミニサイズの詰まったような音から、ずっと伸びやかな音になりました。
左側の黒い方は5cm前後のダクトを付けてありますが、右側のにはダクトを付けていません。
Fdは82Hzと147Hzの違いがあるのですが、ペアにして聴いた限りではあまり違いを感じません。
相変わらずクラシックのオーケストラが得意なユニットです。
スリム・バスレフ型
内容量4.5リットル、Fd=100Hz近辺のスリム型バスレフに入れてみました。Foster FF70EG用の開口径が60φで、少しだけ大きいのだけど、問題なく納まりました。
例によってミニサイズ・バスレフとの組合せです。
確かに低域は少し出るようになりましたが基本的には高音がメリットの小径ユニットということで、ミニサイズに比べてめざましいメリットはあまり感じられません。

このユニット、一緒に購入したVifaと対照的で、高音が得意なため、女性ヴォーカルなどはこちらの方がきれいに出ます。
反面、ドラムやベースなどを使ったジャズではスケールの小さい音になります。意外なことにクラシックのオーケストラなどは聴くに耐えます。
小径フルレンジの面白さはやはり澄んだ高音にあると再認識させてくれる6cmユニットで、この高音は低域の得意なVifaかは出てこないものです。
トールボーイ型エンクロージャ
バッフル取り替え式のトールボーイ型実験機に入れてみました。
内容積は4.7リットルでfdは121Hzです。
セミトール型と組み合せて、同じ箱に入れたFF70EGとの聴き比べですが、ユニットのキャラクタの違いがはっきり分かります。
低価格の小径ユニットの割には低域寄りのFF70EGと、容量の大きな箱に入れても相変わらず硬めの高音が強く出るAirWaveの音はずいぶん違います。
音の輪廓、めりはりがはっきりしたAirWaveと、マイルドな、すこしくぐもった音のFF70EGです。
音のキャラクタが違うので優劣の比較をしても意味がないのですが、FF70EGのコストパフォーマンスの高さを改めて感じました。
2009/01追加
Page 17の「Foster FF70EG」用のトールボーイ型を再度調整するついでにAirWaveも入れ替えて聴いてみました。
ユニットにアタリが出てきたためか、箱との相性が良いのか、低域がいままでになく良く出ます。

左の写真は、密閉型のほかにダクトの径を変えて試聴しているところです。
fdをあまり低いところに設定しない方が良いようです。
ダクト内径 ダクト長さ 共振周波数fd
25φ 15mm 114Hz (1)
30mm 89Hz
50mm 73Hz
32φ 15mm 138Hz
30mm 108Hz
50mm 89Hz
44φ 30mm 145Hz
50mm 121Hz (2)


(2)が最初に設計したダクトです。これでも充分な低域が出てくるので、ユニットのf0の135Hzから大きく離れないところにfdを設定した方が良いようです。
スリムバスレフH280
手持ちの材料を組み合せてスリム型の箱を作ってみました。
ユニットの小さなサイズを考えると幅は100mmが視覚的に良いのと、容量は背の高さではなく奥行きで確保した方が音の面でもメリットがありそうだからです。
背の高さは280mmで奥行きは190mm。内容積は2.8リットル。
ダクトは背後に付けてみました。裏板に穴を開けただけの状態で共振周波数fdは147Hzです。
15mm厚の板材に穴を開けてダクトの長さを30mmにするとfdは116Hzまで下がりますが、これはあまり意味がないようです。
背面にダクトを設置するとダクトの長さを変えやすいので、いろいろと試してみたのですが、結局、板厚15mmだけの状態が一番良いようです。

中低域が良く出るようになりましたが、これが箱のせいなのかユニットにアタリが出てきたためなのか、よく分かりません。
塗装が終わった完成写真です。
それぞれリンク画像があります。
スリムバスレフH280・エンクロージャ・キット
 このキットはPage 50 で改めて取り上げていますので、そちらを参照してください。
ルックスが良く設置スペースの面でも有利なスリム型をキットにしてみました。
開口径はAirWaveの6cmユニットの指定が58φで、これだとギリギリなので加工しないと完全に入りませんので61φにしました。
61φというとFosterのFF70EGが入りますから、このふたつのユニット用です。
低域は欲張らずに、共振周波数fdを147Hzにしました。
ダクトの長さは板厚の15mmで塩ビダクトは使いません。また、ダクト穴は前後どちらにも対応できます。
- 部材名 数量 寸法 備考
バッフル 2枚 100*280 ユニット&ダクト穴あけ工済み
裏板 2枚 100*280 無加工
天板&地板 4枚 70*160 無加工
側板 4枚 160*290 無加工
キット価格 ¥4,500−/一組

組立品価格 ¥6,500/一組
(単純に接着組立したものです)

送料は着払いです。
総重量3.6kg。
FosterのFF70EGはユニットのスペックが不明なので、Fostexの類似品のデータでシミュレーションしてみたのが左の特性図です。
内寸幅の理論値が70mmなので、開口径の指定が72mmのFostex FE87E(FE83E)はギリギリですけど、なんとなく入りそうな気がしますので、シミュレーションしてみました。
ダクトを板厚の15mmから30mmにしてみると、山のピ−クが少し下がります。
まとめ
すでに書きましたようにわずか6cmのユニットなので、8cmや10cmのユニットのような音が出てくる訳ではないのですが、小径ユニットの面白さを教えてくれるユニットです。
8cmと比較するとその差は歴然としていますが、これ単独で聴いている分にはそれほど不満を感じません。むしろ、大きなユニットからは出ない硬質の高音が魅力的です。これ1セットですべて事足りると言うものではないですが、個性の強い音が聴けるという意味では、サブスピーカーのひとつとして、あると面白いユニットです。
低域が不足すると思うときは他の8cmユニットなどと同時に鳴らせば補いあえます。低域が得意なVifaと組み合わせるとレンジが拡がります。
キーの高い女性ヴォーカルなどは得意とするところです。
箱の容量が小さいと高音がさらに強調されてしまうので、ある程度は容量の大きな箱に入れた方が良いと思います。
箱の設計もあまり低域を狙わずユニットの下限近辺を強調する程度がいいように思われます。

コストパフォーマンスの視点から見ると、価格がFosterのFF70EGの3倍、Fostexの8cmユニットの価格とほとんど同じですので、難しいポジションですが、それだけの個性と価値はあると思います。

その後、ユニット背後の裏板にニードルパンチ・カーペットをカットしたものを吸音材として貼り付けてみたところ、かなり改善されました。
ネオジウム・マグネットのような小型のマグネットを使ったユニットは背後から反射してくる音の影響を受けるようなので、これは大きな注意点だと言えます。
これはAURA SOUNDのユニットでも経験しました。
相変わらず高音がきれいに出るのですが、中低域もこのサイズのユニットとしてはそれなりに出てくるようになりました。