仙人のガレージセール


Page 22

AURA SOUND 8cmフルレンジ NS3-193-8A用エンクロージャ・キット2種


2008/4 (2012/03更新)

PARC Audioの小型推奨箱に入れるととても良いAURA SOUNDのNS3−193−8Aは、内付けが推奨されていますので、専用の箱を作ってみました。
外付けでも問題は無いと思うのですが、鉄板のフレームは見た目に高級感はありませんし、写真でも分かるようにゴムのエッジが飛び出しているので独特のルックスになります。
また、パッキンなどがないため、まれにフレームが共振しているのでは?と感じるときがあります。
内付けにするとゴムエッジの外側の部分がパッキンの役目をしてくれるので、この点では有利です。
ただ、小さな箱なのでユニットを内側にネジ止めする作業が窮屈です。
ユニット自体を保護する意味では内付けの方が良いかもしれません。
ユニット取り付け穴(2012/03)
内付けの場合の開口穴は75φ〜77φで、外付けの場合もほぼ同じですが、端子の部分を切り欠いたり端子を折り曲げたりしなくてはなりません。
この写真は開口径75φでギリギリです。
写真左が表で右が裏側です。
開口径を77φくらいにすると、切り欠きを裏側だけにして、表側は切り欠かなくても済むかもしれません。

組み込んでからフレーム外周を鉛筆でなぞってみました。
充分余裕はありますから77φでも大丈夫ですね。
取り付けネジ穴と開口部との距離にも余裕があります。
(1)2.33L超小型エンクロージャ・キット
AURAのユニットを入れた場合の周波数特性図です。
fdは68Hz。100Hzをピ−クにした、なだらかな曲線です。
スペック的には高音は得意ではなく、低域寄りの音で、PARCよりもはるかに豊かな低域が出ます。コンパクトな箱からこれだけの低域が出るとは驚きます。
小径ユニットなので楽器の数の多いオーケストラなどには向かないかもしれませんが、楽器の数の少ないジャズトリオとか、楽器のソロ演奏には向いていると思います。
欠点弱点はあると思いますが、強い個性を持った魅力的なユニットです。
完成サンプル
左が塗装済み完成サンプルで、右が未塗装の状態です。
ユニットとダクトの開口部はキットの状態でもトリマ−で丸く面取りしてあります。
キット明細
部材名 数量 寸法 備考
側板 4枚 140*200 無加工
バッフル 2枚 140*200 ユニット&ダクト穴あけ、トリマ−で面取り加工済み
裏板 2枚 140*200 ターミナル穴無し
天板 2枚 110*140 無加工
地板 2枚 110*140 無加工
塩ビダクト 2本 L=105 内径25φ
ダクト取付補助版 2個 端材利用のため不定形
2008/06/01
バッフルの幅を10mm拡げて内容積を2.6リットルに変更して「8cmバスレフ・エンクロージャSサイズ」と呼ぶことにしました。
部材キット価格 ¥4,500-   MDF部材のみで吸音材は含まれません。
組立品価格   ¥6,500-  キットを接着組立したものです。
(送料は着払いです)
組み立て
「スピーカーボックスの組立と塗装について」のページや以前のページを参考にしてください。
注意点としては、ユニットを内付けにするため、組み立ての前にバッフル裏側にユニット取り付け穴を開けておくことです。組み立ててから開けるのは難しいです。
ユニット取り付け穴は77φで、ユニットのゴムエッジとの間に1mmくらいの隙間ができるようになっていますので、正確に位置決めすると見た目が良くなります。
開口穴はサンドペーパーで滑らかにすると良いでしょう。
製作サンプル
こちらはたまたま手に入った18mm厚のラワン合板で1個だけ作ってみた試作品です。

