仙人のガレージセール


Page 40

8cm用バックロードホーン4525・キット
(8cm用バックロードホーン4524・キットを変更)

2010/05

(2013/11更新)

ユニットを取り付ける空気室の奥行きが浅かったので防磁型ユニットが付けられずFostex専用だった4524を小変更して、TangBandなどの防磁ユニットも取り付けられるように変更しました。
寸法は奥行きが1cm長くなり、幅を1cm狭くしましたので、組み立て寸法は「幅11.4cm×高さ45cm ×奥行き25cm」になりました。
取り付け可能なユニットの奥行きは76mm未満ということになります。

以下の写真は順次新しい規格のものに入れ替えて行きます。
前ページではD10バッキーを縮尺した6cm用のMINIサイズ・バックロードホーンを作ってみたのですが、これが予想外にデキがよいので、8cm用のキットも作ってみることにしました。
6cmの場合はAirWaveのユニットがバックロードホーンに適したスペックだったので良い結果に繋がったのだろうと思っているのですが、8cmフルレンジのなかには適したスペックのユニットが見あたらないのが残念なところです。

8cm用としてはFostex FE87E用の推奨箱の図面が公開されているので、これがあれば充分と思うのですが、サイズがかなり大きく、材料も原板一枚を消費してしまうフロア設置型というところがちょっと難点なので、これをテーブルの上に置けるサイズに縮小してみることにしました。

原板からの板取り効率などを考えて外寸は高さ45cm、奥行き24cm、幅12.4cmです。
材料はMINIサイズBRホーンと同じく12mm厚のMDFです。
ちなみにオリジナルのサイズは高さ60cm、奥行き30cmです。

当初は前ページで作ったものを10cm用に変更することを考えたのですが、D10バッキーのようなホーンロードの配置ですと奥行きが深くなってしまうので、背を高くすることでホーン長を確保するようにしました。
前ページで作った6cm用MINIサイズBRホーンと並べてみました。
BRホーンとしてはかなりコンパクトなのですが、ミニサイズと比較するとかなり大きいですね。

この二つを聴き比べてみますと、さすがにユニットサイズなりの違いはありますが、AirWaveを使ったミニサイズの魅力が色褪せることはありません。
もちろん中低域は不利ですが、高音部などはこちらの方が魅力的です。

スピーカーを近くに置いて聴く場合はミニサイズでも充分な感じがします。
MINIサイズと比較すると大きく見える4524型ですが、オリジナルと並べるとかなり小さいのが分かります。
このエンクロージャも試作機の音を聴くまではちょっと疑問に思っていたのですが、これはこれで面白いのではないかと思います。
比較しますと当然ですがオリジナルほどの低音は出てきませんが、その分中高音が良く出ているようで、無理に低音を出すことによって失われるものもあることが分かります。

どちらかというとあまり低域を狙わない方がナチュラルな感じがします。
今までバックロードホーンに持っていた悪印象が無くなりました。
ただ、ピアノソロ曲などではホーンロードの長いオリジナルの方が楽器の音を豊かに再現してくれるようです。
8cm用バックロードホーン4525・キット
(このキットは受注製作になります。納期は約一週間です)
部材キットの売価は1組¥9,000−です。
送料着払いで発送いたします。

一個の完成寸法は幅11.4cm×高さ45cm ×奥行き25cm
一個の重量は4.1kgです。

吸音材やスピーカーターミナルは付属しませんのでお好みのものを使ってください。
キットには図面と簡単な組み立て手順書を添付します。

(キット写真を新型に入れ替えました。ユニット開口穴は開けます。写真に入れ忘れましたが側板は合計4枚です)
使用可能なユニット
Fostexの8cmユニットはすべて使えます。と言いましても現時点では防磁型のFE87Eが廃番になってしまいましたし、FF85KはモデルチェンジされるそうでSoldout状態ということですのでモデルチェンジされたばかりのFE83Enだけが新規に入手可能です。

空気室の奥行きは45mmですので、防磁型ユニットで奥行きの長いものは入りませんので注意が必要です。
SA/F80AMGは計算上はぎりぎり入ります。 ユニットの図面寸法に誤りがありましたので入りません
TangBandのW3シリーズは一部入るものもありそうですが大半が防磁型なので入らないと思います。
スピーカー・ターミナル
スピーカーターミナルは写真のような取り付け型と呼ばれるものを使います。
取り付け位置は一番上のホーンロードに端子が出る位置に取り付けます。
箱が出来上がったあとからでも取り付けられますが、最後の側板を接着する前に配線まで含めて終えておくのもひとつの方法です。
サンディングシーラーで目止めをした後、ラッカースプレーで塗装しました。
色はダークグリーン・メタリックです。
ラッカー系の塗料は強烈な臭いがしますが乾燥が早いので手早く仕上げられます。

スプレー塗装ですと刷毛塗りよりもきれいに塗れます。

まだFE83Eを入れてませんがFF85Kが良いと思います。
FF85Kを入れる前にSA/F80AMGを入れてみたのですが入りませんでした。
メーカー図面の寸法だと入るはずなのですが、現物を計ってみたら図面よりも奥行きが長いのでした。
バスレフ箱に入れる限りは気が付かない寸法なのですが、奥行きに限りがあるBRホーンでは防磁型のユニットは難しいです。
サイズの大きなオリジナルに比べると出てくる低音に限度はありますが、低域はこのくらいで良いのでは・・・と思えます。
音楽ソースによって好みの別れる音ですが、得意なのはサックスやトランペットなどの金管楽器とアコースティック・ギターやベースなどの弦楽器です。
ピアノの音色は録音状態によって聞こえ方が変わるので評価が難しいですが、あまり得意ではないと言えるかもしれません。
ちょっと乾いた響きの薄いカンカンという音になったりします。
このあたりはバスレフ向きのユニットをBRホーンで鳴らす場合、やむを得ないことかもしれないです。

出力音圧レベルが88dBと能率の高いユニットですが、背圧が低いBRホーンに入れると、その能率の高さが際立ちます。
特に比較試聴したユニットが80dBのAURA SOUND、83dBのDayton Audioのバスレフ型ですと、切り替えたときの音量の違いが大きいです。
Feel like makin' love  Marlena Shaw

Feel like makin' love  ROBERTA FLACK