かなりパワーのあるユニットなので板厚を上げたらどうなるのか?という興味で作ってみたのですが、音的にはさほど大きな違いは出ませんでした。ペアで聴き比べれば違いが出るのかもしれませんけど、15mmのMDFで充分良く鳴るというところです。
板厚と材料の関係で少しサイズアップしました。
比較しますとコンパクトさが少し薄れましたが、それでも充分コンパクトです。
(2012/06)
NS3−193−8Aを内付けにするためのキットの完成サンプルです。
「Sサイズ・バスレフ・エンクロージャ」と寸法はまったく同じです。
(2) 4.6Lキューブ型エンクロージャ・キット
2.33リットルの小さなエンクロージャでも充分な音を出してくれるAURAのユニットですが、大きめの箱にも入れてみました。
PARCの推奨箱を流用したように、PARCの4.6リットルの箱にも外付けで付けられるのですが、内付けにするのなら、キューブ型の方がルックス面でも面白いのではないか?と、Page 6 でTangBandのW3−593SDを入れたキューブ型の箱を流用してみました。

左の写真がその試作機で、バッフルをネジ止めにしてあります。
ダクトの内径はいままで余り使わなかった内径31φの塩ビ管を使ってあります。
このユニットは上下左右の区別が無いため、どのような角度でも取り付けられます。

内容積は4.8リットル、fdは64Hzです。
キット内容明細
品名 寸法 数量 備考
バッフル 190*190mm 2枚 ユニット用とダクト用の穴を開けてあります。
裏板 190*190mm 2枚 無加工
側板 190*190mm 4枚 無加工。バッフル、裏板、側板はすべて同寸法です。
天地版 190*160mm 4枚 無加工
ダクト補助版 2個 塩ビ管を通してバッフルに接着する補助板です。
塩ビ管 VP30 L=70mm 2個

バッフルの開口穴は面取り加工済みです。ユニット取り付けネジ穴は開けてありません。
総重量は約4.6kg。
部材キット価格 ¥5,500-   MDF部材のみで吸音材は含まれません。
組立品価格   \ 7,500-   キットを接着組立したものです。
(送料は着払いです)
キットを1個だけ組み立ててみたサンプルです。
こちらは裏側から内部を撮った写真です。
角を面取り加工したあと無塗装のままユニットを組み込んだ状態です。
リンク画像があります。
2.3リットルの小型バスレフと並べて撮ってみました。
1個だけ完成品が出来上がりました。着色ウレタンニスのハケ塗りなので、細かく見ると色ムラ、刷毛ムラがあってニス塗装の難しさを感じました。
これで試作機と組み合わせて試聴できるようになりました。やはり箱の容量が大きくなると豊かなたっぷりとした響きの音になります。
特にスローな曲を鳴らすと、小型バスレフとは一味違った音を出してくれます。スピード感のある小型バスレフとかなり違います。
このユニットはTangBandのW3−593SD、DIY AUDIOのSA/F80AMGと並んで私のお気に入りユニットになりました。
容量の違う箱を2種類作ってみましたが、微妙に音が違うので比較試聴すると面白いですね。
単純に言って、容量の大きい方が低域が良く出てレンジが広いように感じますが、それでは小さな箱の方は意味がないのか?というと、これがそうでもないのです。大きな箱を作る前に気に入って長い時間聴き続けてきただけに、これにはこれなりの魅力はあるようです。
印象としては、小さな箱はパワーでダクトをドライブし、大きな箱は箱の中の空気をドライブしているような印象です。
共通して言えるのはアルミのコーンのためかやや硬めの金属的な音です。また、同じ金属系のコーンを使ったDIY AUDIOのSA/F80AMGと比較しますと、コーンにセンターキャップの有る無しの違いなのか、DIYの方が繊細な高音が出ます。
ウッドコーンを使ったPARC Audioが出す高音は、私の耳にはちょっと耳障りに聞こえます。

アンプをONKYOのCR−D1LTDに組み替えて鳴らしてみますと、ピアノ強いアタック音などでコーンがビビるようになりました。
いままでも多少はあったのかもしれませんが気にならない程度でした。あれこれ考えて、スピーカの背後の裏板にグラスウールを追加したところ、音の濁りはきれいに無くなりました。裏板で反射してくる音圧がコーンにいたずらをしていたのかもしれません。
このユニット、マグネットがコンパクトなので、特に背後からの音圧の影響を受けやすいのかもしれません。
RENRAKU  Mariko Takahashi